« 真夏のマイル戦 関屋記念 | Main | 松葉杖パワーで 土曜競馬 »

August 12, 2009

裁判員・ノリピー容疑者 雲國齊世録(119)

初の裁判員判決
初の裁判員制度に基づく判決が出され、求刑の懲役16年に対し、15年という判決が出たそうだ。司法関係者の相場観だと懲役12~13年というとこだとのことなので、「改悛の情」などの情状酌量の余地が少ないと判断されたんだろう。
以前法曹の人と話をしたときに、「日本人はクールじゃないから陪審員制度はなじまない」と言っていたのが印象的だったが、案外冷静に判断をしたということなので、日本人も捨てたもんじゃないと思った。

何故反対するか
裁判員制度に反対する人たちがいるが何故反対しているのか理解できない。いわゆる「なんでも反対屋」なんだろうか?

ノリピー容疑者
ノリピーこと酒井法子容疑者が覚せい剤取締法違反で逮捕された。芸能界の薬物汚染は今に始まった話ではないが、初犯ということで起訴猶予の可能性もあるそうだ。
社会的制裁をどの程度受けているかということが判断基準になるだろう。

|

« 真夏のマイル戦 関屋記念 | Main | 松葉杖パワーで 土曜競馬 »

Comments

ノリピーが歌っている「蒼いうさぎ」という曲がランキング1位になったそうだ。
ねっとでは早速、酒違法子唄「白いクスリ」として出ているようだ。

Posted by: もくに | August 13, 2009 at 08:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/45904159

Listed below are links to weblogs that reference 裁判員・ノリピー容疑者 雲國齊世録(119):

« 真夏のマイル戦 関屋記念 | Main | 松葉杖パワーで 土曜競馬 »