« March 2010 | Main | May 2010 »

April 30, 2010

18分の2 青葉賞


ブログネタ: あなたはボケ役? それともツッコミ役?参加数拍手

仕事の時はボケ。ツイッターではもっぱらツッコミww

東京11R 第17回 青葉賞(GⅡ)
ダービートライアル。指定オープン時代も含めて過去26回の勝ち馬は本番で〔0,5,2,18〕、2着馬は〔0,1,0,22〕。こういう結果では今年から優先出走が2頭に減らされた理由も分かろうというものだ。さはさりながら、過去10年の勝者では、シンボリクリスエス、ゼンノロブロイ、アドマイヤメインの3頭が本番で2着。フルゲートの激戦となったが、金曜発売では、2ペルーサが単勝1.4倍と断然人気のようだ。
13◎レッドスパークル(26.4)に期待したい。皐月賞も着順ほどは負けておらず、このメンバーの中では上位に位置するのではないか。
相手は、良血5〇トゥザグローリー(5.0)。「必ずや将来は厩舎を背負って立つ存在になる」ということなので。
若葉Sで下した相手が皐月賞2着とあらば、人気になるのは当然のように思われる2▲ペルーサであるが、計画的な仕上げのできない厩舎ということで過信は禁物。

13の単複。枠連1、3、7BOX。ワイド2、5、13BOX。三連複2-5-13。

キルトクールはミッションモード。速い脚に欠ける印象で、好天が予想される馬場では合わないだろう。

| | Comments (1) | TrackBack (10)

April 29, 2010

混戦ムード 天皇賞・春レーティング


ブログネタ: 朝型ですか? 夜型ですか?参加数拍手

夜はすぐ眠くなっちゃうんでやはり朝型だなぁ。

JRAから天皇賞・春のプレレーティングが発表された。
122L(有馬記念1着)と抜群のレーティングを出していたドリームジャーニーの回避で、トップに躍り出たのは118L(香港ヴァーズ4着、京都記念2着)のジャガーメイル。
次いで、117E&L(天皇賞・春1着、日経賞1着)のマイネルキッツ、115Lのエアシェイディ、フォゲッタブル(有馬記念3、4着など)の順となっている。
ホクトスルタンでも114L(京都記念4着)ついており、意外と混戦ムードのようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 25, 2010

オレの予想 アンタレスS


ブログネタ: 新人時代の失敗談を教えて!参加数拍手

失敗なんて山のようにやったから覚えちゃいないなぁ。ただ、同じ失敗を繰り返さないように気をつけていることは確か。
心の余裕がなくなると失敗し易くなるというのも一面の真実のように思う。

京都10R 第15回 アンタレスS(GⅢ)
コーナー四つ回るダートの重賞。器用さが要求されるということになるだろう。過去10年で1番人気は5連対だが、前走の成績が重要なようだ。
平安S2着の11◎ダイシンオレンジに期待したい。京都コースは向いているようだし、人気の盲点になっている印象。
相手は、これも京都巧者(4勝)の14○ダイショウジェット。GⅠでも格好はつけていた風もあり。
あとは、前に行ければ一発ありそうな2▲ウォータクティクス。鞍上も不気味、頭もあり。
人気の12△トランセンドも56キロは有利で切れず。

11の単複、2の単勝。枠連2-6、2-8、6-8、6-7。ワイド2、11、14BOX。三連複2、11、12、14BOX。

キルトクールはシルクメビウス。調教がチグハグだったようで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2010

内外注意 フローラS


ブログネタ: あなたはコーヒー派? 紅茶派?参加数拍手

コーヒーか紅茶かといわれればコーヒーを飲むことが多いナァ。紅茶を飲むとしてもレモンティーでなくミルクティーだなぁ。


東京11R 第45回 フローラS(GⅡ)
オークストライアル。青葉賞は2着以内になってしまったが、こちらは3着以内に入れば本番に優先出走できる。これもテレ東とCXの力の差? 桜花賞から中1週のため、桜花賞に出られず、ここで権利取りを狙う馬の出走が多くなっているようだ。ステップの主力はフラワーC組だが、今回はディアアレトゥーサが取り消したので2頭。といっても3、4着馬なので軽視はできない。過去10年のデータでは、1800m以上の距離経験、前走5着以内という好調維持が重要なようだ。
また、府中2000mは内枠先行馬有利といわれているが、スタートしてすぐカーブとなるので、ごちゃついて外枠の馬が後ろに位置することが多く、3角で前に行くときに脚を使ってしまって、最後の直線で止まることが多い。そうしたことも踏まえ、トライアルということでもあるので、全頭チェックをしてみることとしよう。
1 メイショウスズラン:ちょっとここでは力不足の印象。(切)
2 アスカトップレディ:未勝利勝ったばかりだしいずれは強くなってくるのかもしれないが、現時点では未知数か。(切)
3 ベストクルーズ:千代田牧場は今年の新馬で注目したいので、前祝的に注目。松田博師が「前向きな気性が東京でどうか」と言っているのがちと気になるが内枠活かして粘るか。(◎)
4 メジロジェニファー:今3歳のメジロさんのネーミングポリシーは「大統領夫人」ということなんだろうか。(切)
5 アグネスワルツ:「調教の動きからダート向きかと思った」というのには笑ったが、距離がどうかだろうなぁ。(切)
6 ディアアレトゥーサ:残念ながら出走取り消し。
7 マイネアロマ:母父トニービンだから府中は向くかもしれんがなぁ、重賞大敗しているんで難しいか。(切)
8 フラムドール:君子蘭賞2着というのは良いと思うし、人気なさそうだから穴に一考か。(△)
9 ディミータ:強調点に乏しい印象。(切)
10 トシザマキ:デュランダル産駒だから二千は長いのでは。(切)
11 マシュケナーダ:福永騎乗だからセコく捌いて3着はあるかも。モンテクリスエスの下だし、軽視は禁物。(▲)
12 トレジャーチェスト:東スポの鞍上の連載ものにこの馬についての言及が一切なかったのは何故?(切)
13 アマファソン:「展開次第やろ」と陣営が言っているようだが、ちと向かない予感が。 (切)
14 ブルーミングアレー:「本当に良くなるのは秋」ということだし、長い目で見て生きたい。そこそこ人気しているし、今回はキルトクール指名。(キ)
15 サンテミリオン:フラワーC3着だし、ここでも力をみせるだろう。大外ということで少し評価をさげた。(○)
16 オルレアンノオトメ:スタミナはありそうだが、重賞では力不足の印象で。(切)
3の単、8、11の複。枠連2-6、2-8。ワイド3、8、11、15BOX。

