« August 2009 | Main | October 2009 »

September 27, 2009

最後の一冠へ 神戸新聞杯

日航の再建計画が一旦白紙になり、タスクフォースによる検討が始まったそうだ。この会社も言ってみれば3セクのようなものだから、政治・労組・非効率のしがらみを断ち切らないと再建はないだろう。

阪神10R 第57回 神戸新聞杯(GⅡ)
最後の一冠に向けての最終トライアル。2400mになってから本番との関連もさらに増したようだ。このレース自体は、ダービー出走馬、皐月賞連対馬といった春の実績馬が強く、1番人気の信頼度も高い。基本的にはあまり荒れないレースというところか。一方で、今年のダービーはあまりにも特異な状況で行われ、結果がそのまま各馬の実力を反映しているとは考えにくい。そうしたことを踏まえ、全頭チェックをしてみることとしたい。
1 トモロポケット:数少ない「夏の上がり馬」。といっても夏場5戦してようやく勝ち上がるということじゃちょっと厳しいか。(切)
2 アプレザンレーヴ:青葉賞を制し、ダービーは5着。とは言っても春はまだまだ未完成の印象を受けたし、夏越して成長を期待。PO馬だけにここは本命に。(◎)
3 トップカミング:ダービー9着。速い脚に欠ける印象があり、決め手不足か。(切)
4 イコピコ:春はクラシックに出走できなかった。ラジオNIKKEI賞も4着だったし、「上がり馬」とは言いがたい。(切)
5 アンライバルド:半兄フサイチコンコルドも菊花賞3着かぁ。皐月賞馬だし、ダービーの結果は度外視しても良いと思うので、一応チェック必要か。(〇)
6 トップゾーン:クラシック出走組とは力の差がありそう。(切)
7 トライアンフマーチ:皐月賞のようなレースが出来れば馬券にはなるのでは。(▲)
8 アントニオバローズ:相手なりに行ける強味はありそうだが、使ってからの方がよさそう。ここで負けて本番で人気落としてアッといわせてもらえば。(切)
9 ワシャモノタリン:名前の通りここでは「モノタリン」。(切)
10 バアゼルリバー:この馬もクラシック出走組とは差がありそうで。(切)
11 セイウンワンダー:「マイラー」と言われつつもクラシック戦線で良く頑張っている。出るのかどうかは知らんが、菊でどう走るのか楽しみ。(切)
12 レッドシャガーラ:ほぼ唯一の「夏の上がり馬」か。人気なさそうなんで、複勝100円買っておくか。(×)
13 リーチザクラウン:力はある馬ではあるものの、「気持ちひとつの面があるので当日の気配次第」ということだし、ここは「溜め殺し」にして、本番では思い切って逃げるという戦法が良いのでは。ということなので、キルトクール指名。(キ)
14 シェーンヴァルト:札幌記念を使ったのがどう出るか。前走マイナス6キロは不安材料にも思える。(切)
2の単(10)複(1-2)、12の複(9-15)。枠連2-4(14)、2-5(16)、4-5(6)。ワイド2-5(4-5)、2-7(17-18)、5-7(6-7)。三連複2-5-7(41)、三連単2→5→7(293)。


キルトクールはリーチザクラウン。

| | Comments (0) | TrackBack (5)

September 26, 2009

コース巧者 オールカマー

威勢良く「内部告発」をしていたとある官僚が、実は職場に来ていないそうである。おサボりもほどほどにしないといつか罰が当たるのでは。

中山11R 第55回 オールカマー(GⅡ)
「オールカマー」という割には地方からも海外からも参戦せず、ジョークのネタになるセン馬の出走もない。今年はグランプリホースが3頭も出てきて若干華やかな印象がある。
9◎ドリームジャーニーに注目したい。今年宝塚記念を制し久々のGⅠ勝利となった。中山は最初のGⅠ勝ちの舞台でもある。斤量59キロも一瞬の脚を活かし、なんとか克服してくれるだろう。
相手は中山巧者15〇マツリダゴッホ。このレース3連覇が懸かる。逆に言うと今回ダメなら「終わり」かもしれない。剣が峰。
さらに、札幌記念で4着に粘った6▲マンハッタンスカイ。さほど人気もないので、鞍上も気楽に乗れるだろう。
今年一番の上がり馬2シンゲンだが、天皇賞ならともかく、中山がどうか、ここは様子をみたい。
枠連5-8(6)、4-5(13)、4-8(18)。馬単9→15(15)、三連複6-9-15(45)、三連単9→15→6(167)。


