« September 2008 | Main | November 2008 »

October 29, 2008

投票間近・米大統領選 雲國齊世録(109)

ゾウかロバか
米国大統領の一般選挙がいよいよ来週に迫ってきた。アリス・クーパーの”elected”を聞いて以来、Electionウォッチャーになった身としては、ワクワクする日々である。二大政党でほぼ大統領を分け合っている米国にあっては、ロバさんチーム(民主党)とゾウさんチーム(共和党)の戦いということになるが、既に、全米の中にははっきりと色分けされた州が30余りあるので、あとは、残りの「ふらつく州」の争いということになるようだ。それが決してニューヨークやカリフォルニアじゃないところがアメリカらしい。

米国人における「ホンネと建前」
世論調査ではオバマ有利ということのようだが、「ブラッドリー効果」の可能性が常に指摘されている。多くのアメリカ人(ここではコーケジアンを指す)にとって、「人種差別主義者」であるということは(特に自分に対して)認めないだろうし、純粋に政策から判断して支持を決めるということになるんだろう。しかし、「自分とは違う」人に対する「言葉に表せない違和感」は拭えないのではないだろうか、その辺が最後の投票行動にどう出るか。「ホンネ」が見ものである。

接戦とみる
10月22~27のCNNの調査では、オバマ51%、マケイン43%。州別にはオバマ28、マケイン20、未定3ということにようだが、いろいろな情勢もあり、結局は接戦になるんじゃないかと思う。いち早く行われるディックスビルノッチ(だったかな)の投票結果もかなり興味あるところであるが、CNNの特集などを楽しんでいきたい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

来場御礼 m(_ _)m

先般書いた「小島師ブログ「炎上」に思う&土曜競馬」の記事が、ニフティのココフラッシュ・競馬カテゴリー・マンスリーランキングの 1位になった。小島師のブログから飛んでこられた方が多いと思うが、大勢の皆様のご来場に深く感謝したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 28, 2008

レーティングは高め 天皇賞(秋)

天皇賞(秋)のプレレーティングがJRAから発表された。
名実ともにトップはウオッカの120+4M(安田記念1着)、次いでディープスカイが117+4 L(東京優駿1着)。メイショウサムソン117L-E(天皇賞・春2着、宝塚記念2着)、ダイワスカーレット113+4I(大阪杯1着)の順であるが、さらに、アサクサキングス115I・E、カンパニー114M、サクラメガワンダー114L、アドマイヤフジ113E、エアシェイディ113M、アドマイヤモナーク112 L-E、ポップロック112E、ドリームジャーニー110Iと110台に各馬がひしめいており、激戦の様相を呈している。
府中二千独特のコース形態から、枠順と発馬に左右されるレースという印象でもあり、もう少し考えたい。

| | Comments (0) | TrackBack (8)

October 26, 2008

膾を吹く 菊花賞オッズほか

菊花賞の前売りオッズであるが、秋華賞の影響か、穴狙いをしているファンが多いようで、人気分散傾向にある。前々日、前日午前、前日午後の単勝オッズの変化をみると以下のようになる。
1 フローテーション 48.7→37.0→34.6
2 ノットアローン 12.6→15.1→13.9
3 アグネススターチ23.8→ 27.7→28.0
4 メイショウクオリア 26.9→25.6→23.1
5 ナムラクレセント30.4→27.3→21.6
6 ロードアリエス 22.6→19.8→19.3
7 ドットコム 78.2→42.9→34.4
8 スマートギア 17.4→10.4→9.9
9 マイネルチャールズ 23.7→10.6→7.1
10 スマイルジャック 7.7→10.4→9.0
11 ミッキーチアフル 32.5→23.9→25.2
12 ヤマニンキングリー 53.5→43.4→37.3
13 シゲルフセルト 43.3→33.3→26.0
14 オウケンブルースリ1.9→2.5→4.1
15 ベンチャーナイン 14.7→17.6→18.0
16 ホワイトピルグリム 75.5→53.0→43.3
17 ダイシンプラン 32.1→28.4→18.3
18 ダイワワイルドボア 22.1→10.8→8.3
なんと1番人気でも4倍台、最低人気でも43倍になってしまっている。まさに「羹に懲りて膾を吹く」状況か。

