« 久々萬シュウ 宝塚記念回顧 | Main | ラジオNIKKEI賞前日&土曜競馬 »

July 02, 2008

落書き 雲國齊世録(102)

フィレンツェの落書き
フィレンツェの世界遺産に日本人の落書きがあったということで話題になっているが、イタリア人ももっとやっているそうで、まあ他愛のない行為だろう。自分のやった行為を心から反省したらそれで良いような気がする。

新幹線の落書き
しかし、それ以上に深刻なのは新幹線への落書きであろう。なぜならば、日本の大動脈たる新幹線の車両に易々と接近できるということを証明してしまったからである。このニュースは本来であれば、サミット終了後まで隠しておかねばならないものだったかもしれない。たかが、列車が運休したくらいでコメント付で発表したJRの危機管理能力を問いたいくらいである。

サミットテロへの影響はないのか?
来週は、洞爺湖サミットが開催される。全国的に警備を強化している中で、新幹線にこうも易々と侵入することが可能であることを吐露してしまったわが国。テロリストは拍手喝采しているかもしれない。関係者は心して警備に勤しんでいただきたい。

|

« 久々萬シュウ 宝塚記念回顧 | Main | ラジオNIKKEI賞前日&土曜競馬 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/41716819

Listed below are links to weblogs that reference 落書き 雲國齊世録(102):

« 久々萬シュウ 宝塚記念回顧 | Main | ラジオNIKKEI賞前日&土曜競馬 »