キルトクールは7エイシンデピュティ。さすがに15か月ぶりでは難しいだろう。使ってからか。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

秋やなぁ~ 土曜競馬

すっかり秋めいてきたが、鳩山総理が国連で温室効果ガスの25%削減を表明した。産業界は猛反発しているようだが、実は実現可能なんだそうだ。これについては、項を改めて書き記すこととしたい。

中山11R ながつきS:中山ダート千八は速い脚の馬でなくとも克服できるコースとの印象。最内に陣取った1ロールオブザダイスに期待したい。相手は中山3勝の5ゲンパチタキオン。枠連1-3、ワイド1-5。

阪神10R 大阪スポーツ杯:社杯ということで大スポ本紙も気合が入っていることだろう。印通りに6◎オリジナルフェイト、8〇シルクビッグタイム。枠連3-4、ワイド6-8。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 21, 2009

政権交代 エルムS

内閣が曖昧な指示を出したために、官僚の記者会見を巡って霞ヶ関で混乱が起こっているようだ。結局のところ事実関係のブリーフィングや取材については構わないということになったようだが、自民だって民主だって地震は起きるしインフルエンザは流行する、そうしたテクニカルな面は政治家に聞くような話じゃないだろう。

新潟11R 第14回 エルムS(GⅢ)
今年は新潟開催。「広いコース」というイメージとは裏腹に新潟ダートは意外と小回り。そんな中前走でレコード勝ちした15トランセンドが53キロでてくる。レパードSにGがつかなかったための措置のようだが、この斤量では反則臭いものの、砂王に向けて「政権交代」の時期か。大外から前につけるのにちょっと苦労はしそうだが、◎としたい。
相手は、1〇ウォータクティクス。前走の東海Sは16着と大敗したが、距離が長かったんだろう、適距離に戻って巻き返し期待。
さらに、GⅠホース13▲アロンダイトの踏ん張りにも注目したい。
15→10→7着と順位を上げてきている5ドンクールにも愛の手を。
15の単、5の複。枠連1、7、8BOX。三連複1-13-15、三連単15→1→13、15→13→1。ワイド1-13、5-15。

キルトクールはマチカネニホンバレ。厩舎的に・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

September 20, 2009

本番を見据え ローズS

テレビなどで横山富雄元騎手の逝去を悼むコメントがいろいろ出されていたが、その中で「(息子の)ノリちゃんがダービージョッキーになれてよかったね」というものが結構あったのが印象的だった。しかし賀一さんも引退して4年になるのか~。

阪神10R 第27回 ローズS(GⅡ) 1800m
春の上位陣が顔を揃え、打倒ビスタに向けた作戦を練るための舞台といったところか。
その中でも11◎レッドディザイアの優位は動くまい。ブエナがいなければこの馬が2冠を取ってもおかしくないくらいの力はある馬だし、始動戦とはいえ負けられない一戦だろう。お手馬が重なって騎乗してもらえなかった小島茂師も「じっくりとウイズキッドを教育してくれた四位Jは阪神で大切な馬に騎乗しなければいけない」と書いているし、まさにそうなんだろう。
相手筆頭に考えたいのは3〇ワイドサファイア。オークス除外以来だが、「春に比べると精神的にしっかりしてきた印象」ということなので。
三番手に8▲ジェルミナル。「戻ってからは順調」とのことだが、「ここが目一杯の仕上げではない」ということでもあるので。
三連複3-8-11。三連単11→3→8、11→8→3。


キルトクールは9ミクロコスモス。「折り合い次第だけれど」という鞍上のコメントはどうも「引っ掛かる」。

| | Comments (0) | TrackBack (5)