東京11R テレビ静岡賞
以前、菊の裏で岡部さんが勝っていたレースという印象があるが、その役割を期待したいのが柴田会長。今回、良血3ザレマ騎乗なので、勝利の可能性も高いのでは、相手は8枠ということになろうが、穴で8ツアーデフォースにも期待。

福島11R 福島民友C
かつてのPO馬7アイルラヴァゲイン登場ということで、応援馬券。相手は3歳5ルルパンブルー。

東京8R 3歳上500万下
未勝利の身であるが、ここでも見劣りはしない15スペシャルシーズンに期待。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 25, 2008

レーティングだけでは 菊花賞

日曜京都11R 第69回 菊花賞(JpnⅠ)
レーティングの状況は週中に書いたわけであるが、どうもそれだけではいかないような気がするレースではある。
過去10年の連対馬20頭中19頭が芝2000m以上で勝っており、唯一勝ち星のなかったアサクサキングスもダービーと神戸新聞で2着。距離経験は絶対のようだ。
土曜のレープロを眺めていたら、過去5年間の勝ち馬でSS直子はディープだけだが、それ以外も父の父か母の父にSSが入っている。今回の出走馬はなんと18頭中16頭の父が日本調教馬。体の良いカブトヤマ記念かとも思える。
そんなことを考慮に入れながらGⅠ級恒例の全頭チェックをしてみたい。
1 フローテーション(106M・スプリングS2着)父は成長力もあったが、近走今一つの上に調教もひと息のようで買い辛い。(切)
2 ノットアローン(105 M・ラジオNIKKEI賞2着、L・セントライト記念3着)相手なりに走れそうなのと鞍上ヨコノリで穴人気しているようだが、静観したい。(切)
3 アグネススターチ(103I・プリンシパルS2着)「先行宣言」しているようで、そういう馬は特に今年のような場合、展開上無視はできないだろう。(△)
4 メイショウクオリア(103L・京都新聞杯1着)前走あれだけ負けると挽回は難しそう。(切)
5 ナムラクレセント(-)来年のサマーシリーズあたりでは活躍が期待できるんだろうが、今はどうか。(切)
6 ロードアリエス(102L・京都新聞杯2着)神戸新聞杯は健闘したといえるんだろう。次の狙い目は中日新聞杯か。(切)
7ドットコム(-)岩田が2週連続の波乱を呼ぶとも思いにくいが、こういうメンバー構成のときはBTの血がものを言うかもしれないので。見出しは「またまた岩田でドットつく」と出せるんだろうし。(×)
8 スマートギア(96M・ラジオNIKKEI賞4着)鞍上込みで小人気しているようであるが、レーティングも低くキルトクール候補か。(キ)
9 マイネルチャールズ(112L・東京優駿4着)この馬もBTの血に注目したい。(○)
10 スマイルジャック(113L・東京優駿2着)この馬は掛かるかどうかで勝敗が決まる。うまく宥めながら12Fもたせれば、最後爆発することができるだろうし、引っかかれば前走のようになるだろう。そういう意味でギャンブル。(▲)
11 ミッキーチアフル(99I・若葉S3着)まだまだなんでしょうなぁ。(切)
12 ヤマニンキングリー(103M・きさらぎ賞3着、白百合S1着)調教師もジョッキーマスターズの準備で競馬どころじゃないだろう。(切)
13 シゲルフセルト(-)母父バクシンオーじゃちょっとなぁ。(切)
14 オウケンブルースリ(112L・神戸新聞杯3着)神戸新聞杯3着の結果だけで単勝1倍台は過剰人気じゃないかなぁ。ファンが「アチョ~」じゃなくて「アチャ~」と言わなければいいが。(▲)
15 ベンチャーナイン(109L・神戸新聞杯4着)末脚は良いんだが速い脚はなさそうで、そういう意味ではなかなか難しい馬。しぶとさはあるので。(△)
16 ホワイトピルグリム(100L・京都新聞杯4着)古馬と混じって重賞でマズマズの結果を出したというのは評価できるかも。(×)
17 ダイシンプラン(-)もう少し短い距離の方が良いのでは。(切)
18 ダイワワイルドボア(106L・セントライト記念1着)新潟でオウケンブルースリにあしらわれているんで。(切)
馬券は、オーソドックスには三連複9、10、14、15BOX。
穴で3の単複、7の単複、16の複、ワイド7-9、3-14、枠連4-5、馬単7=9。


キルトクールはスマートギア。

にほんブログ村 競馬ブログへ 応援お願いしますm(_ _)m。

| | Comments (0) | TrackBack (10)

