« February 2008 | Main | April 2008 »

March 30, 2008

裏の裏は? マーチS

竹村健一氏が、報道2001から「卒業」されるそうだ。テレビ自体から引退ということではないんだろうが、一つの時代が終わるということかもしれない。

中山11R 第15回 マーチS(GⅢ)
GⅠ自体裏開催の印象がある上に、さらにその裏番組の重賞。裏の裏は表だが、そう言う訳にはいかない、せめて例年のように派手な万馬券を演出してほしいところだが、今年は堅い結果に終わりそうな印象。
過去の傾向をみると目下5年連続連対中の仁川S組が優勢なようだ。勝った10◎フィフティーワナーがここで無様な姿を晒すわけにはいかないだろう。相手も3着だった8○ブラックランナー。
枠連4-5、馬連8-10、馬単10→8。


キルトクールは5レオエンペラー。小人気しているが、まだまだ力不足では。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

道路特財etc 雲國齊世録(94)

道路特財・一般財源化へ
総理が道路特定財源を一般財源化する方向を示した。これからは、各党でしっかり協議をして、「よりよき日本」を作るためにあるべき姿を導くことが重要だろう。道路にも重要なものはあることは確かだろうが、さらに必要な仕事は沢山ある。個人的には、自動車というものはCO2を結構出すものだし、環境税的要素を取り入れても良いと思う。

特別会計の唄
特会の背中に役人乗って~、役人の背中に独法乗って~、独法の背中にファミリー企業乗って、特会コケたら、独法とファミリー企業だけコケた。

政党討論とサザエさん一家
日曜日などに良く行われている政党討論会を見ていると、サザエさん一家との類似性がみえてきた。
頑固一徹だが、飲んだくれてだらしない波平さん~自民党。
波平さんと調子を合わせるが、もめ事に巻き込まれないようおたおたしているマスオさん~公明党。
どうでも良い事や悪知恵は良く働くが、肝心なことはできが悪いカツオくん~民主党。
存在感は薄いが、言っていることは一番まともなフネさん~共産党。
一見良いことを言ってるようだが、中身は理解していないワカメちゃん~国民新党。
3歳児のタラちゃん~社民党。
時々来てはわけのわからないことをしゃべるイクラちゃん~新党日本。
ちゃんとしきらないといけないのに、自分の主張しかせず議論がまとまらないサザエさん~司会者。
ときどき合いの手をいれるだけのタマ~アシスタント。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 29, 2008

表はナドアルシバ 高松宮記念

最近テレビで新聞と航空会社と指輪メーカーのコラボ広告を良くやっている。小金を持って退職する団塊世代を狙っているんだろうが、結構面白い。でも、新聞の広告に気づかなかったらどうするんだろうか・・・。

中京11R 第38回 高松宮記念(GⅠ)
有力ジョッキーがドバイに遠征し、裏開催の印象のあるGⅠ。前走は、阪急杯組が他を圧倒。馬場は先週からBコースを使用。例年と異なりインはやや荒れているものの、伸びないということはなさそうだ。そうは行っても土曜のメインのように、内で包まれると最悪。また、本年度のレーティングはスズカFの113(M)が最高、ついでローレルGの110(M)、SではFグレインの107がトップとなっている。こうしたことを考慮しつつ、GⅠ恒例の全頭チェックをしてみることにしよう。
雲國齊の成績
1スズカフェニックス:昨年の覇者。前走は59キロを背負って終い突っ込んできた。スピード、瞬発力はあるので、有力候補の1頭であることは間違いないが、この枠は厳しい。思い切って前々を進み、マクリ気味に回れば圧勝もあるだろうが、内に閉じこもるとガチャついて脚を余すという事態も考えられる。(○)
2プレミアムボックス:1600万下→GⅢと連勝。勢いは買いたいが、時計に限界があるようで、GⅠでは辛いか。(切)
3ブラックバースピン:スタートで後手を踏むことがあるようで、そうなると内枠は仇か。(切)
4ファイングレイン:連勝の勢いはありそう。しかし、そのきっかけが「使いたい所が使えず、仕方なく短距離を使ったらいい結果が出た」っていうのはなぁ。この馬もスタートで後手を踏みそうで・・・。(切)
5マルカフェニックス:「前走は発馬後手が影響した」ってこの馬もかぁ。(切)
6キョウワロアリング:「ゴチャつかなければ」という前提が間違っている気がするが。(切)
7スーパーホーネット:藤岡佑は大外ブン回すだけだと駄乗になることが多いようだが、この枠なら前走のような結果を出せるかもしれない。(▲)
8リミットレスビッド:鞍上込みで大駆けあるならこの馬という気がする「高齢馬の芝転戦」という兵法もあったような気が・・・。(注)
9フサイチリシャール:頑張ってほしいのだが、ここではどうか。(切)
10キンシャサノキセキ:「ザ石の影響は思ったより大きく、調整に狂いは生じています」ということなので、ここは様子見で。(切)
11ペールギュント:去年は見事複勝当てたが、馬券を塗り間違えたという大ボケをしてしまった馬。腹立たしいのでキルトクール指名してしまえ。(キ)
12プリサイスマシーン:「ビッシリ追われたが、迫力が感じられない」ということではなぁ。(切)
13マイネルシーガル:ゼンノエルシド産駒というだけで、「速い脚に欠ける」という印象になってしまうもので。(切)
14ナカヤマパラダイス:「変わらず順調」ということだが、GⅠでは家賃が高いか。(切)
15トーセンザオー:中京巧者ということだが、重賞未勝利ではなぁ。(切)
16ローレルゲレイロ:逃げに戦法を変えたのが良かった印象。平坦向きだろうし、自分のペースでレースができれば勝機はあるだろう。Kヘイロー産駒だけに大コケの心配は常にあるが、一応中心にしておきたい。(◎)
17エムオーウイナー:「今回がデビュー以来一番いい状態」とのことだが、前走のレースレベルは疑問があり。(切)
18タマモホットプレイ:「気分良く走れそう」とのことだが、このところパッとしないようで。(切)
16の単複、8の複勝。枠連1、4、8BOX。ワイド1、7、16BOX。三連複1-7-16。