September 19, 2009

菊とは無縁? セントライト記念

酒井ノリピーのネタは相変わらずスポーツ紙を賑わせているが、どうも売れ行きも増大したというのが真相らしい。これも一種の甘い汁か・・・。

中山11R 第63回 セントライト記念(GⅡ)
菊花賞のトライアルではあるが、本番との関連は薄い印象。馬場状態が良いこともあり、先行有利の傾向があり、芝2000m以上で好走歴があった方がいいようだ。こうしたことを踏まえ、全頭チェックをしてみることとした。
1 マサノウイズキッド:ご存知ハート君。小島茂師の ブログによると、「ハートマークだけではないよ!実力も十分!と声高にアピールしたい」ということだが、ちょっと距離が長いのでは。(切)
2 サトノエクスプレス:前走終い32秒台で走ったことと、ハーツクライの近親という血統背景は面白いが、距離実績がないのと中山向きでなさそうなのがマイナスで。(切)
3 ヒカルマイステージ:「うまく前々で運べれば」ということだし、クラスは別にしても掲示板を維持している堅実さは買える。水仙賞の再現を。(△)
4 カルカソンヌ:確か南仏の世界遺産の名前。だからどうしたということではないが。(切)
5 ナリタクリスタル:前に行ける馬なので、一応チェック。(△)
6 ブレイクナイン:人馬とも行けないと脆いが、それだけにギャンブルの要素が高く面白そう。本命に。(◎)
7 パラディーゾ:フラワーパークの仔ならもう少し短い距離の方が良いのでは。(切)
8アムールマルルー:モンジュー産駒が芝がダメということはないと思うので、今回買ってみたい。(〇)
9 ミッキーペトラ:ディープインパクトの近親かぁ。前走でキッカケはつかんだ感じではあるが・・・。(切)
10 ゴールデンチケット:ジャパンDD3着なんだから、ダート路線に向った方がいいのでは。(切)
11 セイクリッドバレー:広いコースの方がいいんでしょうね。(切)
12 アドマイヤメジャー:「折り合いさえつけば最後は確実に切れる」ってことは、掛かるとダメなのか。(切)
13 イグゼキュティヴ:そろそろ公営に戻してあげた方が・・・。(切)
14 フォゲッタブル:ご存知エアグルーヴの仔。こういう馬がクラシックに出てほしいので。(▲)
15 ロードパンサー:ここでは力不足か。(切)
16 トウショウデザート:ロードパンサーに負けてるようじゃなぁ。(切)
17 ナカヤマフェスタ:ダービー4着が高く評価されているが、皐月賞は8着(それでも出走馬中最高順位ではあるが)。この枠だと番手からマクって粘り勝つという競馬は難しそう。人気なので敢えてキルトクール指名。(キ)
18 マッハヴェロシティ:本番では意外なところを見せるかもしれないが、ここでは難しいか。(切)
6の単(51)複(7-11)、5の複(6-9)、8の複(2-4)、14の複(5-7)。枠連2-3(72)、3-4(170)、3-7(108)、4-7(122)。ワイド3-6(41-44)、5-6(131-134)、6-8(229-233)、6-14(148-153)、8-14(125-130)。

キルトクールはナカヤマフェスタ。

| | Comments (0) | TrackBack (7)

3日連続 土曜競馬

民社国政権の陣容が固まった。随所随所にその分野に詳しい人材を置いたということのようだが、今まで追及する側にいたのが、今度は守る側に立つのでそういう意味での方向転換がうまく行くかが見ものだろう。

中山11R セプテンバーS
 シルバーウイーク突入とあって、ひと稼ぎ狙えばよさそうなものを3日連続開催はいいとしても、メインが准オープンでは盛り上がりに欠きそう。
このところ冴えないがこのコースで2勝している4ルルパンブルーの大駆けに期待。4の単複。

新潟11R 十日町特別
新潟得意そうな2テイエムヨカドーに期待。内枠なら大外ブン回す駄乗もないだろう。相手は4ドリームクラウンちゃんか。2の単複、ワイド2-4。

中山9R カンナS:1ノーワンエルスが人気になりそうだが、出遅れ癖は直らない可能性もあり危険な人気馬の匂いが・・・。先行して終いも斬れそうな10タカラハーバーに期待。10の単複、ワイド1-10、6-10。

中山10R 松戸特別:中山2勝している11ステイドリーム中心か。相手はフレンチ産駒3マスターコーク。11の単複、ワイド3-11。

中山12R 3歳上500万下:連闘で変わってくれないか13キングデオキシス。応援馬券。枠連7-8。

新潟10R 小千谷特別:外差し馬場のようなので16ゴールドサクセスの出番か。16の単複。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