新旧対決も 富士S

世界的な景気減退で、比較的堅調と考えられている円に世界の投機マネーが集中しているようである。対円全面安の状況で目は海外に。ということで、貯めた陸マイルを使ってまたまたソウル遠征を計画している。カミさんからは、マイルと馬券の無駄遣いと非難囂々であるが。

東京11R 第11回 富士S(GⅢ)
3歳馬は7頭も出ているが、レーティング的に勝負になりそうなのは京成杯AH2着の2▲レッツゴーキリシマ(106)くらい。ということで、軸は古馬勢だろう。久々だが、鉄砲は効きそうな安田記念3着の3◎エイシンドーバーに期待したい。どんな競馬でもできるという自在型なのが、かえってウチパクと合うかという疑問はあるが、レーティングの高さ(114)に惹かれ・・・。
相手は、関屋記念を制した7○マルカシェンク(107)。動きは良いようで。
あと、ここ3走の凡走で人気を落としそうな17△コンゴウリキシオー。安田記念6着(112)はここでは上位、人気薄なら気楽に乗る鞍上で。
3の単複、17の複、枠連1-2、2-4、1-4、2-8。三連複2-3-7、2-3-17、3-7-17。


キルトクールは11ショウナンアルバ。鞍上的に過剰人気しそうで・・・。

にほんブログ村 競馬ブログへ 応援お願いしますm(_ _)m。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

October 22, 2008

レーティングは3強 菊花賞展望

日曜京都11R 第69回 菊花賞(JpnⅠ)
三冠最後のレースということになるが、GⅠ級を勝った馬が1頭も出てこないという混戦ムード。しかし、JRAから発表されたレーティングをみると、スマイルジャック113L(東京優駿2着)、マイネルチャールズ112L(東京優駿4着)、オウケンブルースリ112L(神戸新聞杯3着)が3強を形成している。これに109Lのベンチャーナイン(神戸新聞杯4着)を加えた4頭の争いとなりそうだ。
穴馬を探せば、抽選対象だが、プロヴィナージュよりダートのレーティングが高いヤマニンリュバン97 M(D:昇竜S4着)、前に行けそうなアグネススターチ103I(プリンシパルS2着)あたりか。


にほんブログ村 競馬ブログへ 応援お願いしますm(_ _)m。

| | Comments (2) | TrackBack (4)

October 19, 2008

小島師への手紙

小島先生。秋華賞のワン、スリーフィニッシュおめでとうございます。今回は、プロヴィナージュの出走を巡って相当なバッシングがあり大変だったと思います。「悪役を買って出た」という哲三騎手も前に行くと強いですね。
一時「炎上」したブログも今や「祭り」状態になり、これもひとえにきっちり結果を出した関係者の方々の努力の賜物でしょう。
今回、先生の馬の馬券を買わなかったことが最大の心残りではありますが、また機会があれば応援をさせていただきたいと思います。
今回のいろいろな騒動にめげずに、今後とも貴重な情報を我々に提供していただくようお願い申し上げます。

野分にも負けず華咲く黒葡萄(もくに)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 18, 2008

レーティングは拮抗 秋華賞

日曜京都11R秋華賞

肥満解消に向け、運動を強要されたので、その道すがらである。
春の勢力分布がそのまま持ちこされた印象ではあるが、レーティングはさほど差がない。
ここらに重要なヒントが隠れているような気がする。
軸は相手なりに競馬ができるレジネッタだろうが、前走で案外甘いところも見せてしまった。
そこでPO指名していたオディールに期待したい。
このまま無冠で終わる訳にはいかないだろう。
さらに、上がり馬ブライティアパルスの未知の魅力も捨てがたい。
三連単18→17→10一点勝負。

(結果追記)
いやぁ驚いた。小島厩舎の1,3着かぁ。三連単はいくらついたの???
陣営のご努力に深く敬意を表したい。

| | Comments (0) | TrackBack (6)

若馬の祭典 デイリー杯

突然後輩の訃報が舞い込んできた。まだ30代、これからという時に病に倒れ、無念の死であったろう。いろいろストレスもあったようだが、最愛の家族に看取られての最後だったという。心から御冥福をお祈りしたい。
秋野辺や 今日も競馬ができる我が身よ(もくに)

