« ウォッカは切るぞ 有馬記念 | Main | 韓国で生き継ぐ日本の血脈 »

December 22, 2007

雲國齊世録(78)

薬害肝炎問題にみるコメンテーターの無責任さ
薬害肝炎問題は、全員救済をしてあげたいというのはやまやまではあるが、すでに司法の判断が国の責任を限定的に捉えてしまっている以上、法的な解決には限界があるのは明らかである。このことをきちんと説明することが識者の義務のような気がするが、テレビのコメンテーターの発言をみると「全員一律救済しない国はけしからん」といった大衆迎合的な無責任な発言が目立つ気がする。勿論、こうした大衆迎合的な発言が一番安全なスタンスであることは間違いないわけであるが、逆に言うとこうした無責任さが国の「無策」を助長している面もあるような気がする。

ソカ
「ソカシンガー」というのをてっきり「ソロシンガー」の誤植と思ってしまったが、トリニダードで生まれたレゲエみたいな音楽を「ソカ」と言うんだそうだ。
初めて知った。音楽も奥が深い。

モデル出身政治家
タレント出身の政治家は沢山いるが、モデル出身の議員も誕生したそうだ。今は区議会ということだが、そのうち国政に出てくるかもしれない。

|

« ウォッカは切るぞ 有馬記念 | Main | 韓国で生き継ぐ日本の血脈 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/17440856

Listed below are links to weblogs that reference 雲國齊世録(78):

« ウォッカは切るぞ 有馬記念 | Main | 韓国で生き継ぐ日本の血脈 »