« April 2008 | Main | June 2008 »

May 31, 2008

まずは全頭チェック 日本ダービー

大阪府が財政再建のためにあらゆる事業の見直しを行っている。オーケストラへの3億円の助成も2億くらいカットしたいようだ。文化の維持にはお金が必要と担当者は主張したようだが、こんなことは府民から維持会員を募ってサポートする体制をつくればいい話で、そういう盛り上がりがないと文化は守れないだろう。

6月1日 東京10R 第75回 東京優駿(JpnⅠ)
府中の2400mはどうも外枠は不利なようだ。特に前に行きたい馬が外に入ってしまうと良いポジションに付けるまでに苦労する。ステップとしては、やはり実力馬が出走する皐月賞組が馬鹿にならない。駒草賞に代わり「残念ダービー」となった白百合Sの結果も注目しておきたい。そういうことを含め、買い目を決める前に、GⅠ級恒例の全頭チェックをしてみることとしよう。
(1) ディープスカイ 四位112:NHKマイルCを制した。四位も2年連続のダービージョッキーが懸かっているし、レーティングも断然トップ。内枠でゴチャついた時は問題かもしれないが、押さえておくべきだろう。(残)
(2) サクセスブロッケン 横山典107:ユニコーンSに出れば圧勝間違いなかったのに、こっちに出てきた。芝でも走れるだろうが、速い脚がないと思う。雨が味方するかもしれないが、「脚元に不安」というのがどうなんだろうか。(切りに近い残)
(3) ブラックシェル 武豊108:「完歩の大きい馬だから、府中向き」ということだし、母の父はダービー馬。(残)
(4) タケミカヅチ 柴田善109:皐月賞2着。前に行きたい馬だけにこの枠は良いだろう。(残)
(5) アグネススターチ 赤木103:「控えても味がないので、何が何でも行くだけ」と逃げ宣言しているが、行きすぎたらバテるし、行かないと捕まる。どっちにしてもきついか。(切)
(6) モンテクリスエス 福永102:青葉賞組はレーティング今イチだからなぁ。(切)
(7) スマイルジャック 小牧107:2年連続ギムレットということもないだろうが、人気なさそうでなんとなく不気味。(残)
(8) アドマイヤコマンド 川田106:青葉賞を快勝して人気を上げているようだが、調教もひと息のようだし、ここはちょっと。(切)
(9) マイネルチャールズ 松岡109:コスモバルクっぽい馬というイメージなので、掲示板の下のほうか。もう少し検討したいので・・・。(切りに近い残)
(10) レインボーペガサス 安藤勝108:アンカツは中山不得手という印象なので、その中で皐月賞4着というのは善戦。本命候補。(残)
(11) レッツゴーキリシマ 幸107:GⅠ級レース皆勤賞というのは立派。時計掛かりそうな印象なので、粘りこむかも。(残)
(12) サブジェクト 吉田豊(2歳106):このところ調子が出ていない印象。ここも厳しいか。(切)
(13) ベンチャーナイン 武士沢104:プリンシパルSのレベルはあまり高くないし、使いすぎの印象。(切)
(14) エーシンフォワード 和田103:短い距離が良いんだろう。(切)
(15) フローテーション 藤岡佑106:外枠は辛いか。(切)
(16) メイショウクオリア 岩田103:連勝の勢いは買えるが、レーティングが低くて・・・。(切)
(17) ショウナンアルバ 蛯名 106:大外は厳しいのでは。(切)
(18) クリスタルウイング 内田104:凱旋門賞登録というのは流石。この厩舎は計画的な仕上げという点で疑問があり。(切)

ということで、残ったのは、1ディープスカイ、3ブラックシェル、4タケミカヅチ、7スマイルジャック、10レインボーペガサス、11レッツゴーキリシマに2サクセスブロッケン、9マイネルチャールズの8頭。サンスポのデータ大作戦は何頭残ってるんだろう?

| | Comments (0) | TrackBack (2)

May 30, 2008

わたうまに期待 金鯱賞

中京11R 第44回 金鯱賞(GⅡ)