京都11R 第43回デイリー杯2歳S(JpnⅡ)
過去の状況では、差し馬、キャリアの浅い馬が台頭している模様。差しと言えば武様だし、新馬戦勝ちの2戦目でここに臨む4◎アラシヲヨブオトコ。前走も終い33秒台の脚を見せている。ここも中心か。
2歳の重賞ということでヌルいペースになるようならゴールドアリュール産駒にもチャンスがあろう。相手は5○トップカミングで。
あとは、力のありそうな6シェーンヴァルト、渋太そうな3トップオブビーコイあたりか。
枠連4-5、馬単4→5、三連複3-4-5、4-5-6。

にほんブログ村 競馬ブログへ 応援お願いしますm(_ _)m。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

October 17, 2008

小島師ブログ「炎上」に思う&土曜競馬

プロヴィナージュの秋華賞出走を巡って、小島師のブログが「炎上」してしまった。
師自身も反省しているように、「回避とは言っていないが、曖昧な」発言のため、マスコミが回避と受け取ってしまったという事実があるんだろう。マスコミは嘘を書くことはないが、誤解したり、勝手に「解釈」することは往々にしてあるので、対応には十分な注意が必要であることを認識させた出来事であった。
ブログの炎上に関しては、競馬場や場外で悪態をつくことと同様な匿名性の無責任さもさることながら、彼女が出なければ出走できたであろうポルトフィーノに期待していた人は多かっただろうし、ポルトフィーノが出ていればJpnⅠに乗れた筈の上村騎手を応援していた人も多かっただろう。そういう意味でいろいろ反感を買ってしまったものと考えられる。
オーナーさんにしてみれば、自分の持ち馬がGⅠ級のレースに出るのは大変なことだろう。他は知らないが、府中ではGⅠ出走馬のオーナーさん専用のラウンジまで設けられていた。確かに馬はオーナーさんの所有物だし、出走プランに関しては陣営がすべてを握っている。しかし、ひとたびレースに出すとなるとファンと夢を共有するものになり、陣営やオーナーさんの考え方だけとはいかないとも言える。それだから、GⅠ、JpnⅠに出走するのは夢だし、栄誉なのであろう。
おそらく、プロヴィナージュは馬券にならないだろう。しかし、「レースに勝つ」ことと「レースに勝つために全力を尽くす」ということは別物である。陣営は後者に関しては自信をもって肯定してくれるだろう。そうした陣営の努力に敬意を表して、本来「馬券になりそうで最後まで取捨に迷いつつ切った馬」にのみ与えられる栄誉であるキルトクール指名をしておきたい。


東京1R なかなか発射できないグリーン軍団スペースシャトルの一発期待。
東京7R そのオーナーさんが、「ロマネの下を獲ろうとしたが、フサイチさんに負けた」と言っていたものの、いつのまにかオーナーさんが「チェンジ」してしまったレジームチェンジ。力は見せているようで。

| | Comments (1) | TrackBack (2)

October 15, 2008

レーティングチェック&小島師は 秋華賞

JRAから秋華賞のプレレーティングが発表されている。それによると、最も高いのがトールポピーの109L(優駿牝馬1着)、次いで、エフティマイア108L(優駿牝馬2着)、レジネッタ107M(桜花賞1着)、マイネレーツェル106M(ローズS1着)の順となっている。
105にオディールL、ブラックエンブレムL、エアパスカルM、ソーマジックM、ムードインディゴMとひしめいているので、人気となりそうな組とて絶対とは言えない。案外美味しい馬券が期待できそうだ。
一方、ブラックエンブレムの小島師であるが、「前走が前走だけに」とかなり慎重 なようである。ここでダメなら平坦小回り向きということで、福島記念、愛知杯に向った方がいいかもしれない。

にほんブログ村 競馬ブログへ 応援お願いしますm(_ _)m。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

October 13, 2008

ウインズ佐世保行ってきました

カミサンが一度行ってみたいというので、休みを使って旅行に行った先がハウステンボス。しかし、ここには施設に隣接してウインズがあるのでした。
Wsas1
建物は、ハウステンボス全体の光景と調和したゴージャズな造り。