September 13, 2009

チャンピオン決定戦 セントウルS

阪神10R 第23回 セントウルS(GⅡ) 
スプリンターズSステップであるとともに、サマースプリント最終戦。
昨年のこのレースを制し、サマーチャンピオンを目指す6◎カノヤザクラ中心でいいだろう。状態もよさそうで。
相手は阪神2勝している。12○マルカフェニックス。マーク王が本領発揮するだろう。
あとはかつてのPO馬1▲アイルラヴァゲイン登場とあらば応援せねば。
6の単複、1の複勝。枠連3-6。ワイド1、6、12BOX。

キルトクールはスリーブレスナイト。ここは叩き台。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

ハンデは枠 京成杯AH

昨晩、「バケツをひっくり返す」ような大雨が降ったが、馬場にはどう影響するんだろうか?

中山11R 第54回 京成杯AH(GⅢ)
秋競馬開幕週を飾るハンデ重賞。とは言っても、中山マイルは内枠有利なコースなので、斤量よりも枠順の方がハンデ要素としては大きいんじゃないだろうか。そうしたことが過去のレースでハンデの重い馬が健闘している一因なんだと思う。
芝のマイル重賞を2勝、中山コースにも強い14◎マイネルスケルツィを中心視したい。「関屋記念はいったんかわされてから踏ん張った。番手を取ってスムーズな競馬ができれば」ということなので、そういう競馬を期待。
相手は内枠に陣取った3〇ザレマ。勝ってはいないものの堅実ではあるので。
あとは上手くマクっていければの5▲エフティマイア。寒くなると良くない馬なので、今のうちに。
14の単複。枠連2-3、2-7、3-7。ワイド3-5、3-14、5-14。


キルトクールはヒカルオオゾラ。鞍上の「中山の1600mはトリッキーなコース。そこがどうか」というコメントが気になるので。

| | Comments (1) | TrackBack (5)

September 12, 2009

小島師に聞け・紫苑S

中山11R 紫苑ステークス OP
毎週、自厩舎の出走馬の状況について詳細に書いてくれている小島茂師のブログ。このレースに出てくる8◎ピースエンブレムについても一番知りたいことは、「芝適性はどうか」ということと「何故この鞍上なのか」と言う点だろうが、そこについてもきちんと解説を加えている。詳細は師のブログを参照していただきたいが、ここは、応援馬券を買っておきたい。
あとはオークス6着の7デリキットピースと中山のフラワーCを制している9 ヴィーヴァヴォドカ。枠連4-5、ワイド7、8、9BOX。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2009

秋競馬開幕 朝日CC

今日、久しぶりに7時を過ぎたら惣菜が半額になる負け組御用達の食品売場に行ったら、同じように「メタボ系惣菜」を買っていた白人のじいさんがいた。その人も同じバスに乗り込んだが、席につくときに「ドッコイショ」と言って座っていた。そういう科白が白人から出てくるとは思わなかったので、ちょっとビックリ。

阪神10R 第60回朝日CC(GⅢ)
秋競馬の開幕を飾る重賞。過去10年で一番人気が6勝と比較的堅いが、紐荒れ傾向で配当は少し高いのが特徴のレース。
関屋記念を叩いてここに臨む皐月賞馬6◎キャプテントゥーレに期待していいだろう。調教もよさそうで。
相手は昨年2着の8○トーホウアラン。乗り込みも豊富なようで。
さらに、古馬と初対決も53キロならの11▲ブレイクランアウト。
枠連3、4、6BOX。ワイド6、8、11BOX。三連複6-8-11。三連単6→8→11。


キルトクールはアルコセニョーラ。福島専科のようで。

| | Comments (1) | TrackBack (8)

September 06, 2009

次に強い馬 小倉2歳Sほか

札幌2歳Sで、クビ差で「雲國齊の野望」を打ち砕いてくれた稔さんだが、なんでこんな処に乗ってるんかと思ったら、現在期間限定でホッカイドウ競馬に騎乗しているんだそうだ。

小倉10R 第29回 小倉2歳S(GⅢ)
この距離で今回のメンバーより明らかに強いと思われるカレンナホホエミ、エーシンホワイティが出ていない。ということで、この2頭との比較対照で次に強そうな馬を狙えば良いんじゃないだろうか。
カレンナホホエミと新馬戦で0.1秒差だった10◎パリスドールを中心視したい。一応唯一の2勝馬でもあるし。
相手は、レコード勝ちのエーシンホワイティと0.1秒差だった11〇サリエル。調教もよさそうで。さらに、前走でカレンナホホエミと0.4秒差はついたものの馬券圏内は確保した2▲オレンジティアラ。
10の単(23)複(4-6)。枠連2-6(5)、6-6(42)。ワイド2-10(16-17)、2-11(4-4)、10-11(13-14)。三連複2-10-11(100)。


キルトクールはジュエルオブナイル。隣がパパだと乗りにくいのでは。


札幌9R 日経OP:ここは11ホクトスルタンに頑張ってほしいところだが、稔さんの4マンハッタンスカイが粘りそう。枠連3-7、ワイド4-11。

| | Comments (1) | TrackBack (8)

September 05, 2009

新馬戦の態様で 新潟2歳S

民主党政権の骨格が固まってきたようだ。既に官房長官には鳩山側近の平野氏の起用が決まり、菅氏の国家戦略局担当相(従来の経済財政担当か)、岡田氏の外相、藤井氏の財務相も内定し、直嶋政調会長を経済産業相に起用するようだ。社民、国民からも1ポスト出すということで、社民が福島党首なら消費者・少子化担当相、国民新党は郵政民営化凍結を担当する総務相という感じなんだろう。他に前原、仙石、枝野、野田、長妻各氏の起用も取り沙汰されているようだ。

新潟11R 第29回 新潟2歳S(GⅢ)
2歳重賞の攻め方はいろいろあると思うが、今回考えてみたいのが新馬戦の態様である。態様といっても、①一番人気で勝ったかどうか、②差が0.7秒以上あったかどうか、③距離が千四~マイルかどうか。という点である。これらの要件を選んだ理由としては、①は人気になるということは血統なり調教が良かったということで、その実力を遺憾なく発揮できるという能力を評価したということ、②はまさに力の差を見せているということ、③は距離適性を見ているということである。
出走馬のうち、一番人気で新馬戦を勝ったのは5頭。差が0.7秒以上あったのは2頭。距離が千四~マイルだったのは9頭である。
これらの3つの条件をいずれもクリアしている馬が1頭だけいる。それが、16◎ギュンターである。
そして2つ満足する馬が2頭。18○ラジャポネーズと4▲サトノディライト。この2頭を比較するとやはり0.7秒差をつけた前者の評価が高いだろう。
唯一の2勝馬14△プリンセスメモリーもマイルは長いかもしれないが侮るのは危険で。
16の単(14)複(4-6)、4(4-7)、18(6-8)の複勝。枠連2-8(64)、7-8(15)、8-8(62)。ワイド4-16(76-79)、4-18(181-183)、14-16(23-24)、16-18(63-65)。


キルトクールはシンメイフジ。母父ティンバーというのが芝のマイル戦じゃちょっと。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

ポップコーン次第 札幌2歳Sほか

しかし、いくら変則開催とはいえ、同じ週に2歳重賞を3つ行うのは如何なものだろうか。新潟は次の開催もあるんだから、2週後あたりにやった方がよかったんじゃないだろうか。

札幌9R 第44回 札幌2歳S(GⅢ)
調教はひと息のようだが、オープン勝ちは侮れない3◎サンディエゴシチーを中心に考えたい。「距離が延びていいタイプ」ということのようだし。
相手には前走終い33秒台で差し切った9〇アーバンウィナー。
さらに、千八の持ち時計が一番良い6▲マイネアロマにも注目したい。
気になるのが、クローバー賞2着の14ポップコーンの取捨。大外から終い活かす競馬なら善戦するだろうが、多頭数でゴチャついたりするとインターフェアを取られかねない鞍上なんで、まぁオッズ次第か。
3の単勝。6、9、14の複勝。枠連3-4、3-6、3-8。

キルトクールはベビーネイル。計画的に仕上げられない厩舎なんで・・・。

新潟11R BSN賞
昔は日曜日にBSNで競馬中継をやっていたが、ネットのねじれ解消の意味で土曜になったんか。ここは良血13ダイワディライトの連勝に期待したい。
相手妙味は4タマモホットプレイか。

| | Comments (2) | TrackBack (8)

« August 2009 | Main | October 2009 »