JRAのわたうまにヴィクトリーで登録してしまった。登録した以上応援しないと意味がないが、GⅠ以外はカウントされない。かといってここで勝たないとGⅠなぞおぼつかない。3の応援馬券は買っとかないと・・・。
ところで、今年のレーティングをみると、13アドマイヤオーラ 115(京都記念1着)、12エイシンデピュティ 112(大阪杯2着)の2頭が抜けているようだ。さらに、中京3勝の1ワンモアチャッター、2勝の17ローゼンクロイツ、6タスカータソルテあたりも注目か。
枠連2-7、6-7、2-6。ワイド6-13、13-17。1の複勝。


キルトクールは7インティライミ。2強にはかなわないだろうから。

| | Comments (0) | TrackBack (5)

May 27, 2008

レーティングはディープだが 日本ダービー

JRAから日本ダービーのプレレーティングが発表された。それによると、今年のレーティングは、NHKマイルC1着のディープスカイが112 M でダントツである。次いで、皐月賞2着タケミカヅチと弥生賞1着・皐月賞3着のマイネルチャールズが共に 109 I、皐月賞4着のレインボーペガサスが108 I、NHKマイルC2着のブラックシェルが108 Mとなっている。
さらに皐月賞5着レッツゴーキリシマが107 I、スプリングS1着スマイルジャックが107 M、端午S1着サクセスブロッケンが107 M(D) 、青葉賞1着アドマイヤコマンドが106 L、共同通信杯1着ショウナンアルバとスプリングS2着フローテーションの106 Mあたりが上位ということになっている。
阪神の馬場改修により桜花賞とオークスの関連性が高まったといわれているが、中山と府中の馬場の状況はかなり異なり、皐月賞のレートがそのまま適用できるのかという点を考慮すると府中で高いレーティングをたたき出したディープスカイが中心ということになるのだろうか?
また、青葉賞組も結構人気になるかもしれないが、オークスの学習効果から言えば、アドマイヤコマンドよりもタケミカヅチを狙った方が馬券的にも妙味といえるのではないだろうか。
いずれにせよ、もう少し検討が必要である。

| | Comments (1) | TrackBack (5)

May 26, 2008

後味一息も オークス回顧

勝った15 トールポピーだが、結果的に「思い切って戦法を変えれば激変も」ということにはなったが、斜行じゃぁ誉められない。ジョッキーが騎乗停止になるくらいだから、相当他馬に迷惑をかけたということだろう。馬自体は強かったので、兄のようではなかったということか。次は米オークスということのようだが、頑張ってほしい。
6エフティマイアの再度の激走には驚いた。暖かくなると良い馬なんだろうか。
10 ◎レジネッタは、終いトールポピーに弾かれたが、ブラックと叩きあいになって勝負強さを見せて馬券圏に食い込んだ。やっぱり強い馬だと感じた。
7 ブラックエンブレムであるが、小島茂師のブログで「硬さが取れない」という記述が気になった。週末には「ほとんど解消された」ということだが、またその微妙な程度が結果に影響するということにはならないかと懸念大であったのだが、現場で観戦していた山城守さんによると、硬さは問題にならず、「正々堂々の競馬で力を出し切ったレース内容も見所十分。満点に近い評価」ということのようだ。やはり、叩き合うとレジネッタにはかなわないということだろう。
PO馬17オディールはよく掲示板に来たと言っていいだろう。
14○カレイジャスミンは一人旅ができなかった時点でアウト。5▲ムードインディゴは力不足か。
結果的にレーティングの高さが結果になったという印象。ダービーもこの点は注目すべきか。

それにしても、枠連はタテ目も押さえておくべきだったなぁ~

| | Comments (0) | TrackBack (4)

May 24, 2008

買い目絞って オークス

児童ポルノを取り締まっていこうという動きが国際的に出ているようだ。しかし、国によっては、ドラえもんやクレヨンしんちゃんが児童ポルノに該当するんだという。ドラえもんはしずかちゃんの入浴シーンがあるからだし、しんちゃんはぞうさんを出すからだそうだ。