Wsas2
ハウステンボスからは専用の入場口があり、指定席と同じようにハンドスタンプを押してもらえば、何度でも行き来できます。

内部もかなり座席があり、GⅡのせいかさほど混んでもいなかったので、大変快適に過ごせました。また、ペアで来場するとオッズカードのプレゼントがありました。


Wsas3
Wsas4
大穴を当てて家族旅行をする時の行き先に良いのではないでしょうか。

Wsas5
佐世保でゲットしたオッズカードとハシッテホシーノの外れ馬券。
キルトクール関係の大会があった時に賞品として提供する予定ですのでお楽しみに・・。
(っていつ大会があるんでしょうか?)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2008

天皇賞馬か 京都大賞典

京都11R 第43回京都大賞典
天皇賞馬6◎アドマイヤジュピタ登場とあらば、久々でも期待せざるを得ないだろう。
もちろん本番は先ではあるが、鞍上もこの位の頭数の方が力を発揮できるだろう。
相手は、昨年の2、3着馬だが、4○アルナスラインの方が1ポッブロックより信頼できそう。
三連単6→4→1。

(結果追記)
勝った5トーホウアランは最後良く伸びてきた印象。終いしっかり追うタイプの騎手と手が合う印象なので、重賞戦線でも期待できるということか。
期待した6アドマイヤジュピタは負けすぎ。天皇賞はパスしてアルゼンチン連覇狙いがベターか。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

October 11, 2008

旅先にウインズが 毎日王冠

東京11R 第59回毎日王冠(GⅡ)
旅先にウインズがあった。と言ってもぶらりなんとかの旅で普通そんな場所に行かないという場所で何故か着ぐるみを持った人に出くわして、稽古場にお邪魔する程度の偶然ではある訳だが。
ここは久々でも最強牝馬3ウォッカだろう。
相手だが叩いて上昇期待の14チョウサン。
川田騎乗の5アドマイヤフジあたりか。
三連単3→14→5

(結果追記)
ウインズの大画面で見ていたが、2ウォッカが逃げたときは流石に場内もどよめいていたよ。いい調子でそのまま行きそうな感じだったが、最後2スーパーホーネットに差された。これで前哨戦3連勝かぁ。しかしロドリゴ産駒というのは福島ならともかく、中央じゃ買いづらいんだよねぇ。本番でも好走しそうなんだけど、勝ちきるまではどうか。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

October 10, 2008

見せよ日本の底力 雲國齊世録(108)

ノーベル賞一気に4人受賞
今年のノーベル物理学賞は日本人3氏が独占し、化学賞も下村博士が受賞した。それぞれ、世界の進歩に貢献した業績ということだろう。科学技術立国を謳う以上、こうした学者を育てていくことはとても大切だろう。そのためには、研究費の重点化もさることながら、夢のある研究にも光を当てていくことが必要かもしれない。誰しも、クラゲを何十万匹も使った研究が後にノーベル賞につながるなんて、その時は思いも点かないはずだから・・・。

世界経済は日本に学べ
米国発の株安、景気減速は世界的な恐慌にまでなろうとしている。しかし、米国はなかなか効果的な大作を打ち出せずにいる。しかし、今回の状況はバブル崩壊後の日本の状況と酷似しているように思える。最終的に公的資金の投入で乗り切った日本の行ったことを世界は学ぶべきだろう。
ただ、倒産企業のトップが年収200億というべらぼうなサラリーを貰っていたのはおかしいので、私財提供等も求める必要があるだろう。

景気対策は解散モードに惑わされるな
そうこうしているうちに、大和生命の経営破綻など、国内の影響もさらに出てきたようだ。わが国においても、より一層の景気対策が必要になってくる。民主党のみならず、マスコミも解散モードになっているが、政党はともかく、マスコミの煽りは気にする必要がない。なぜなら、マスコミは他人の縦割り主義は批判するくせに、自分のところの縦割りはひどい。解散モードを煽っているのは政治部であり、彼らは政治に絡めた記事しか書くことができない。
解散モードに惑わされることなく、粛々と景気対策を進め、日本の底力を見せるべきだろう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 06, 2008

今週はおやすみ

今週は、旅に出る予定なので予想はおやすみ。
旅先からのレポートを予定してます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2008