キルトクールはペールギュント。

| | Comments (0) | TrackBack (9)

ドバイGⅠ・香港のオッズ

ドバイは宗教上の理由で馬券は売られていないが、なんと香港では独自発売しているようで、オッズもHPで発表されている。といっても、香港のオッズってしょっちゅう変わるんであてにはならないが、3月28日現在のものを紹介してみよう。
Dubai Duty Free (G1) - 1777M Turf 28/3
1番人気はLiteratoの4.5倍、ついでDarjina5.5倍、Creachadoir6倍。日本勢はウォッカ9倍、アドマイヤオーラ11倍(と思う)詳細は以下。
1 Notional (USA) 40-1
2 Majestic Roi (USA) 20-1
3 Floral Pegasus (AUS) 14-1
4 Seachange (NZ) 25-1
5 Admire Aura (JPN) 10-1
6 Finsceal Beo (IRE) 12-1
7 Archipenko (USA) 18-1
8 Niconero (AUS) 25-1
9 Creachadoir (IRE) 5-1
10 Literato (FR) 7-2
11 Darjina (FR) 9-2
12 Vodka (JPN) 8-1
13 Bullish Luck (USA) 16-1
14 Jay Peg (SAF) 50-1
15 Lord Admiral (USA) 33-1
16 Linngari (IRE) 16-1

Dubai Sheema Classic (G1) - 2400M Turf
Viva Patacaが1番人気。
1 Latency (ARG) 25-1
2 Quijano (GER) 11-1
3 Sun Classique (AUS) 15-2
4 West Wind (GB) 20-1
5 Youmzain (IRE) 5-1
6 Better Talk Now (USA) 25-1
7 Sushisan (AUS) 33-1
8 Gravitas (GB) 20-1
9 Yellowstone (IRE) 33-1
10 Oracle West (SAF) 11-1
11 Spring House (USA) 25-1
12 Viva Pataca (GB) 2-1
13 Mourilyan (IRE) 14-1
14 Dansant (GB) 20-1
15 Doctor Dino (FR) 7-1
16 Gower Song (GB) 40-1

Dubai World Cup (G1) - 2000M Dirt
Curlinが圧倒的人気で1.4倍。ヴァーミリアンは15倍。
1 Sway Yed (KSA) 100-1
2 Well Armed (USA) 40-1
3 Happy Boy (BRZ) 16-1
4 Kocab (GB) 33-1
5 Great Hunter (USA) 66-1
6 Premium Tap (USA) 16-1
7 Vermilion (JPN) 14-1
8 Jalil (USA) 13-2
9 Asiatic Boy (ARG) 10-1
10 Lucky Find (SAF) 50-1
11 Gloria De Campeao (BRZ) 40-1
12 Curlin (USA) 2-5
13 A P Arrow (USA) 25-1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

切符は一枚 毎日杯

「木の芽時」と言うが、突然ホームで人を押し倒して電車でひき殺したり、ナイフを振り回して殺傷したり、いろいろな人間が出てくる。被害者の方々のご冥福をお祈りしたいが、気をつけないといけない。いずれにせよ、より守られるべきものは「被害者の人権」だと思うが・・・。

阪神11R 第55回 毎日杯(JpnⅢ)
「東上最終便」などと言われているが、今年は混戦のあおりを受けて、既に賞金で大丈夫そうな2頭を除くと、1着にならないと皐月賞の出走は難しそう。自分のペースで先行できそうな5◎ロードバリオスに期待したい。あとは、上がり勝負になりそうなだけに、2走前に終い33秒台で走っている2○ディープスカイ、メンバーがどうだったかという問題はあるが、新馬戦で圧勝した4△アドマイヤコマンド、共同通信杯3着の14△マイネルスターリーあたりか。
5の単複、枠連2-4、3-4、4-8。
キルトクールは1ヤマニンキングリー。「爪は問題ないが、動きは重い」ということなので。


| | Comments (0) | TrackBack (5)

