« December 2008 | Main | February 2009 »

January 31, 2009

冬場のマイル戦 東京新聞杯

雇用不安が増大する中で企業の内部留保は増大し、株主配当や役員報酬はむしろ増加しているという。米国でも13兆あまりの公的資金を投入した企業に一人1億円のボーナスが支給され、さすがのオバマ大統領も激怒しているそうだ。新自由主義というのは何かおかしい。

東京11R 第59回 東京新聞杯(GⅢ)
以前は、このレースくらいしか冬場のマイル戦がなかったので、登録馬が殺到した感もあったが、同じ週に京都牝馬Sが組まれているし、来週は小倉で千八の重賞もあり、落ち着いてきた印象。
2◎スマイルジャックに期待したい。マイルCSは11着とはいえ、着順ほどは負けていない。ダービー2着の舞台で一仕事するか。
相手は、自分のペースで前にいけそうな○5ローレルゲレイロ。香港の馬場は向かなかったんだろう。
良血14▲キャプテンベガの走りにも注目。


キルトクールはマルカシェンク。府中は向かない、というか運がない印象で。

にほんブログ村 競馬ブログへ 応援お願いしますm(_ _)m。

| | Comments (1) | TrackBack (7)

January 22, 2009

トヨタ新社長誕生 雲國齊世録(114)

「大政奉還」の意味
トヨタが、創業家出身の章男社長就任を発表した。このご時世に「大政奉還」とは大げさな表現ではあるが、戦後最大の危機に直面している同社において、創業家の有する「カリスマ性」に期待し組織一丸となって難局に対応するということなんだろう。敵失に乗じた感もあるが、世界一の発売台数になったというのも凄いが。

「環境」がキーワードか
最近は下がってきているとはいえ、昨今の物価高の原因が原油高にあったことは間違いないわけだから、ガソリンを食う機械である自動車ももっと、環境に配慮したものでなくてはならないだろう。そういう意味ではトヨタをはじめとする日本企業は環境適応性が高いといわれているので、これからさらに「環境」をキーワードにした対応が必要ではないだろうか。とくに、水素自動車や電気自動車の普及が不可欠だろう。

100V充電ネットワーク構築を急げ
電気自動車の普及のためには、「家庭で充電できる」ということと、ガソリンスタンドや携帯の充電のように、道端でどこでも充電可能なネットワークが必要である。既に米国では駐車場などを活用した充電ネットワークがビジネスモデルとして成立しつつあり、行政も補助金や減税などで支援しているようである。下手をするとこの米国モデルが世界標準になってしまいかねない。わが国においても、早急に家庭充電とリンクできる100V充電ネットワークを構築するなど、官民一体となった独自の電気自動車普及モデルを作っていく必要があるのではないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 18, 2009

テンポイントの追憶 日経新春杯

今週はセンター試験が行われているそうだが、一期校、二期校世代としては、それがどんなものなのかよく分からない。受験生諸君の健闘を祈りたい。

京都11R 第56回 日経新春杯(GⅡ)
日経新春杯というと、どうしてもテンポイントの悲劇が思い起こされてしまう。しかし、その結果としてあまりに過重なハンデはつかなくなったり、獣医学の進歩に寄与したりそれなりの効果はあったとのことである。確か、今のJRAの理事長も当時の治療チームに加わっていたと聞いている。
HPを巡っていたら、当時の杉本アナの「テンポイントおかしい、おかしい」という実況が再現されていたが、ある意味ライスシャワーの宝塚記念(この年は京都開催だった)と並び淀の二大悲劇と言えるんだろう。
52キロで出走する唯一の関東馬4メジロコルセアに期待したい。自分のペースで行ければひょっとして大金星も。
相手は、騎乗を3レースに絞って必勝を期す武兄様騎乗の11マイネレーツェル。「状態はいい意味での平行線」ということでもあり。
4の単複、11の複勝。枠連2-6、ワイド4-11。


キルトクールはアドマイヤモナーク。大外は不利だべ。

にほんブログ村 競馬ブログへ 応援お願いしますm(_ _)m。

| | Comments (1) | TrackBack (5)

January 17, 2009

本番への序章 京成杯

渡辺代議士に通産省OBの江田代議士がくっついて「劇団ひとり」状態は解散したようだが、それでも二人。「脱藩官僚」を嘯く江田代議士だが、「脱藩」とはちゃんちゃら可笑しいと思うので、時期を改めてそれについて書き記すこととしたい。