東京11R 第69回 優駿牝馬 (JpnⅠ)
出走馬の中から、10頭に絞ったところであるが、さらに絞込みを進めてみることにしよう。
まずレーティングの順に並べてみると、10 レジネッタ(107)、12 ソーマジック(105)、2 ハートオブクィーン・15 トールポピー・17 オディール・18 リトルアマポーラ(104)、4 レッドアゲート(103)、14 カレイジャスミン(101)、5 ムードインディゴ(100)、1 シャランジュ(99)。
100を割っているシャランジュはまず切ることとしよう。兄が成長力を欠いたトールポピーもちょっと買い辛い。ジョリーズヘイロー産駒のハートオブクィーンもやっぱり厳しいか。レッドアゲートだが、今日見ててウチパクの馬群の捌きが今一つの印象があり、多頭数のレースということなので、これも切ってみたい。PO馬のオディールだが、やはりトライアルホースかなぁ。ズブそうなソーマジックも魅力に欠ける。
ということで、残ったのは10 レジネッタ、18 リトルアマポーラ、14 カレイジャスミン、5 ムードインディゴの4頭。
桜花賞馬レジネッタを◎に、前に行ける○カレイジャスミンが対抗、マーク屋騎乗の▲ムードインディゴが三番手か。
10の単複。枠連3-5、5-7、5-8。三連複5、10、14、18BOX。


キルトクールは最後に斬ったソーマジック。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

穴狙い 東海S

中京11R 第25回 東海S(GⅡ)
ダートGⅡとあって、有力馬も参戦している。アンタレスS組が人気の中心だろうが、あえて中京巧者の15◎サヨウナラに注目してみたい。
相手は、前走久々も3着、叩いた上積みもありそうなGI馬1○サンライズバッカス。
15の応援馬券、枠連1-8。


キルトクールは6ロングプライド。この距離は少し長いのでは。

雲國齊の成績

| | Comments (0) | TrackBack (2)

まずは全頭チェック オークスほか

生活保護の話題がいろいろ出ているようだ。タクシー代の詐取や障害者の偽装がきっかけのようだが、市役所も「書類が整っていれば出さざるを得ない」とか寝ぼけたことを言ってないで、タクシーに100キロ乗って通院することが常識かどうかで判断すべきだったんじゃないだろうか。

日曜東京11R 第69回優駿牝馬(JpnⅠ)
本来なら東海Sが行われるべきなんだろうが、スポンサーとの関係でそれはできないということで、土曜はめぼしいレースがない。ということでGⅠ級レース恒例の全頭チェックをしてみよう。といっても、まずはキル馬を決めるという程度で・・・
1 シャランジュ 横山典:前走は大敗したが、これほど人気がないと却って不気味。(残)
2 ハートオブクィーン 幸:桜花賞4着だし、「ちょっと時計のかかる馬場になってくれれば」というお誂え向きの状況になりそう。(残)
3 アロマキャンドル 田中勝:「距離が延びてどうかは分らないが、前走同様に終いを生かす競馬に」というのに、終い甘い鞍上では。(切)
4 レッドアゲート内田:フローラSを制したのは評価できるが、レーティングは今ひとつ。追加登録料払うということはそもそもあまり期待していなかったのではとも思うが、唯一の2400m経験馬であるし、鞍上込みで。(切に近い残)
5 ムードインディゴ福永:忘れな草賞1着だし、半姉チャペルコンサートがオークス2着。鞍上もオークス向きなので。(残)
6 エフティマイア蛯名:桜花賞2着をどう評価するか、「折り合いがつくし、頭のいい馬」ということだが、ヤネの頭は??で。(切)
7 ブラックエンブレム 松岡:「桜花賞は調整の僅かなミス」ということで10着。ちゅうことは万全でも8着あたりだったということか。(切)
8 マイネレーツェル 武豊:ステゴ×ユタカオーでオークス取れるかなぁ。(切)
9 ライムキャンディ 四位:酒からお菓子になっちゃったか。(切)
10 レジネッタ 小牧太:桜花賞馬だし、全兄アエローザが2000m以上で3勝。本命候補。(残)
11 ジョイフルスマイル 吉田豊:ここでは厳しいだろう。(切)
12 ソーマジック 後藤:桜花賞3着、勝ちはないだろうが、掲示板は固そう。(残)
13 スペルバインド 勝浦:シックスセンスの半妹というのが売り。馬場次第で浮上の余地は・・・ないか。(切)
14 カレイジャスミン 柴田善:フローラS2着。父がダービー馬、母の父が凱旋門賞馬、曾祖母がオークス馬。しかも先行タイプということなら一発も。(残)
15 トールポピー 池添:2歳女王であるが、それ故に全兄フサイチホウオーが成長力を欠いた点が取捨のポイントになろう。終いに賭けるタイプの割りに速い脚がないという点が問題のように思える。思い切って戦法を変えれば激変も。(残)
16 エアパスカル 藤岡佑:大外ブン回すとイケない鞍上だけにこの枠は不利だろう。(切)
17 オディール 安藤勝:PO馬なんで一応は。(残)
18 リトルアマポーラ 武幸:「オークス向き。中山、東京と使ったのも、輸送と厳しい競馬を経験させるため」ということで体制は万全のよう。(残)