グランプリ馬参戦も 日経賞

ガソリン税を除く暫定税率については、暫定的に延長することが決まったようだ。ガソリンが値下がりするかというと、蔵出し税という性格上すぐに下がるモンではないそうだ。スタンドの過当競争のある地域ではすぐ下がるし、そうでないところではなかなか下がらないという経済学の教科書にある需給曲線に近い動きをしそうだ。

中山11R 第56回 日経賞(GⅡ)
21万馬券の印象が強いレース。グランプリ馬9マツリダゴッホが人気になるだろうし、事実好走もするだろうが、去年も一番人気でコケてるし、今年は配当的妙味も薄そうだから○にとどめ、本命はここにきて本格化した印象の5◎アドマイヤモナーク。
あとは、久々の13ココナッツパンチは熱発で出否慎重だったくらいだから、買い辛いし、中山巧者の1△トウショウナイトは押さえてはおく必要はあるだろうが、あまり買いたくはない。そこで、ステイヤーズSを勝った11▲マキハタサイボーグを狙ってみたい。
5の単複、11の複勝。枠連4-6、4-7、6-7、1-4、1-6.
雲國齊の成績
キルトクールは3タスカータソルテ。平坦向きの印象。坂で止まるのでは。


| | Comments (0) | TrackBack (7)

March 27, 2008

あわせて読んでみた(14)

「あわせて読みたい」のリンクから勝手にコメントする試み第14弾。

まずは、「どうする日本!」さん。確かに中国製品はアテにし辛い面があるけれどそれにかなり依存してしまっている今のわが国だけに・・・・

次は、「大和ごころ。ときどきその色」さん。地域医療の崩壊はいろいろ原因があるんだろうが、要はギリギリの処で踏ん張っていた人たちの糸を世間が切ってしまったということなんだろう。

次は、「新・へっぽこ時事放談」さん。チベットの問題も困ったものだが、暴動の様子に対する中国当局の発表を信用する人はほとんどいないだろう。とすれば、南京大虐殺の問題の彼らの主張も同じだと思うのだが、この問題で中国を擁護した識者がチベット問題では沈黙を守っているようなのが面白い。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

March 23, 2008

成駿風に 阪神大賞典

見出しの派手な夕刊紙の日曜付競馬面、時に一面を飾るのが清水成駿氏のコラム「馬単三國志」。時の話題や故事成語を織り交ぜながら、注目馬を炙り出している。その筆致はなかなかのものがあり、読むものを食い入らせてくれる。今回は、スプリングSをお書きのようなので、文豪の足下にも及ばぬことは承知の上で、少々真似してみたい。題して「枠連雲國志」。

阪神11R 第56回 阪神大賞典(GⅡ)
ねじれ国会の影響を受けて日銀総裁が空席という事態になった。「政治三流、経済一流」と言われた状況も今は昔、低金利で預金の魅力は乏しいし、不安定な中でリスクの高い金融商品に手を出す気にもならない。さらに賃金も十分に上がらないどころか、逆にカットされて生活自体の切りつめも必要になってくる。まだ、定職のある人はよい。ニート・フリーターのみならず、非正規の雇用で低賃金に喘ぐ人々は年々増加している。ギャンブルで一発という気力すら萎えてしまう人も大勢いるのだ。
本来その処方箋を書くべき閣僚までもが「経済も一流ではない」と公言し、世界の中では、ジャパン・バッシング(日本叩き)ならぬ、ジャパン・パッシング(日本外し)が進行しつつあるという。そういう中で、経済の中心ともいえる金融政策の舵取りの不在による悪影響は計り知れない。
舵取りといえば、「人馬一体」という言葉があるように、競馬の世界でも騎手の果たす役割は大きい。ことに、長丁場の阪神三千米で行われる阪神大賞典は、「騎手で買え」といわれるほどである。その中でも、ここ5年、全て異なる馬を繰って4勝している武豊騎手は文句なしの「総裁候補」。この提案に「不同意」という輩はおるまい。今年の3◎ポップロック、5着に終わった有馬記念は力負けとまでは言えないのだろうが、勝ちきるには一つ足りない印象がある。そうした不足面をこの鞍上が十分補ってくれるだろう。
副総裁候補には、思い切って若手を抜擢したい。11○アドマイヤフジに騎乗する川田将雅だ。休み明け重賞を3回使っていずれも馬券に繋げている実力は評価しておきたい。
春の天皇賞に繋がるレースということで、長距離の適性というものも重要だろう。その点から、菊花賞・ダイヤモンドS4着の12×エーシンダードマンも注目だろう。
また、長い距離の場合、人気薄の馬が気分良く逃げてそのまま粘ってしまうということも数多く起きる。2600米で連勝してここでも「前に行く」という5×ドリ-ムフライトにも注意しておきたい。
馬券は枠連3-7中心に、3-8、3-4を押さえて。