中山11R 第49回京成杯(GⅢ)
皐月賞と同コース、同距離で行われる重賞。本番と繋がっている印象があるが、ここ5年の勝ち馬はフォーカルポイント(皐月賞9着)、アドマイヤジャパン(皐月賞3着)、ジャリスコライト(皐月賞7着)、サンツェッペリン(皐月賞2着)、マイネルチャールズ(皐月賞3着)ということだから気のせいか。また、須田ホーク氏のコラムによると、「良いと見える馬が素直に来る」堅い重賞なんだそうだ。そういうことを踏まえ、全頭チェックをしてみることとしよう。
1ファインビスティー:内枠生かして前々に行けばチャンスはあるかもしれないが、速い脚に欠ける印象で。(切)
2ナカヤマフェスタ:常識的に考えれば、1頭だけ抜けているが、鞍上も「まが抜けている」印象でちょっと落とした方が無難か。(○)
3ケニアブラック:ナカヤマフェスタよりは弱いんだろう。(切)
4サクラルーラー:前走負けすぎ。乗り替わりでも厳しいか。(切)
5サンライズキール:「能力はあるので重賞でも楽しみ」ということで東スポ本紙も◎にしているが、どうかなぁ。二千の経験があるのは強味と思うが・・・。(切)
6アーリーロブスト:福永騎乗で逃げ馬ならチェックは必要か。(▲)
7トゥリオンファーレ:「先につながる競馬ができれば」ということだが、血統的にも実績的にも上位か。(◎)
8フサイチナガラガワ:馬もかなり売り払い、ヒルズからも去ったというオーナーさんの期待の星か。(切)
9ハイローラー:もちの木賞1着。しかし、この馬以外の12頭の父はすべて日本調教馬かぁ。来るかこないかどっちかだろうからキルトクール指名しとくか。(キ)
10モンテトウルヌソル:「期待して名付けた」ということだが、直接の血統的繋がりはあるんだろうか?(切)
11モエレビクトリー:ダート向きの印象で。(切)
12サトノエクスプレス:藤沢厩舎ってのがどうかなぁ。(切)
13セイクリッドバレー:この鞍上が大外にきた時は無条件で切ることにしているんで。(切)
枠連2-5、5-5。ワイド2-6、6-7。三連複2-6-7、三連単7→2→6。


キルトクールはハイローラー。

にほんブログ村 競馬ブログへ 応援お願いしますm(_ _)m。

| | Comments (1) | TrackBack (9)

January 16, 2009

ミスプロ系に注目 ジャニュアリーS

先日、満員電車に乗っていたところ、隣の奴から「押すな」と因縁をつけられ、こちらに非はないんで無視していたら捨て台詞を残して降りていったが、混雑しているときはお互い様なんだからと思う。まぁ、こうしたこらえ性のない奴は会社でもいち早くリストラの対象になるんだろうなぁ。尤も、今頃ネットカフェあたりでこれを読んでいるかもしれんが・・・。

中山11R ジャニュアリーS(OP)
中山千二はミスプロ系、とりわけ、コロナドズクエストやフサイチペガサス産駒に注目なんだそうだ。で、見てみるとお誂え向きにフサイチペガサス産駒の15ガブリンとコロナドズクエスト産駒の14ペプチドルビーがいるではないか。ハンデもそれぞれ54、52キロと軽め。まさに狙い目といえよう。
枠連7-8、ワイド14-15。


にほんブログ村 競馬ブログへ 応援お願いしますm(_ _)m。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 14, 2009

麻生政権混迷 雲國齊世録(113)

渡辺喜美代議士離党
渡辺喜美代議士が自民党を離党した。行革や給付金問題についての内閣の方針を批判してのもののようだが、何となく父譲りのパフォーマンスという印象を持ってしまうのは私だけだろうか。
公務員の給与2割減など耳障りの言い発言をしているが、そんなことしたら、公務員の給料と連動している地元大田原の赤十字病院なんか潰れてしまうかもしれないし、地元の国の機関も廃止になってしまう。そういう可能性を地元の人にきちんと説明して理解を得てるんだろうか?
二次補正案の採決は松浪議員も棄権したが、渡辺議員に同調はしないという。