凱旋門賞 香港のオッズ

凱旋門賞だが、香港でも馬券が発売されているようで、香港賽馬会のHPにはオッズも掲載されている。香港競馬は14頭をリミットにしているので、今回16頭立てであることから、2頭セットの組が二つある。Blue Bresil& 01Zarkavaが3.3倍で1番人気、次いでDuke of MarmaladeとVision D'etatが各々6.4倍、メイショウサムソンが11倍で4番人気となっている。日本人が結構買いに行っているんだろうか?
左から組番、発番、馬名、単勝オッズの順。
1-03 Youmzain:22
2-11 Zambezi Sun:33
3-15 Ask:38
4-10 Schiaparelli:14
5-04 Meisho Samson:11
6-09 Soldier of Fortune:12
7-14 Duke of Marmalade:6.4
8-05 Papal Bull:18
9-02 It's Gino:42
10-13Red Rock Canyon&16Cima De Triomphe:38
11-07Getaway:12
12-08Vision D'etat:6.4
13-12Kamsin:13
14-06 Blue Bresil& 01Zarkava:3.3

| | Comments (1) | TrackBack (0)

小島師に聞け2 兵庫特別、ついでにGⅠも

阪神9R 兵庫特別
このレースに小島茂厩舎から6クイーンスプマンテが出走する。今回も師のブログから、状態をみてみることとしよう。師によれば、馬の状態は「追い切りも十分過ぎるほど消化し、状態は万全」と頼もしい。さらに、レースに関しては「スタートと流れさえ間違わなければ適性と実績からも期待十分」とある。芝の2400mだからスタートはさほど気にしなくとも良いだろうし、若手JKが多いレースとなり、流れもオーソドックスなものになろう。
相手は、13タガノエルシコ、9マルモコウテイ、1マッキーバッハあたりか。
三連複1-6-9、1-6-13、6-9-13。

中山11R 第42回スプリンターズS(GⅠ)
馬場の状態は比較的良いようだし、天気も下り坂の予報とはいえ、レースが始まるまでに雨が降るような感じではない。トラックバイアスがあまり関係ないとなると実力馬によるガチンコ勝負が期待できるだろう。そういう点を踏まえ、GⅠ恒例の全頭チェックをしてみることとしよう。
1アポロドルチェ(103S)やはりダート向きの馬か。芝で走るのは平坦コースだろう。(切)
2ファイングレイン(115S)今年の高松宮記念を制した。叩いて上昇気配はあるものの、スタート一息の馬が内枠に入るのは有利とはいえないだろう。しかし、レーティングの高さで無視はできない。(△)
3 ジョリーダンス(105M)スプリント戦は向いている印象はあるが、内枠がアダになりそう。(切)
4プレミアムボックス(104S)三浦騎乗というのが売り。いい勉強の場になるだろう。(切)
5シンボリグラン(108S-M)安定感はあるものの、低レベルのレースに地力で滑り込んでいる印象もあり。(切)
6 スピニングノアール(100S)捲りが決まるような場面があれば見せ場も。(×)
7 カノヤザクラ(107S)連勝の勢いは買いだが、バクシンオー産駒に中山の急坂は辛いのでは。(切)
8 ウエスタンビーナス(97S)中山向きのようだが、GⅠでは荷が重いか。(切)
9 トウショウカレッジ(108S)母の父がサクラバクシンオーだから中山今イチか。(切)
10 エムオーウイナー(103S)強調要素に乏しい印象。(切)
11 スズカフェニックス(115M)「自分で競馬が作れない」というところが、GⅠではどうなんだろうか?と言ってもGⅠ馬ではあるのだが、中山で他力本願は厳しいとみて、そこそこ人気もあるようだからキルトクール指名。(キ)
12 タニノマティーニ(104S)中山のGIでは厳しいか。(切)
13ビービーガルダン(102S)状態は良さそうだし、勢いはあるが、中山で終い35秒台では厳しいだろう。(切)
14 スリープレスナイト(106S)4連勝、重賞連勝の看板を引っさげての参戦。一応注目しときたい。(△)
15 キンシャサノキセキ(114S)公営出身の騎手は多頭数の競馬で内枠に入ると捌くのに苦労する印象。ここは外枠なので、しっかり追えるだろう。GⅠ制覇を期待したいもの。(◎)
16 タマモホットプレイ(106S)今年に入って一息で。(切)
枠連1-8、7-8。ワイド2-15、6-15、14-15、2-14。


キルトクールはスズカフェニックス。

にほんブログ村 競馬ブログへ 応援お願いしますm(_ _)m。

| | Comments (0) | TrackBack (9)