現時点で残ったのは、1 シャランジュ、2 ハートオブクィーン、5 ムードインディゴ、10 レジネッタ、12 ソーマジック、14 カレイジャスミン、15 トールポピー、17 オディール、18 リトルアマポーラの9頭+4 レッドアゲート。

東京11R フリーウェイS:モルトグランデが過剰人気しそうなので、前走2着だった6ライトグランデュア。
中京11R TV愛知OP:開幕週なら12ステキシンスケクンが前に行って。

| | Comments (0) | TrackBack (5)

May 20, 2008

やはり桜花賞組か オークス

サザンオールスターズが活動休止宣言をしたそうだ。これまでもハラボーの産休などで休止した例はあるようだが、本格的に宣言したのは初めてか。いずれにせよ、クリエイティブなパワーを30年も維持するのは相当厳しかったんだろう。

今週はオークスである。大波乱となった桜花賞ではあるが、冷静に考えてみればそれなりの実績馬が上位にきていた。オークスでも桜花賞組を中心に考えても差し支えないだろう。
とりわけ桜花賞馬レジネッタがさほど前評判が高くないようであり、オークス向きと言われるリトルアマポーラよりも美味しいかもしれない。
ちなみに、JRAの発表している今年のプレレーティングによると、
107 Mレジネッタ:桜花賞1着
106 Mエフティマイア:桜花賞2着
105 Mソーマジック:桜花賞3着
105 Mエアパスカル:チューリップ賞1着
104 Mハートオブクィーン:桜花賞4着
104 Mリトルアマポーラ:クイーンC1着・桜花賞5着
104 Mトールポピー:チューリップ賞2着
104 Mオディール:チューリップ賞3着
104 Mポルトフィーノ:エルフィンS1着
103 Iレッドアゲート:フローラS1着
103 Mマイネレーツェル:桜花賞6着
103 Mブラックエンブレム:フラワーC1着
となっており、力的にも桜花賞組優位を示しているといえそうだ。

| | Comments (1) | TrackBack (7)

May 17, 2008

G1実績で ヴィクトリアマイル

自動車の保有台数が減少に転じたという。いよいよ「道路なんかいらん」という時代になってきたということか。

日曜東京11R 第3回 ヴィクトリアマイル(JpnⅠ)
スダホーク氏によると「馬券に絡んだ馬は、すべてそれまでにGIで馬券に絡んだことのある馬たちなのだ」ということらしい。といっても、2回しかやってないわけだから傾向とまで言い切れるかという問題はあろうが・・・。また、府中のマイルはなんだかんだ言っても長めの距離で実績のある馬が中心で、そこに末の斬れるスプリンターが食い込むという決着になることから、オークス好走馬などが中心になるのは止むを得ないことではあろう。また、牡馬に混じって好走した馬の力も信じていいのかもしれない。
そういう点でみると、昨年の安田記念3着馬4◎ジョリーダンスを中心視しても悪くはあるまい。「体調は凄くいい。充実している」ということだし、2年連続の芸能人馬券に期待したい。
相手は、昨年のダービー馬9○ウオッカ。ドバイでもまずまずだったし、マイルくらいの距離の方が合うんだろう。
さらに、昨年のオークス馬3▲ローブデコルテ。この馬もベストはマイル戦だろうし、年明けてからまずまずの状況。自在に動ける強味を活かして。
さらに、良血13△ニシノマナムスメ。「牝馬の河内」がトレーナーになっても本領を見せてくれるのでは。

