« 考えたって分からん きさらぎ賞 | Main | 何故カンパニーは強いか? 中山記念 »

February 16, 2009

エビと共に去りぬ スカーレット引退

昨年のグランプリホースであるダイワスカーレットの引退、繁殖入りがJRAから発表された。フェブラリーS目指した稽古中にエビ(屈腱炎)を発症したのが直接の理由のようだが、「チチカステナンゴ号と交配予定」という記事を読むと、社台の戦略も見え隠れしているようだ。
チチカステナンゴは、社台が7億円で購入したという種牡馬で、父方にカロ、母方にノーザンダンサー、ファビュラスダンサーの名前が見え、日本向きの印象がある。とりわけ、SS系が増えてきた社台の牝馬にとっては、良い感じなんだろうし、ここで最強牝馬に付けることにより、初年度産駒の評価をあげようという思惑が働いても不思議ではない。
陳腐だが、「子供たちに期待」というところか・・・。

|

« 考えたって分からん きさらぎ賞 | Main | 何故カンパニーは強いか? 中山記念 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/44085058

Listed below are links to weblogs that reference エビと共に去りぬ スカーレット引退:

» ダスカ 母の道へ [気の向く馬馬]
今日はこれに尽きる。 ダイワスカーレット号が競走馬登録抹消[JRA] ダイワスカーレット引退 JRAが正式発表[SANSPO.COM] ダイワスカーレット、引退が決定[ラジオNIKKEI] ダイワスカーレットが引退、繁殖入... [Read More]

Tracked on February 16, 2009 at 10:35 PM

» チチカステナンゴ [つよしの日記]
ダイワスカーレット引退決定初年度配合相手はチチカステナンゴ ダイワスカーレットの... [Read More]

Tracked on February 18, 2009 at 02:14 PM

« 考えたって分からん きさらぎ賞 | Main | 何故カンパニーは強いか? 中山記念 »