キルトクールは1アドマイヤジュピタ。この馬も人気の一角を占めるだろうが、三千米は初体験。ここは様子見だろう。


| | Comments (0) | TrackBack (4)

March 22, 2008

本番とは別 スプリングS

先日、昼夜もわかたず働きづくめだったのに、ふと立ち止まって青空を見たとき、人生を変えようと思ったという人の話を聞いた。帝国海軍の重鎮から戦後隠遁生活に入った人などの例があるが、やはり国民的大スターの座を易々と捨てて専業主婦になった人に思いが行ってしまった・・・。

中山11R 第57回スプリングS(JpnⅡ)
この時期になると流石に新馬・未勝利勝ちから参戦というレベルではなかなか難しいようで、過去10年の連対馬すべてが前走500万クラス以上からの参戦でしかも過去の勝ち鞍が2勝以上しているんだそうだ。しかし、そんなこんなよりも、フラワーCも制したウォーエンブレム産駒の勢いには注目せざるを得ない。共同通信杯を制した10◎ショウナンアルバ、「レース前半でカッとなる」という気性がどうかだが、本番より短いここなら本領発揮できるだろう。
相手は、そのアルバに若竹賞で0.1秒差2着だった13○アサクサダンディ。「使われるごとに体に芯が入ってきて、状態も良くなっている」という調子の良さに期待。
3番手は、京成杯で3着だった4▲アイティトップ。鼻出血の影響は「全くない」とのことだし、ここで出走権を取っておきたいところだろう。
むしろ本番で期待したい8レインボーペガサスや相手なりに走れる14レッツゴーキリシマも侮れない。
枠連2、5、7BOX。ワイド4、10、13BOX。
キルトクールは2サダムイダテン。フォーティナイナー×ユタカオーだから、ダートか平坦芝の短いところの方が向くのでは。


| | Comments (0) | TrackBack (5)

March 21, 2008

花に注目 フラワーC

春分の日は雨模様だったので、「これは絶好の行楽日和」と勇んで出かけたのだが、花粉もあちらこちらに潜んでいたようで、結構症状が出てきてしまった。スギも侮れない。

中山11R 第22回フラワーC(JpnⅢ)
わが競馬の師匠、論愚阿来無さんがご自身のブログで、小生のコメントをベースにして「万馬券の兵法」をお書きになっている。ケイアイエーデルの快走を巡ってのものであったのだが、そこに、きんせんか賞で大穴ゲットの記述があった。なんとなく気になり、過去5年の連対馬の前走をみてみたら、
2007年:ショウナンタレント・きんせんか賞/ホクレレ・3歳未勝利
2006年:キストゥヘヴン・3歳未勝利/フサイチパンドラ・きんせんか賞
2005年:シーザリオ・寒竹賞/スルーレート・ヒヤシンスS
2004年:ダンスインザムード・若竹賞/ヤマニンアラバスタ・ホープフルS
2003年:マイネヌーヴェル・ホープフルS/トーセンリリー・全日本2歳優駿
2年連続して、きんせんか賞・未勝利勝ちのペアで連対しているではないか。さらに、3年連続で花の名の賞(竹も花が咲くと言ってしまえば4年連続)が、また、ダート組も善戦しているようだ。
生憎ダートで勝ち上がってきたのはデルマベガしかいないようだが、この馬は一気の距離延長のため、今回は見送り、次にひめさゆり賞あたりに出てきたら「買い」というのが兵法のようだ。
ここは素直にきんせんか賞勝ちの1◎ブラックエンブレムから入ってみたい。父は「当たり年」のようで、少ない産駒の割りに活躍馬が多い。
つばき賞勝ちの良血▲10シングライクバードも魅力を感じるが、それ以上に小倉芝2000mの新馬戦を快勝した○13ハイエストホワイトもよさそう。
枠連1、5、7BOX。ワイド1、10、13BOX。
キルトクールは15スペルバインド。前走の結果から人気になりそうだが、ここで無理せずに、じっくりオークスを狙った方が良かったのでは。


| | Comments (0) | TrackBack (8)

March 17, 2008

代用品で・中山牝馬S

予想は外れたものの、代用品が来てくれたお陰で(^^;;;)。
Daiyo

ようやくいつものパターンが戻ってきたか???

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 16, 2008

ハンデの妙 中山牝馬S

春闘に向け、福田総理が異例の「賃上げ要求」をしたそうだ。企業の利益は回復傾向にあるものの、その配分が労働者には向けられないと、個人消費の拡大に結びつかないというのが賃上げの理屈らしい。バイオエタノール問題や原油値上げで食品を始めとした物価が上昇傾向にあるだけに、賃金が上がらないと庶民の不満は鬱積してしまうだろう。無策が続くと、ラサではないが、いつしか「暴動」の引き金になるかもしれない。
雲國齊の成績

中山11R 第26回 中山牝馬S(GⅢ)
古馬牝馬ハンデ戦。トップハンデ馬、京都牝馬S出走馬、前走重賞3着以内馬が比較的好走しているようだ。3◎キストゥヘヴンは、まさにその条件に適合している。荒れてきた馬場も向くかもしれないし、「中山実績はあるし、好位でうまく立ち回れれば」という競馬ができれば。
一方、穴馬としては、スダホーク氏によると「過去に重賞実績がありながらハンデを極端に背負わない馬」だそうだ。53キロの13シェルズレイなんかは該当しそうだが、鞍上が鞍上だけに一発あるかもしれないが、近走からはなかなか買い辛い。
 そこで、過去のレースとの斤量比較をしてみよう。( )は前の馬とのタイム差、数字は斤量の変化。
・京都牝馬S:キストゥヘヴン55→56.5>コスモマーベラス(0.6)57→56.5>シェルズレイ(0.6)54→53
・初音S:ハロースピード55→53>ダンスオールナイト(0.0)55→52>マイネカンナ(0.3)55→51>エリモファイナル(0.4)55→51
・ターコイズS:コスモマーベラス56→56.5>ハロースピード(0.3)52→53>マイネカンナ(0.2)50→51>ヤマニンメルベイユ(0.2)53→53>タイキマドレーヌ(0.1)54→53>キストゥヘヴン(0.3)56.5→56.5
牝馬らしく状態によって上がり下がりがあるが、ハンデ的には10○ダンスオールナイトあたりが恵まれている印象を受ける。父からも今の中山は合いそう。さらに、このところ結果を出しているブライアンズタイム産駒ということで、良血6▲タイキマドレーヌにも魅力を感じ。
枠連2、3、5BOX。
キルトクールは16コスモマーベラス。ラストランだから、静かに走らせてあげたい。


| | Comments (0) | TrackBack (6)

March 15, 2008

RevueよりReview フィリーズレビュー

チベットで暴動が起き、死者も出ているそうだ。昔だったら、報道管制で全く知らされなかったんだろうが、ネット社会というのはそういう意味ではオープンだ。

阪神11R 第42回 フィリーズレビュー(JpnⅡ)
牝馬の華麗なる舞台(Revue)という命名なんだろうが、本番に向けたいろいろな意味での再整理(Review)の場と言えるかもしれない。芝・ダートを問わず1400~1600mでの連対実績、重賞なら5着以内、OP連対馬、前走がダート戦、500万下の場合は1着という実力が必要なようだ。しかし、レース自体は本番との関連性は薄い。Reviewの視点から、いくつかのレース出走馬の比較をみてみよう。( )内は前の馬とのタイム差。
ファンタジーS出走馬:エイムアットビップ>エイシンパンサー(0.1)>ビーチアイドル(0.2)>マイネレーツェル(0.4)>ベストオブミー(0.1)>リマレックス(0.0)
阪神JF出走馬:エイムアットビップ>レジネッタ(0.4)>エイシンパンサー(0.7) >マイネブリッツ(0.3)
フェアリーS出走馬:マイネレーツェル>エーソングフォー(0.0)>ビーチアイドル(0.2)
紅梅S出走馬:エーソングフォー>ビーチアイドル(0.2)>マイネレーツェル(0.1)>ラベ(0.1)
エルフィンS2~4着馬:ラベ>レジネッタ(0.2)>マイネレーツェル(0.0)
こう並べてみてみると、エイムアットビップが強そうということと、他は距離や展開次第で変わるということがなんとなくわかる。
そこで参考になるのが、山城守フィクサーの阪神Cの記事ということになる。それによると、差し馬台頭の傾向があり、長距離志向の強い種牡馬が強いということになっている、一方ミスプロ系の中でもアグネスデジタル産駒は強いらしい。「強そう」な15◎エイムアットビップは、そのアグネスデジタル産駒となると文句なしに本命視しても差し支えないだろう。ただ、「今回は熱発明けだからね」というのが一抹の不安で、本番に向けて力を温存する作戦に出るなら圏外もあり得る。
相手に考えたいのは、阪神2勝の10○ラベ。長距離志向の強いダンスインザダーク産駒。稽古でオディールに先着したそうだし、ここで出走権も取りたいところ。
混戦ムードゆえ馬券は絞って。15の単複、枠連5-8、ワイド10-15、馬単15→10。
キルトクールは、1ベストオブミー。アンカツで穴人気しそうだが、ダート向きか。


| | Comments (0) | TrackBack (6)

March 14, 2008

初芝がどうか ファルコンSほか

円高が急速に進み、久しぶりに1ドル100円を割り込んだそうだ。海外旅行にはチャンスか。

中京11R 第22回 ファルコンS(JpnⅢ)
ダートで3連勝中の6シルクビッグタイムをどうするかがポイントだろう。「ダートでスピードを出せても、芝で通用するかはやってみないとわからない」というのは何とも。しかし全く外すのは気がひけるので○に。本命は平坦小回りならバクシンオーということで16◎マルブツイースター。中京は遠心力をつけて外を回した方が伸びるという説もあり、そうだとしたらこの枠は有利。ただ、この鞍上がそうした乗り方が上手いかというと少し?も。
さらに、千二3勝の11▲ルルパンブルー。前走大敗で人気落としそうなのも妙味。
枠連3、6、8BOX。
キルトクールは10ダノンゴーゴー。「差して届かず」の虞が・・・。