キルトクールは6エイジアンウインズ。阪神牝馬Sを逃げ切った勢いは買えるが、藤田がこのところ中途半端な騎乗が多い印象で。

| | Comments (0) | TrackBack (5)

May 16, 2008

ここは堅そう 京王杯SC

中国の大地震であるが、ようやく各国の救助隊を受け入れたようだ。「模倣大国」とよばれるかの国であるが、しっかりした救助隊の模倣は大いにすべきかもしれない。

東京11R 第53回 京王杯SC(GⅡ)
安田記念の前哨戦であるが、本番はあまり考慮しなくともよいだろう。ここは、13◎スズカフェニックスが中心。「順調にきています。距離は1400mの方が合う」ということでもあり。相手はマイラーズC5着だった2○キングストレイル。藤沢和厩舎なら本番よりも前哨戦の方がよいだろう。さらに、馬場が向きそうな16▲アイルラヴァゲインが大外活かし。
スーパーホーネットは確かに強いが、今イチピンとこない父で軽視。

キルトクールは4ダンスフォーウィン。府中得意も重賞は厳しいか。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

May 13, 2008

力はウォッカのようだが ヴィクトリアマイル

今週は牝馬のJpnⅠ戦、ヴィクトリアマイルである。
JRA発表のプレレーティングによると、今年のものでは、
ウオッカ113 M(ドバイデューティーフリー4着)
ニシノマナムスメ107 M(マイラーズC2着)
エイジアンウインズ106 M(阪神牝馬S1着)
ブルーメンブラット105 M(阪神牝馬S2着)
キストゥヘヴン104 M(中山牝馬S3着) 
ザレマ103 M(京都牝馬S2着)
ヤマニンメルベイユ103 M(福島牝馬S4着)
ローブデコルテ102 M(阪急杯3着)
マイネカンナ101 M(福島牝馬S1着)
の順となっており、ドバイ帰りのウオッカが断トツである。しかし、去年のダービー以降勝ち星に恵まれていない。そのダービーの舞台でまた輝きを見せてくれるのだろうか? 
今年のレーティングはないものの、去年110 M(安田記念3着)を出しているジョリーダンスに期待してみたい。今年も芸能人馬券ということで・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

May 11, 2008

絞ったあとは NHKマイルカップ

東京11R 第13回 NHKマイルカップ(JpnⅠ)
絞った8頭の取捨を考えるに際し、いろいろ過去のレースのVTRを眺めてみた。まず、前に行く公算が高い18ダンツキッスイだが、いつも終いはタレる。要はゴール前までにどのくらい粘ることができるかが順位に繋がっているようだ。アーリントンでは上手くいき、NZTでは失敗したということだろう。今回トラックバイアスの影響を受け、後ろからくる組が少し遅れる公算が高く、粘りきれると考えた。勿論、大外から前に行くのは厳しいこともあり、中心視は難しい。(▲)
人気の15ファリダットであるが、外を回して差し勝負に出ることは間違いない。直線で突き抜けるシーンが見られる公算は高い。(◎)
NZT勝ちはラッキー視される1サトノプログレスであるが、競馬上手であることは間違いない。最内が仇になる可能性はあるものの、上手く立ち回れば馬券になるだろう。(○)
勝ちはないだろうが、連下はありそうな16エーシンフォワード(△)、マイル適性はあると思われる7ドリームシグナル(△)も残しておきたい。
枠連1-7、1-8、4-7、4-8。三連複1-15-18。ワイド7-15、15-16。
13セッカチセージは狙いすぎ、8サダムイダテンは今後ダートに活路を見出してほしい。掲示板の下の方はありそうな4レッツゴーキリシマをキルトクール指名。

| | Comments (0) | TrackBack (6)

May 10, 2008

まずは、全頭チェック NHKマイルカップ

中国の胡錦濤主席が日本訪問を終え、帰国した。最大の成果はパンダということなんだろうが、借り入れに年間1億円の経費がかかるそうで、実際どうなるのか曲折が予想される。早速石原都知事は「いらん」と言っているようだ。