October 04, 2008

アイドルは切って シリウスS&スプリンターズSレーティング

清原選手が引退した。まさに「栄光と挫折」の選手人生だったのではないだろうか。甲子園のヒーロとして沸かせたものの、「泣きたいくらい憧れた」王巨人からはアッサリと捨てられ、西武に入団し黄金時代を築いた。巨人との対決となった日本シリーズ、勝利を目前にした最後の瞬間、泣きながら守備についていたシーンは今でも語り草だ。しかし、FAを取ったら今度は巨人に移籍。最後はけがでボロボロになりながらも地元大阪で〆た。夫人がファッション雑誌の表紙を飾っているようだが、第二の人生も頑張ってほしい。

阪神10R 第12回 シリウスS(GⅢ)
アイドルホース4ユキチャン登場ということで、馬券的には美味しいレースになりそう。
本命は、帝王賞5着の14◎ワンダースピード。この中で一枚上という印象。
相手には、初ダートということになるが、ダイナフォーマー産駒だから大丈夫と思われる16○ドラゴンウェルズ。
枠連7-8、ワイド14-16。


キルトクールはユキチャン。

日曜中山11R 第42回スプリンターズS(GⅠ)
JRAから発表されている出走各馬のプレレーティングは次の通り。
1アポロドルチェ 103S(バーデンバーデンC1着、アイビスサマーD3着)
2ファイングレイン 115S(高松宮記念1着)
3 ジョリーダンス 105→109M(阪神C2着・07)
4プレミアムボックス104S(オーシャンS1着)
5シンボリグラン 108S-M(オーロC2着・07、キャピタルS4着・07)
6 スピニングノアール100S(福島民友C4着・07)
7 カノヤザクラ 107→111S(セントウルS1着)
8 ウエスタンビーナス97→101S(春雷S1着)
9 トウショウカレッジ108S(函館スプリントS2着)
10 エムオーウイナー 103S(オーシャンS2着)
11 スズカフェニックス115M(マイルCS3着・07)
12 タニノマティーニ 104S(キーンランドC1着)
13ビービーガルダン 102S(キーンランドC2着)
14 スリープレスナイト106→110S(北九州記念1着)
15 キンシャサノキセキ114S(高松宮記念2着)
16 タマモホットプレイ106S(スプリンターズS5着・07)
調整値を含めて110を超えているのは、2ファイングレイン、7 カノヤザクラ、11 スズカフェニックス、14 スリープレスナイト、15 キンシャサノキセキの5頭。これらを中心に据えていくことになろう。もう少し考えたい。
雲國齊の成績
にほんブログ村 競馬ブログへ 応援お願いしますm(_ _)m。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

クラシックとは? 札幌2歳Sほか

国会関係で野党に資料提供する際に与党に事前に連絡するよう各省に指示したことが話題になっているが、議院内閣制なんだから与党が要求することは当たり前のような気がする。各省がマニュアルまで作ったのがやり過ぎの感はあるが・・・。

札幌11R 第43回 札幌2歳S(JpnⅢ)
夏競馬の最後を飾る重賞。この時期の1800mのレースということもあり、クラシック直結という見方もあるようだが、今年はそんな印象がなさそう。
中心は、『コスモバルク二世』7◎イグゼキュティヴということになるだろう。チーフベアハート×アスワンということでクラシックは疑問ではあるが、デキは良さそうだし、オープン実績も上々。鞍上も「陰の調教師」の指示通り乗りそうなので、すべては彼の腕一つということだろう。この人物、外厩制度の導入など、「内なる改革」には声高に叫ぶものの、改革のもう一つの柱である国際化への対応に関しては猛反対している。経営者かくあるべきかもしれないが、汚染米問題しかり、第一次産業関連業界共通の問題点があるような気がする。
相手は、札幌芝1800mの新馬戦を快勝した13○テーオーストーム。大外なんで鞍上がブン回して届かない駄乗の危険はあるものの調子の良さでカバーしてくれることを期待。
枠連5-8、馬単7→13、ワイド7-13。


キルトクールは5ナムラカイシュウ。ダートで勝って芝替わりでいきなり重賞は辛いだろう。

中山11R 内房ステークス
中山ダート千二は外の方が有利。ということで、14 サンエムパーム、15 ダイイチミラクル、16 グリーンアラモードの3頭にダートに戻って巻き返したい9トロピカルライトを加えて。三連複9、14、15、16BOXにワイド9-14、14-15、14-16。

にほんブログ村 競馬ブログへ 応援お願いしますm(_ _)m。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

« September 2008 | Main | November 2008 »