定額給付金
定額給付金は国民の中でも反対が多いようだが、景気対策の減税はオバマ政権でも行うことになっており、単なる減税では、公明党の支持層に行き渡らないので定額給付金方式にしただけのことだろう。それを受け取る受け取らないとかの議論にしてしまったことに問題がある。不景気の時は、減税や公共投資を行うというのが政策の基本であり(勿論、わが国の今までの実行方式に問題があるのは事実であるが)、景気対策をどうするかという原点に帰って考えるべきだろう。

「小沢政権」の恐怖
総選挙となれば、民主党中心の政権の可能性が高まってきたということであるが、自民党の幹事長を務めた野中広務氏が、先日TVで小沢一郎氏のかつて行った行為の一部を明らかにしていた。さらに、「まだ明らかにされていない事実」もいろいろあることを示唆していた。相当恐ろしい人物のようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2009

SS系に注目 シンザン記念

派遣切りや内定取り消しを始めとして、雇用不安が広がっているが、そんな中で地方分権会議が、ハローワークを国から都道府県に移すよう求めているそうだ。ということは、失業保険も国から移るということになる訳で、自治体で対応できるような体力はあるんだろうか?

京都11R 第43回シンザン記念(GⅢ)
クラシックへの第一歩となるマイル重賞(「シンザン」にマイルはちと違和感はあるが・・・」。「堅く収まる」ということで定評があるように、母の父も含めサンデーサイレンス系が強いレースのようだ。今回SS系は1、4、7、8、10、12の6頭。ステップとしては朝日杯、阪神JF組や京都芝コースに実績のある馬が有利。こうしたことに注意しながら、このレースについても全頭チェックをしてみることとしよう。
1 アントニオバローズ:未勝利戦を快勝したのは魅力であるが、ソエ明けでもあるし、いきなり重賞ではどうか。小人気しそうなんでキルトクール指名。(キ)
2 ケンブリッジエル:京都は向いているんだろうが、朝日杯大敗しているし、マイルは長いか、山内厩舎だから早熟かのどちらかだろう。(切)
3 ダブルウェッジ:これもマイルは長そう。(切)
4 タキオンクール:時計に目をつぶれば京都マイル勝っているのは強味か。(△)
5 キングストリート:乗り替わりが痛い。(切)
6 キングスレガリア:前走ミソ付けたが、経験豊富なのは魅力で。(▲)
7 トップオブピーコイ:来週の京成杯に出した方がよかったのでは。(切)
8 ミッキーパンプキン:朝日杯6着も「収穫は多かった」ということなので、巻き返しはありそう。(○)
9 スズカワグナー:これも乗り替わりがどうか。(切)
10 トップカミング:母父バクシンオだからマイルは長いか。(切)
11 モエレエキスパート:ここは叩き台だろう。(切)
12 ツルマルジャパン:ここ2戦の状況から一変は期待薄か。(切)
13 ピースピース:朝日杯最先着の実績に敬意を表し軸に。(◎)
14 ハマノエルマー:嵌れば掲示板はあるだろうが・・・。(切)
13の単複、枠連3-8、4-8、5-8、3-4。ワイド4-8、6-13。


キルトクールはアントニオバローズ。

にほんブログ村 競馬ブログへ 応援お願いしますm(_ _)m。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

Bビスタへの挑戦状 フェアリーS

寿Sだが、プロヴィナージュは自分のペースで良い競馬をしたと思うが、最後残念だった。こういう競馬をすれば次に繋がると小島師もブログに書くんだろう。まぁ、予想通りタニノディキディキが最後3着に突っ込んできたんでよしとするか。