東京11R 第13回 NHKマイルカップ(JpnⅠ)
日曜は他にめぼしいレースがないのでここに集中するという方法もあるか。とりあえず、GⅠ恒例の全頭チェックを(JRA発表のレーティングも込みで)して残す馬をセレクトしてみたい。
1 (1) サトノプログレス 横山典(2歳なし、3歳105 MNZT1着):トライアルではなかなか競馬上手なところを見せた。「力をつけてきている。前走は強い勝ち方をしてくれた」ということだし、タイキシャトル産駒はウインクリューガーが勝っているから対象に。(残)
1 (2) アンダーカウンター 小林淳(2歳なし、3歳96 MマーガレットS3着):レーティングが低すぎるか。(切)
2 (3) スプリングソング 池 添(2歳なし、3歳 100 S橘S1着):無傷の3連勝というのは売りだが、バクシンオー産駒だから平坦千二向きでは。ここでは厳しいだろう。(切)
2 (4) レッツゴーキリシマ  幸(2歳107朝日杯FS2着、3歳107 I皐月賞5着):前に行ければしぶといことはわかっているし、2回のGIで掲示板という勝負強さは捨てがたい。(残)
3 (5) ブラックシェル 後 藤(2歳100ホープフルS2着、3歳107 I弥生賞2着・皐月賞6着):「完歩の大きい馬で東京のマイルは魅力」ということだが、クロフネ産駒はここぞという時の信頼感に欠けるので。(切)
3 (6) エイムアットビップ 松 岡(2歳106阪神JF3着、3歳なし):牝馬というだけで穴人気しているみたいだが、今年に入って冴えないからなぁ。(切)
4 (7) ドリームシグナル 吉田隼(2歳104朝日杯FS4着、3歳 105 Mシンザン記念1着):「早く入るとボンヤリする」ということだが、出遅れて勝ったシンザン記念の再現もかすかには期待でき。(残)
4 (8) サダムイダテン 岩 田(2歳105ラジオNIKKEI杯2歳S2着、3歳なし):「道悪になれば、さらに有利」という御誂え向きの馬場になりそう。(残)
5 (9) ディープスカイ 四 位(2歳なし、3歳 105 M毎日杯1着):毎日杯から直行。「強引なレースをしても、押し切れる」と自信満々だが、馬場状態がどうか。(切)
5 (10) アポロフェニックス(2歳なし、3歳 95 MクロッカスS4着):これもレーティングが低い。(切)
6 (11) ゴスホークケン 内 田 (2歳112朝日杯FS1着、3歳なし):最優秀2歳牡馬ではあるが、前走落鉄があったにしても負けすぎの感。「湿った馬場も不得意」いうことでは厳しいか。(切)
6 (12) リーガルスキーム 安藤勝(2歳なし、3歳なし):馬場は合うだろうが、バクシンオー産駒では厳しいだろう。(切)
7 (13) セッカチセージ 田中勝(2歳なし、3歳 95 M・DヒヤシンスS3着)アッミラーレ×ラムタラとは渋いなぁ。こういう馬が大波乱を演出するかも。(残)
7 (14) ダノンゴーゴー 藤岡佑(2歳なし、3歳 104 SファルコンS1着):「雨だとスピードが殺される。ダメだよ」とギブアップ宣言。(切)
7 (15) ファリダット 武 豊(2歳なし、3歳 104 MマーガレットS1着):「すごい瞬発力を持っていますよ。短い距離が合うようだし、雨が降ったら余計に外が良くなる」ということなので、終い弾けるか。(残)
8 (16) エーシンフォワード 福 永(2歳なし、3歳 103 MNZT2着):NZTは恵まれた印象。しかし、相手なりの強みはあるので、鞍上込みで3着はあるかも。(残)
8 (17) アポロドルチェ 勝 浦(2歳105京王杯2歳S1着、3歳なし):千六は明らかに長そうで。(切)
8 (18) ダンツキッスイ 藤 田(2歳100萩S2着、3歳105 MアーリントンC1着)逃げるだろうから、一応は押さえておく必要はありそう。(残)

ということで、残ったのはサトノプログレス、レッツゴーキリシマ、ドリームシグナル、サダムイダテン、セッカチセージ、ファリダット、エーシンフォワード、ダンツキッスイ。この中からもう少し絞りたい。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