中山9R 鎌ヶ谷特別:ここは人気でも4ジャンバルジャンか。
中山10R アネモネS:中山千六は内枠有利。権利取りにきた5枠9ブーケフレグランスとクイーンCよりタイムの良かった最内1メイショウマリアで。
中山11R 千葉S:中山ダ千二は外枠有利。関東地方はかなりの雨が降っている。レース時点では止んでいるようだが、脚抜き良い馬場になりそう。大外になったが鞍上が穴男の16オフィサーに期待したい。相手は、2走前くらい走れればの15マイネルアルビオン。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

March 11, 2008

あわせて読んでみた(13)

「あわせて読みたい」のリンクから勝手にコメントする試み第13弾。

まずは、「ANAマイラー初心者の日記」さん。小生も陸マイラーであるが、昨年は貯めたマイルで金浦へGO。ソウル競馬を楽しんだ。是非マイルを貯めていろいろ楽しんでほしい。

次は、「無限滑走路**」さん。暇っていうのは、いろいろできる時間があって良いことなんだが、人間暇だとかえってやることしないもんなんだよねぇ。

次は、「低気温のエクスタシーbyはなゆー」さん。新銀行東京問題は分からないことが多すぎる。

次は、「中国語をたずねて三千里」さん。你是那位?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

続・政経社低迷 雲國齊世録(93)

新銀行東京の迷走
石原知事の肝いりで誕生した新銀行東京が、破滅への道を邁進している印象である。「リスクをとるというのは貸倒引当金をしっかり使い込むということだ」という指示を経営陣が本当にしたんだろうか?こうした考えは、民間の発想というよりは、現金主義的なお役所の思考方式に近い気がする。当時の代表はトヨタから鳴り物入りで招聘した人物ではなかったか。報告書には都の責任については触れられていないというのも小役人の作文のような印象を受ける。従って、こうした内部報告書だけではなく、外部の第三者による評価・報告がないと真実の浮き彫りは難しいだろう。いずれにせよ、「武士の商法」は上手くはいかない。

どうなる高橋尚子
名古屋マラソンで惨敗した高橋尚子だが、その原因として半月板の手術をあげたものの、引退はしないようである。まぁ頑張ってくださいというしかないが、さすがにロンドンは難しいんだろうから、賞金レースに出て稼ぐという方向になるんだろうか。

橋下知事「命じる」発言で謝罪
大阪府の橋下知事が教育委員会に「命じる」と発言したことについて謝罪したそうだ。確かに教育委員会は知事から独立しているから、「命じる」というのは違うのかもしれないが、やるべきことをやってもらう必要はあるのではないだろうか? 従って、そのことが正しいことであるならば、「命じる」を「要請する」に変えればよいのでは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2008

ここなら大威張り 中京記念ほか

また海賊が日本の船を襲ったそうだ。海賊というよりももはやテロリストだろう。毅然とした態度で臨むことが必要ではないだろうか。

中京11R 第56回 中京記念(GⅢ)
平坦巧者、GⅠでは足りなそうな馬が集結した印象。昨年の2着馬4◎シルクネクサスを中心視したい。「体調が良く、良馬場でできそうなのもいい」ということでもあり、前々に行ければ。
相手は、中日新聞杯2着だった13○ダイレクトキャッチ。父から考えて少し長い方が向くのでは。
あとどうしても外せないのが昨年の3着馬18▲フォルテベリーニ。中京では終い遠心力を活かして外から伸ばす競馬をすると好走するというコース特性があるそうで、2匹目のどぜうがあるかも・・・。
4の単複、13、18の複勝。枠連2、7、8のBOX。ワイド4、13、18のBOX。
キルトクールは昨年の覇者11ローゼンクロイツ。「今回は骨折休養明け、少し割り引きが必要では…」ということだし、平坦小回り向きというこの一族の傾向とともに、もう一つあるのが「カン泣きする」こと。58キロは辛いかも。


中山9R 房総特別:叩き2戦目で上昇期待の12クインズプレイヤーに祈りを込めて。
中京9R 4歳上500万下:鞍上に中舘を起用した10バーグドール。先行逃げ切りで。
阪神9R アルメリア賞:レッドシューターが人気だろうが、最内活かして前々で粘りそうな1マイネルレギメントに期待。

| | Comments (2) | TrackBack (4)

好位つければ 弥生賞

日銀総裁・副総裁候補が国会に提示された。野党は反対の意向ということなので、参議院で不同意となる公算が高いが、そうなると今後の金融政策や日本経済に対する評価はどうなるのかだろうか?そういう点も含めて判断することが必要ではないだろうか。

中山11R 第45回 弥生賞(JpnⅡ)
「堅い重賞」、「武は買い」としいうレースだが、「レース間隔の開いた馬が強い」、「前走重賞なら4着以内、重賞以外なら1着」、「掲示板を外したことがない馬」という傾向もあるようだ。しかし、SS直子が席巻していた時代とは異なるし、今年は16頭と本番並みの頭数が揃い、しかもここで権利を取らないと本番に出られない勝負がかりの馬が結構いる。
その筆頭にあげてみたいのが13◎ブラックシェルだ。きさらぎ賞で出遅れの上に最後脚を計る競馬で7着、今回は「権利取り」のため、好位につけ早めに動く競馬をするだろう。逆にその厳しさゆえ、ここで結果を出せても本番では力を発揮できない結果に陥る危険性はあるかもしれない。相手に考えたいのは。「新人」内田博騎手を迎えることができた5○シングンリターンズ。小回りなら合いそうで。さらに、相手なりに走れそうな9▲ベンチャーナインの粘り腰にも注目してみたい。
13の単複、5、9の複勝。枠連3、5、7のBOX。ワイド5、9、13のBOX。
キルトクールはフサイチアソート。広いコース向きでは。


| | Comments (0) | TrackBack (9)

March 08, 2008

武の居ぬ間に チューリップ賞

出かけるので簡略に。

阪神11R 第15回チューリップ賞(JpnⅢ)
武が乗っていない。ということはクラシックはポルトフィーノで行くということか。となれば使い分けしてきた2トールポピーを中心視せねばということになるかもしれないが、そこはトライアル。わがPO馬15◎オディールに期待したい。対抗は2○トールポピー。あとは「離して勝ったことのある馬が好走している」ということのようなので、新馬で0.6秒ちぎった11▲メイショウジェイか。
キルトクールはエアパスカル。坂向かないのでは。


| | Comments (0) | TrackBack (7)

March 05, 2008

あわせて読んでみた(12)

「あわせて読みたい」のリンクから勝手にコメントする試み第12弾。

まずは、「Pure Kei」さん。Mixiであるが、最近営利傾向にグングン走っているようだ。商売になるとなれば業者さんもすり寄ってくる訳で、どう付き合って行くかがブロガーさんの悩みの種ということなんだろうか。

次は、「自転車散策」さん。弁当に「ベホマラー」というのも珍しいが、なんの呪文だったっけ・・・。

次は、「考察NIPPON」さん。報道とは本来客観的でなければならないのに、大衆迎合的に「バッシング」に走る。その結果何も良くならない。その事の繰り返しが今日の日本を生んでいるということなんだろうか。

次は、「みちのく2007・・・」さん。開けると変なソフトをインストールしろと迫ってくるのがちょっと・・・。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

政経社低迷 雲國齊世録(92)

続々撤退、電機業界
日立がパソコンの生産を中止し、パイオニアがプラズマパネルの生産を止めるなど、国内電機メーカーが、続々撤退を決めている。なんでも最近の電機製品は欠陥率が低いらしい。欠陥率が低いというのは生産効率が高いという利点はあるが、後発のメーカーや技術水準の低いメーカーでも十分対抗できてしまうという欠点もあるそうで、性能に差が出ないので結局は価格競争になってしまい、日本お得意の「職人芸」が発揮し辛くなったようだ。

参議院空転
予算案の強行採決に抗議して野党が欠席しているため、参議院の予算委員会が流れている。しかし、いつまでも審議拒否はできないだろう。議員自らサボっていたら、公務員のサボりなんて一切言えなくなってしまう。予算案に反対ならば、組み換え動議を出して、組み換え案を参議院で可決させれば良い。結局否決とはなるが、自らの案を国民に示すことで政権担当能力を誇示できるのではないだろうか。今のままでは、万年野党にしかならない。

「殺す」書き込み
インターネットの掲示板で「殺す」という書き込みをして逮捕される事例が続発している。書いた人間はどういうつもりだか知らないが、共通しているのが「弱い相手」をターゲットにしている点ではないだろうか。無差別殺人事件を起こした容疑者もしばしば「誰でも良かった」という供述が報道されるが、実はほぼ間違いなく「自分より弱そうな人間」をターゲットにしている。そういう意味では冷静な判断をしているのだ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 03, 2008

三浦容疑者逮捕 雲國齊世録(91)

なぜサイパンで
「ロス疑惑」の三浦和義容疑者がサイパンで逮捕された。なぜサイパンで逮捕されたのかというのが疑問であるが、サイパンは純粋な独立国ではなく、米国の自治領という位置づけらしい。従って、米国の制度が適用になるということのようだ。

米国の市民感覚
三浦容疑者が、日本において最高裁で無罪が確定しているという事実がある。しかし、米国の市民感覚を忖度してみると「日本で無罪になった。」ということは、日本人が毒入り餃子事件に関し「中国では農薬は検出されなかった。」という中国政府の発表に対し抱く感情とほぼ同等のものではないだろうか。

争点は何か
争点は、カリフォルニア州法の一事不再理原則廃止の規定が、制定前に確定した判決に遡及するかという点に尽きるのではないだろうか。これについては、諸説あるようで、弁護士の腕次第なのかもしれない。敏腕弁護士を雇ったようなので、今後の舌戦が見物と言えそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2008

関東馬に期待 阪急杯

イージス艦の漁船衝突事件で、報告が遅かっただの、その内容が二転三転して「嘘をついた」だのいろいろ言われているが、要するに連中は「頭が筋肉」なんだから、いろいろなことをやらせようとしても無理があるんだろう。まずは「迅速な報告」があって、当然情報は錯綜するんだからその後正確な情報が入り次第訂正していけば良いのではないか。

阪神11R 第52回 阪急杯(GⅢ)
開幕週ということもあり、前に行く馬が結構有利にいけそうな印象。となると東京新聞杯で重賞初Vを決めた、3ローレルゲレイロに期待ということになるが、マイルよりやや長めの適性が要求される府中の千六で逃げるのと阪神の千四では意味合いが違うだろう。掲示板はあるかもしれないが、勝ちきるまでどうか。
スピードのある10◎キンシャサノキセキに期待したい。掛かる傾向が強いので、レースになると不安要素が高いという難点はあるが、「折り合いをつけて終いを生かす競馬の練習」をするということだし、ここで結果が出せなくとも本番への見所があればそれで良い。
相手は、このとろ不調だが、本来千四は合うはずの13○フサイチリシャール。川田の手腕に期待。
三番手は一番人気になりそうな4▲スズカフェニックス。「差し一手のタイプだから、できれば真ん中から外めの枠で」という希望に適わず内枠になってしまたし、59キロも辛そう。しかし、差してどこまで届くかを見計らって動く鞍上だろうから、馬券にはなる公算は高いのでは。
穴馬で注目したいのが15△ハイソサエティー。人気薄なら鞍上も気楽に乗れるのでは。
10の単複、15の複勝。枠連2、5、7BOX。ワイド4、10、13BOX。
キルトクールは5マルカフェニックス。4連勝でOP入りしたが、いずれも千二。そろそろ打ち止めか。


| | Comments (2) | TrackBack (9)

March 01, 2008

逃げ粘って 中山記念

予算案が衆議院で強行採決され、年度内成立が確定したが、これに関連して日銀総裁人事の国会同意をしないと民主党が主張しているようだ。予算案と日銀総裁は直接関係ないと思うし、総裁空席のまま国会の議を経ない人物が代理として金融政策を司るということになると逆に「国会軽視」ということになりゃしないか。いずれにせよ、「政局屋」に国政は任せられないということになるだろう。

中山11R 第82回 中山記念(GⅡ)
前走GI組または掲示板を確保した馬が強く、芝1800m~2200mでの重賞勝ち実績も重視すべきようだ。6◎コンゴウリキシオーの逃げ粘りに期待したい。前走はGIの香港マイルだったので、成績は気にしなくていいだろうし、開幕週の馬場も合うだろう。相手は、休み明け2戦好調な11○マルカシェンク。「動きも良かったし、状態に関しては言うことない」ということでもあり。三番手は東京新聞杯2着の9▲リキッドノーツ。この時期もよさそうで。
6の単複、枠連3、5、6BOX。ワイド6、9、11BOX。
キルトクールは16エイシンドーバー。大外は厳しいのでは。


| | Comments (0) | TrackBack (8)

脚測って アーリントンC

阪神11R 第17回 アーリントンC(JpnⅢ)
前走OPクラスで勝っている馬・重賞連対馬が過去最も好走しているという堅いレース。13ポルトフィーノの取捨が最大のポイントとなろう。ヌボいペースで先行して逃げ切る競馬ではクラシックは取れないだろうから、ここは控えて終いの脚を測るという「トライアル」に徹するだろう。となると、斬れるSS系ならともかく、クロフネ産駒の同馬でしかも牡馬相手では「差して届かず」という結果になる公算がかなり高い。新馬で0.8秒ちぎったマイサイドキックをモノサシにすれば、つばき賞で1秒以上差をつけている1ミッキーチアフル程度ということも言えそう。
主役は、8◎ドリームガードナー。朝日杯は大外が応えたんだろうし、シンザン記念できっちり巻き返している。「状態は良さそう。いつも堅実だし、ここも期待」ということもあり。相手は、シンザン記念でほとんど差がなかった1○ミッキーチアフルとし、13▲ポルトフィーノは三番手に。
8の単複、1の複勝。枠連1、6、8BOX。ワイド1、8、13BOX。
キルトクールは6アポロドルチェ。共同通信杯の予定をフレグモーネで自重した後だし、やはり千四以下がいいんだろう。


| | Comments (0) | TrackBack (5)

« February 2008 | Main | April 2008 »