中山11R 第25回フェアリーS(GⅢ)
今年からマイル戦となり、桜花賞への東のステップレース第1弾となった。といっても、ブエナビスタという大本命がいるわけで、挑戦者を決めていくということになるのではないだろうか。以前同時期に行われていた菜の花賞では阪神JF組が有利、位置取りは四角5番手以内で差し組みは減点だそうだ。さらに、コース特性から内枠有利というのは言うまでもない。こうした点を踏まえ、全頭チェックをしてみよう。
1 ジェルミナル:阪神JF6着、といっても勝ち馬から1秒以上離された完敗。しかし、「前回は外枠から好ポジションを取りに行って厳しい競馬になってしまった」ということなので、今回内枠なら良いということか。あとは長距離輸送がどうか。(▲)
2 カイテキプリン:マイルは少し長い印象。坂もどうか。(切)
3 アイアムネオ:中山マイルの新馬戦を勝っているのは強味だが、タイムがなぁ。ネオユニヴァースの父としての力の見せ所ではある。(切)
4 グッデーコパ:前走大敗してるから今回買い辛いなぁ。「風水」頼みか。(切)
5 シルクマイホーム:ようわからんが、日本よりもデルマーかハリウッドパークあたりで走った方が向くのではないか?(切)
6 マイネアリス:中山マイルで1分34秒台の時計を持っているので、人気なさそうだが、狙い目かも。(○)
7 マイティースルー:マイルの持ち時計は一番良いが、中山がどうか。(切)
8 エリザベスムーン:半兄にリミットレスビッド、アグネスゴールド、フサイチゼノンがいるという血統背景から考えるとここは本命にしてもおかしくはないだろう。(◎)
9 アカリ:これもネオユニヴァース産駒か。自己条件でも掲示板に至らないんじゃここは厳しいか。(切)
10 パールシャドウ:ここよりもクイーンCの方が良いのでは。(切)
11 ダイワバーガンディ:ブライアンズタイム産駒ということで中山の重賞ならという気もするし、勢いのある一族だから怖いのではあるが・・・。オッズ次第か。(?)
12 イルドロール:「ソエで放牧に出ていた」ということなので、坂で止まりそう。(切)
13 カツヨトワイニング:阪神JF7着。善戦したとは言えるが、ここで勝ちきれるかというと強調要素に乏しい印象で。(切)
14 イナズマアマリリス:この馬は人気薄だから妙味があるわけで、人気しそうな今回はキルトクール指名。(キ)
15 ピエナリリー:大外は無視して良いだろう。(切)
16 ラブミラー:上に同じ。(切)
8の単複、6の複勝。枠連1、3、4BOX。ワイド6-8、8-11。


キルトクールはイナズマアマリリス。

にほんブログ村 競馬ブログへ 応援お願いしますm(_ _)m。

| | Comments (2) | TrackBack (6)

January 10, 2009

小島師に聞け 寿Sほか

先日、後輩と飲んでいたときに、「妙に細かい上司」の話題になった。大まかな方向性を指導するならまだしも、資料の作り方とか段取りのチェックとかにも口を挟むので閉口しているようだった。その上に歯の浮くようなお世辞を使う部下を可愛がるそうな・・・。


京都11R 寿S
8プロヴィナージュが出走しているとあらば、小島師のブログで状況を確認するのは王道。『状態は変わりなく順調。』、『今回は勝ちにこだわる競馬を。』と頼もしいフレーズが並んでいる。ここは人気になりそうだが、応援馬券といきたい。相手は、最後キッチリ差してきそうな4タニノディキディキ。
8の単複、ワイド4-8、枠連3-5。

その他のレース
中山9R 黒竹賞:「中山ダート千八はティンバーカントリー(速い脚に欠ける産駒が多く、小回りでコーナー四つのコースでないと勝ち味が薄い)」と言う方針に従い、1ポルカマズルカに期待。内枠なら。
中京11R 大須特別:平坦大王騎乗の馬は気になるが、最近このオーナーさんはハワイ系の名前が多い印象の1ピイラニハイウェイ。

にほんブログ村 競馬ブログへ 応援お願いしますm(_ _)m。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

January 07, 2009

「派遣切り」の話題ほか 雲國齊世録(112)

派遣法見直しは政府調達排除とセットで
日比谷公園に「派遣村」ができたり、厚生労働省が講堂を開放したり「派遣切り」問題は複雑な要素を見せているが、これとあわせ、製造業に解禁した派遣労働者を再度禁止するという動きが出ている。これに対し財界は「海外に出て行く」などと反発しているようだが、派遣を禁止する法改正をするのであれば、「海外に出て行く」とぬかす企業を政府調達から締め出すような措置をあわせて講じないと実効性がないだろう。

坂本政務官発言
坂本総務政務官が「派遣村」の活動をしている人をかつての学生運動のようだと評したこと自体は国民の深層感覚と合致していると思う。(このことは、彼らが新春の賀詞交換会を開いている経団連本部に押しかけて「公開質問状」を出したり、マスコミ受けするようなパフォーマンスを繰り返していることからもわかる)。問題なのは「政務官」という政府の一員にいる人物が、揚げ足取りをされかねない発言をしてしまったという不用意さにあるのだろう。政治家が一旦政府に入った場合、その発言は政府の命運を握る場合もあるという自覚が必要だ。野にいる政治家が発言しても特に問題にならんだろう。

「東京五輪」成功の秘策
賀詞交換会といえば、たまたまある会で2016年の東京オリンピックの話題になり、2004年アテネ、2008年北京、2012年ロンドンとなれば今度は米州の順番でシカゴが有力だろうという説が有力だが、ウラ技として「オリンピックはシカゴ、パラリンピックは東京」という選択肢なら目があるのではという話になった。本当に呼ぶ気があるなら一考の余地はあるかも・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 04, 2009

マイルCSのBファイナル 京都金杯ほか

新春恒例のお年賀タオル配布。早速もらってはきたが、結果的に高いものについた。_| ̄|○
09nenga
それはそうと、年明けは前日発売をしないと思ったら、月曜分は東西特別三鞍を前売り。売り上げ減でなりふり構わずということかもしれない。まぁこうした自助努力は大切で、税金無駄食いしているような所に比べれば大いにマシだ。

京都11R 第47回 京都金杯(GⅢ)
今年は東西で日を変えて開催される。マイル戦に変更されてから、同じコースで行われるマイルCSとの関連性が高いと言われている。(っつても、面子的にBファイナルって感じか。)また、中山金杯と同様、京都芝コースの実績も重要なようだ。そんなことも考えながら、こちらも全頭チェックをしてみることとしよう。
1アドマイヤオーラ:京都芝〔3,1,0,0〕。骨折休養明けだが、昨年の2着馬でもあり、軽視は禁物か。(▲)
2マルカシェンク:京都芝〔2,0,0,5〕。マイルCSで0.4秒差の6着だから、ここでは中心か。(◎)
3ヤマニンエマイユ:京都芝〔0,1,0,4〕。新潟、府中向きか。(切)
4コンゴウリキシオー:京都芝〔2,0,0,2〕。逃げ馬の一発というのは怖いが・・・。(切)
5ファリダット:京都芝〔0,1,2,1〕。マイルは長いべ。小人気しているようだから、キルトクール指名。(キ)
6シンボリグラン:京都芝〔1,1,1,1〕。距離延びて一変はあるかも。(×)
7 ショウナンアルバ:京都芝〔0,0,0,1〕。武豊騎乗だし、マイルCSでも着順ほどは負けていないので。(○)
8 タマモサポート:京都芝〔2,0,0,2〕。「キャピタルSを快勝した」というのが売りのようであるが、それがどうしたって言うんだろう。(切)
9 シゲルフセルト:京都芝〔0,0,0,2〕。今年飛躍を期待したい馬ではあるが。(切)
10 アドマイヤスバル:京都芝〔0,0,0,1〕。マイルCS7着。かなり有望ではあるが、東西金杯制覇っちゅうのはちと出来すぎで。(切)
11 ブライトトゥモロー:京都芝〔1,1,3,2〕。「久々でも初戦から力を出せる」ということだが、鞍上が「若い芽を摘む」宣言しているから隣にちょっかい出して終わりってことに。(切)
12 ナスノストローク:京都芝〔1,0,0,5〕。8歳だし、ここでは辛いか。(切)
13 バトルバニヤン:京都芝〔2,0,0,0〕。なんとなくオープン大将の印象が。(切)
14 ホッコーソレソレー:京都芝〔3,3,1,6〕。京都は向いている感じだが、ここ3走17、14、14着じゃぁ買い辛い。(切)
15 エーシンフォワード:京都芝〔2,0,0,0〕。ここで経験を積んで飛躍の年に。(切)
16 ヴィクトリー:京都芝〔1,0,0,1〕。「追われて反応鈍く、攻め量も足りない」ということだし、ここは難しいんだろうが、「わたうま」に登録しちゃったんで、一応応援馬券は。(△)。
2、16の単複、6の複勝。枠連1-1、1-4。ワイド1、2、7BOX。馬単2→7、三連単2→7→1。


キルトクールはファリダット。

その他のレース
中山9R ジュニアC:ここは重賞でも3着にきている4サンカルロといきたいところだが、目の上のタンコブが隣の5メジロチャンプ。いくら兄弟とはいえ、社台とメジロの馬に乗ったらガチンコ勝負だろうから、弟の連勝とみて、5→4の馬単と4-5ワイド。
中山11R サンライズS:鞍上に中舘を迎え、輝きを取り戻してほしい3エイムアットビップに応援馬券。
京都10R 初夢S:母の父「フジ」キセキの「タガ」ノマーシャルが「3枠」に入っているとあらばここは応援馬券か。

にほんブログ村 競馬ブログへ 応援お願いしますm(_ _)m。

| | Comments (0) | TrackBack (8)

January 03, 2009

中山巧者を捜せ 中山金杯

新年の賭け初めということで、大井のふるさとコーナーでばんえいに挑戦も不調。
09banei
抽選会でストラップをゲットできたのがせめてもの慰めか。


中山11R 第58回 中山金杯
中山巧者が強いが、近年は波乱が目立つレース。比較的高齢馬が活躍している。最初の重賞ということなので、全頭チェックをしてみたい。
1アドマイヤフジ:昨年の覇者。中山芝〔1,1,1,3〕。外枠なら絶対と思ったが、生憎内枠に。しかし、今の馬場状態は向いてそうなんで、相手には。(○)
2オペラブラーボ:中山芝〔2,0,1,2〕。重賞ではまだ厳しいか。今後に期待。(切)
3ダイワワイルドボア:中山芝〔2,0,0,3〕。馬場が向くかどうかだが、セントライト記念を勝っているので一応押さえ。(▲)
4マイネルキッツ:中山芝〔0,1,0,5〕。福島記念2着だから平坦向きか。(切)
5キャッチータイトル:中山芝〔2,0,1,3〕。意外と中山巧者。しかし17、15、5、13着の近走では買い辛い。(切)
6 キングストレイル:中山芝〔3,3,0,5〕。藤沢厩舎というのがどうかだが、オールカマー2着だからここなら大威張りか。(◎)
7センカク:中山芝〔1,0,1,7〕。53キロをどこまで活かせるか。穴男騎乗だけに不気味か。(×)
8シャドウゲイト:中山芝〔3,2,0,4〕。一昨年の覇者。しかしその時は53キロ、今回は57.5キロ。厳しいのでは。(切)
9マイネカンナ:中山芝〔0,1,0,3〕。冬場は向かないようで。(切)
10ヤマニンキングリー:中山芝〔0,0,0,1〕。中日新聞杯を制し、好調を維持してそうだが、平坦向きでは。小人気しそうなんでキルトクール指名。(キ)
11ネヴァブション:中山芝〔3,1,2,5〕。2000mは短いか。(切)
12ミヤビランベリ:中山芝は初。休み明けはどうか。(切)
13グラスボンバー:中山芝〔2,4,1,12〕。福島記念で意地をみせたが、ちょっと苦しいか。(切)
14リキッドノーツ:中山芝〔3,4,2,2〕。ここ使って東京新聞杯で期待か。(切)
15アサカディフィート:中山芝〔1,3,0,5〕。5年前の覇者、と言っても11歳じゃあなぁ。(切)
16ダイシングロウ:中山芝は初。「具合がいい」と言うことだが、使ってからか。(切)
6の単複、3、7の複勝。枠連1、2、3BOX。


キルトクールはヤマニンキングリー。

にほんブログ村 競馬ブログへ 応援お願いしますm(_ _)m。

| | Comments (0) | TrackBack (10)

January 02, 2009

謹賀新年&外枠ならアドマイヤフジ・中山金杯

今年も宜しくお願い申し上げます

日曜中山11R 第58回中山金杯
正月開幕週の恒例レース。「1年の計は金杯にあり」と良く言われるものの、本来は古馬重賞レースで飛躍しそうな期待馬を拾い上げる目的があるんだろう。なかなかそうはならない現実もあるようだが・・・。今年は京都と日を分けて開催となる。
有馬記念の外からの伸びを見せられると外枠に入れば川田騎乗のアドマイヤフジに期待ということだろう。あとは、セントライト記念を勝っている明け4歳のダイワワイルドボアあたりか。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« December 2008 | Main | February 2009 »