明日への手がかり 京都新聞杯&プリンシパルS回顧

京都新聞杯では、4◎マイネルローゼンが逃げて、最後5ロードアリエスも来てゴール手前は興奮しちゃったよ。しかし、最後にキルトクールのメイショウクオリアが突っ込んできて貫禄を見せたというところか。
メイショウクオリアはダービーの権利は取ったということだが、展開に左右されそうで、どうかなぁ。ロードアリエスは白百合Sに回るんだろうが、期待はできそう。
悩ましいのはマイネルローゼン。自己条件に出てきたら間違いなく人気になるんで買い辛い。

プリンシパルSは勝った15ベンチャーナインは強いところと戦ってきたしぶとさが生きたということだろうし、2着に粘った4アグネススターチはラチ沿いをうまく走った。マーク屋福スケが3着かぁ。このレースは、府中の馬場が相当悪くなっているということが窺えるレースだったと言えるだろうが、最内に一本グリーンベルトがあって、あとは真ん中から外に出さないと伸びないということか。明日のNHKでも逃げ馬と外から差してくる馬に要注意ということになるんだろう。(15→18→1の3連単1点勝負???)
2◎テラノファントムは行けなかったのが敗因だろう。明日は、ガンガンくるかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

混戦ダービーに輪 京都新聞杯ほか

なんとなく過ごしてしまったが、5月3日は憲法記念日だった。それにしても60年もconstitutionを変えない国も珍しいらしいが、実は変えないのではなく、解釈改憲で凌いできている訳で、正当な手続きを踏まずにいつまでも法匪に委ねるのは如何なもんだろうか。

京都11R 第56回 京都新聞杯(JpnⅡ)
「東上最終便」というわけだが、特に強そうな馬もおらず、混戦模様。「1番人気は散々」というデータがあるようだが、結果的に押し出されて人気になる馬が多いからじゃないだろうか。11メイショウクオリアが人気になりそうだが、陣営が「中1週がどう出るかだが、見た目に疲れはない」と如何にもレース後に『目に見えない疲れがあったかも』というエクスキューズを出しそうなコメント。ここはキルトクール指名。
クオリアから降ろされた藤岡兄が乗る4◎マイネルローゼンに期待してみたい。相手も捻って鮫島騎乗の5ロードアリエス。
枠連の2-3持って「見るレース」か。


キルトクールはメイショウクオリア。

東京11R プリンシパルS
ダービーのトライアル。東京二千mだから、外枠は不利。ここは、いい枠を得た弥生賞5着馬2◎テラノファントムで大丈夫だろう。相手は、穴狙って3○ミヤビベガ。勝ちきれないもののこのところ連続して掲示板は確保しており、気楽に乗れば波乱の要素も。さらに、丁度うまくマークしながら競馬ができる位置にいそうな10ヤマニンキングリー。
2の単複、3の複勝、枠連1-2、1-5。三連複2-3-10。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

May 09, 2008

軽ハンデで 新潟大賞典

道路特定財源の10年延長法案が参議院で否決され、衆議院で再可決し成立の運びとなった。総理の言明通り、延長は1年限りと閣議決定されるということで、野党はその矛盾を突いているが、それなら法案を参議院で否決せずに、修正すればよかった。修正しない限り、衆議院では再可決しか方法がないのである。参議院が「良識の府」たり得ないのであれば、そんな院は不要だ。

新潟11R 第30回 新潟大賞典(JpnⅢ)
 ローカルの重賞ということで、Gがつかない。レースレベルが低いということなんだろうか。ハンデ戦らしく57キロ以上の重ハンデ組は苦戦しているということで、ここは、54キロで出られる8◎メトロシュタインに期待してみたい。スエヒロコマンダー産駒ということで、平坦コースは向くだろう。相手も53キロの1○トウショウヴォイス。今年は不運に付き纏われているオーナーさんだけに、明るい話題がほしいところだろう。
8の単複、枠連1-4。


キルトクールは16スウィフトカレント。鉄砲も効くようだし、横典がわざわざ乗りに行くんだから勝負がかりかもしれないが、「仕上がり八分」ということで、狙いは金鯱賞か。

| | Comments (2) | TrackBack (5)

