« 敢えて民主党批判 雲國齊世録(98) | Main | ウインズ小郡行ってきました&天皇賞・春回顧 »

May 01, 2008

「休みたいなら辞めろ」発言? 雲國齊世録(99)

発言は捏造?
日本電産の永守重信社長が、「休みたいなら辞めろ」と発言したとされる問題について、ネット上でも波紋が広がっているそうだ。しかし、肝心のご本人が「そうした発言はしていない」と発言自体を否定しており、会社のHPにもその旨記載されている。記事の出元は、朝日新聞のようで、当事者の主張が正しいとすると発言そのものが「捏造」だったということにはならないか。ただ、会社も弁明するだけでなく、実際にワークライフバランスや社員の福利厚生にこんなに力を注いでいるという事実もきちんとPRしとかないと、「発言は否定したけど、やっぱり体質はそうなんだ」ってことになりはしないか。

そうは言っても有休は権利
しかし、実際にそのような発言をしていなくとも、休みが取りにくい環境の会社はいくらでもある訳で、そういう労働者の権利を損ねるような態度を当然とするような社風には問題があるだろう。要は、ホワイトカラーの生産性を労働時間でしか測らないから問題があるのであって、別の視点からきちんとした評価をすれば、むしろ長時間だらだら働くだけで成果を出さない奴は「無能」ってことになる。当然ながら、有休は権利であり、使用者には「時期変更権」はあるものの、有休自体を止めることはできない。

「無いところから議論噴出」も面白い
しかし、当の本人が発言を否定している中で、その件に関して本人を非難したり、逆に擁護したりといった議論が噴出するのも面白い。ネットで十分検索できるんだから、そうした趣旨を十分みた上で意見を表明する方が良いと思うが、如何なもんだろうか。特に「識者」と呼ばれる方々には、そうした慎重な対応を望みたい。

|

« 敢えて民主党批判 雲國齊世録(98) | Main | ウインズ小郡行ってきました&天皇賞・春回顧 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/41051685

Listed below are links to weblogs that reference 「休みたいなら辞めろ」発言? 雲國齊世録(99):

« 敢えて民主党批判 雲國齊世録(98) | Main | ウインズ小郡行ってきました&天皇賞・春回顧 »