« 弊社社員&6番猛者に聞け ファンタジーS | Main | レーティングは微妙 エ女王杯 »

November 12, 2008

航空幕僚長更迭問題 雲國齊世録(111)

「論文」を読んでみた
田母神前航空幕僚長が懸賞論文に政府方針に反した内容を書いたことを契機に更迭されたが、問題となった「論文」がHPに公開されていたので読んでみた。
一言でいえば「論文」というより作文だわな。本人は一種の皇国史観に陶酔してるんだろうが、論文にするなら、事実と意見を分け、事実なら根拠をきちんと引用することが必要で、その辺が中途半端だし、ご意見もちょっと「アタマが筋肉」な印象。
日本の侵略に関し、「条約等に基づいて軍を配置した」ということが事実であったとしても、そもそもその前段の「戦争」自体が「侵略」と言われているわけだから、その点についての言及がないのは変だ。
蒋介石もアメリカも「コミンテルンに動かされていた」というのも、そのレベルの話をするなら日ソ中立条約を結んだ日本だって「コミンテルンに動かされていた」ということになるのではないのか。

信条と服務を間違えるな
今回、前幕僚長の信条が問題とされているようだが、それはちょっと違うのではないかと思う。思想信条の自由は憲法で保障されていることでもあり、個人がどのようなものを持とうとそれは自由である。問題なのは、服務という観点、即ち「自分の信条はどうあれ、公務遂行に際しては国家と国民に跪く」という公務員としての矜持をこの人物が有していたかどうかということである。
一連の発言をみるとこの点に重大な欠陥があり、そういう意味で職にふさわしくないということが言えるのではないだろうか。また、シビリアンコントロール云々言う人もいるが、不適切な人材をクビにしたということでシビリアンコントロールは機能していると言えるだろうし、諸々考えれば、そんなに心配いらないんじゃないか。

アパグループ
懸賞論文は、アパグループがかかわっているようだが、日本の屋台骨を心配することより、自分のホテルの構造を心配した方がいいんではないか・・・

|

« 弊社社員&6番猛者に聞け ファンタジーS | Main | レーティングは微妙 エ女王杯 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/43088139

Listed below are links to weblogs that reference 航空幕僚長更迭問題 雲國齊世録(111):

« 弊社社員&6番猛者に聞け ファンタジーS | Main | レーティングは微妙 エ女王杯 »