May 05, 2008

2頭軸か NHKマイルC

今週は、NHKマイルCである。登録が多いので、どの馬が出てくるか未確定の要素もあるようだが、注目してみたいのが、ますNZTを制したサトノプログレス。JRAの映像でNZTのレースの模様 をみてみると、かなり強い競馬をした印象。本番に繋がらないレースとはいえ、この競馬をすれば本番でも十分勝機はあろう。一方、2~6着馬はゴチャゴチャと入ってきた感じで展開一つでどうにでも変わりそう。もう1頭注目したいのは、マーガレットSを制したファリダット。こちらもJRAのHPでレースの模様 を見ることができるが、抜け出してからの強さは流石の良血馬。
皐月賞、桜花賞組も出ているが、骨折馬が出ているくらい激しいレース。ここでGⅠを使うには消耗が激しいだろう。この2頭を軸に組み立てたら良いのではないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

ウインズ小郡行ってきました&天皇賞・春回顧

GW旅行は家内の意向で今年は国内にしようということだったので、ウインズのある場所を無理やり選び、ウインズ小郡に行ってきました。
ウインズ小郡は、小郡工業団地の一角にあり、新しい施設ということもあり、結構綺麗な外観。
Wo1


Wo2

ただ、建物はなんとなく仮設風。家族連れでピクニック気分で出かけられるように、子供の遊び道具もある。
Wo3


場所が場所だけに公共バスも1日数本出ているようだが、「車で来場する」ことを前提とした設定。なんと、場内でアルコール類の販売はない! 「旅打ち」の際は、駅前のコンビニで酒を買い込んでバスに乗ると良いのでは。ちなみに、GⅠ当日は新山口駅などから無料バスが運行されている。天皇賞のときは、佐世保バーガーの屋台が出ていた。
Wo4


場内も結構広く、椅子席・分煙体制もきちんとしている。
Wo5
Wo6
Wo7


そこでみた天皇賞であるが、ホクトスルタンが自分のペース緩急をつけて逃げたが、流石に最後は止まった。しかし、応援馬券は紙クズになったものの、最後まで夢を見させてくれたし、4着と掲示版は確保した訳で、今後更に力を付けて親子四代制覇の夢をなんとかかなえてほしい。
勝ったアドマイヤジュピタだが、阪神大賞典の際に見せた終いの頑張りをここでも見せたということか、こういう展開になると強い。
メイショウサムソンは「巻き返し」に成功したという印象。
アサクサキングスは大阪杯と同じような競馬か。
結果的に、大賞典の勝ち馬と大阪杯組で決まった。日経賞組はちょっとレベルが低かったということだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 01, 2008

「休みたいなら辞めろ」発言? 雲國齊世録(99)

発言は捏造?
日本電産の永守重信社長が、「休みたいなら辞めろ」と発言したとされる問題について、ネット上でも波紋が広がっているそうだ。しかし、肝心のご本人が「そうした発言はしていない」と発言自体を否定しており、会社のHPにもその旨記載されている。記事の出元は、朝日新聞のようで、当事者の主張が正しいとすると発言そのものが「捏造」だったということにはならないか。ただ、会社も弁明するだけでなく、実際にワークライフバランスや社員の福利厚生にこんなに力を注いでいるという事実もきちんとPRしとかないと、「発言は否定したけど、やっぱり体質はそうなんだ」ってことになりはしないか。

そうは言っても有休は権利
しかし、実際にそのような発言をしていなくとも、休みが取りにくい環境の会社はいくらでもある訳で、そういう労働者の権利を損ねるような態度を当然とするような社風には問題があるだろう。要は、ホワイトカラーの生産性を労働時間でしか測らないから問題があるのであって、別の視点からきちんとした評価をすれば、むしろ長時間だらだら働くだけで成果を出さない奴は「無能」ってことになる。当然ながら、有休は権利であり、使用者には「時期変更権」はあるものの、有休自体を止めることはできない。

「無いところから議論噴出」も面白い
しかし、当の本人が発言を否定している中で、その件に関して本人を非難したり、逆に擁護したりといった議論が噴出するのも面白い。ネットで十分検索できるんだから、そうした趣旨を十分みた上で意見を表明する方が良いと思うが、如何なもんだろうか。特に「識者」と呼ばれる方々には、そうした慎重な対応を望みたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »