« もう一丁 京都牝馬S(反省追記) | Main | Good gooder goodest?? 小倉大賞典 »

February 03, 2009

若麒麟、派遣切り、人事院  雲國齊世録(115)

若麒麟解雇
大麻吸引で逮捕された大相撲の若麒麟に対する処分が、退職金の支払い可能な「解雇」となったことに対し、批判が多い。しかしながら、相撲協会が法律の専門家の意見を聞いたうえで、過去とのバランスも考慮して決めたということであり、再発防止委のやくみつる氏が語っていたように「個人的には異論があるが、説明には納得した」という考え方が大人の発想ということになるんだろう。

公務員改革への人事院の「抵抗」
公務員制度改革に絡んで、人事院が有する権限の一部を内閣に移管する問題に関し、労働基本権に関わる問題として人事院が反対している件については、与党の政治家から「人事院総裁は辞任すべき」という声が出ている。公務員はその職務の性質ゆえに労働基本権が制約されており、その代償措置として人事院が機能しているわけであるが、公務員の「級別定数」の決定権まで人事院が握っているのはちとやりすぎということはあるのかもしれない。そうした決定権は内閣に移し、人事院は恣意的な運用がなされていないかのチェックと不当な仕打ちを受けた職員に対する救済の権限を持てばいいのではないだろうか。

「派遣切り」との落差
常用労働者に対する「手厚い」保護と裏腹に、「派遣切り」などは易々と行われている。わが国の雇用体系はこうしたアンバランスがあり、この点を是正しないと国民の中での格差というものは益々増大していくんじゃないだろうか。

|

« もう一丁 京都牝馬S(反省追記) | Main | Good gooder goodest?? 小倉大賞典 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/43948018

Listed below are links to weblogs that reference 若麒麟、派遣切り、人事院  雲國齊世録(115):

» 公務員の年金 [公務員の年金]
公務員の年金は、共済年金となっています。在職中に強制的に加入となりますが、退職後の年金の額が多いのが特徴です。 [Read More]

Tracked on February 04, 2009 at 11:53 PM

« もう一丁 京都牝馬S(反省追記) | Main | Good gooder goodest?? 小倉大賞典 »