キルトクールはブルーミングアレー。

| | Comments (1) | TrackBack (8)

みちのく女闘 福島牝馬S


ブログネタ: 血液型、何型っぽいと言われる?参加数拍手

血液型で性格を占ったりすることをやっているのは世界で日本だけだそうだ。ほぼ間違えなく遺伝なんだから、親の性格を受け継いでいるってのが正解なのでは。でも馬でも親とは性格が正反対の馬っているようだし、一概にはいえないんか。いずれにしても酒場の与太話だろう。

福島11R 第7回 福島牝馬S(GⅢ)
マルパパ戦から牝馬限定戦に模様替えして7年目。ヴィクトリアマイルを視野に入れたような有力牝馬も集まったが、中山牝馬Sの再戦ムードという印象もある。過去は別定戦の割りにハンデ戦のような荒れ様。また、悪天候で馬場も良くないとみて、ダート実績も重視して考えたい。
1◎チェレブリタに期待したい。ここ3走芝・ダート不問で重賞掲示板。好調維持しているようだし、福島でも条件戦ながら1勝している。
相手は中山牝馬S2着の4〇ウェディングフジコ。この馬もここ3走芝・ダート不問で重賞掲示板。調教もよさそうで。
あとは、前走馬群を捌ききれず4着だったが、7枠ならば大丈夫の13▲コロンバスサークルと56キロがどうかの前年の覇者16△ブラボーデイジー。
1の単。枠連1-2、1-7、1-8、2-7。三連複1、4、13、16BOX。

キルトクールはレジネッタ。鞍上と合わないのでは。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

April 23, 2010

まずは東西メイン 土曜競馬


ブログネタ: 納豆には何を入れますか?参加数拍手

納豆にネギと辛子は必需品だよなぁ。よ~くかきまぜて、とろーりとさせて食べると最高。

東京11R メトロポリタンS
2400mのオープン特別。ディープの愚弟3◎ニュービギニングに期待したい。51キロならなんとかなるのでは。
相手は東京巧者(6勝)の1トウショウウェィヴ。

京都10R オーストラリアT
こちらは電撃の6ハロンのオープン特別。重賞で掲示板が続く17◎シンボリグランの好調維持に賭けたい。
相手は軽量の11ストリートスタイル。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2010

「速い馬」じゃなくとも 皐月賞


ブログネタ: チョコレートといえば?参加数拍手

国産品は甘すぎてなぁ。ビターの効いたやつじゃないと・・・

中山11R 第70回 皐月賞(GⅠ)
牡馬クラシック第一戦。「速い馬が勝つ」と言われているが、トライアル、特に弥生賞では少頭数のスローペース、逆に本番では流れが厳しくなり、この流れを克服できた馬が勝つという意味ではないだろうか。一方で、過去10年の連対馬の前走は弥生賞7頭、スプリングS8頭、若葉S4頭とまさに「トライアル」としての価値は高い。また、中山芝コースの経験や芝で2勝以上の実績も重要なようだ。1番人気は5連対とまずますでどちらかと言うと前々に付けた馬が良いようだ。
JRAメルマガのインタビューは、ヴィクトワールピサ号・角居勝彦師、エイシンアポロン号・池添謙一騎手、ハンソデバンド号・尾形充弘師、ローズキングダム号・小牧太騎手の4氏。こうしたことを踏まえ、恒例の全頭チェックをしてみることとしよう。
1 リルダヴァル:毎日杯3着だが、一番成長すべき時期に骨折したりしてどうなのか、素質は高いことは間違いないし、18番目で出られたという運もあるが・・・。Hペースのレース経験がないのもマイナス材料だろう。(切)
2 ハンソデバンド:サッカー選手のファイトにあやかって命名されたそうだが、折り合いに課題があるようだし、母の父がアフリートってのもなぁ。(切)
3 トーセンアレス:トーセンさんがクラシック乗せてきても当然なんだろうけど、いかんせんダート馬だよなぁ。(切)
4 ネオヴァンドーム:きさらぎ賞勝ちだから、力はあるんだろうが、母父トニービンだから府中の方がいいんじゃないだろうか。(切)
5 ローズキングダム:薔薇一族悲願のクラシック制覇を目指すが、ちんこい馬だし、初の57キロで坂が堪えるんじゃないだろうか。2歳王者ではあるもののキルトクール指名してしまおう。(キ)
6 ゲシュタルト:追い切りでゲシュタルト崩壊しかけたみたいだなぁ。馬場は向きそうだが、距離がどうなのか。(切)
7 レッドスパークル:トライアルを経験していないが、すみれS勝ちというのがなんとなく匂う。(〇)
8 バーディバーディ:芝で勝ってないんだよなぁ。JDD目指すのが普通でしょ。(切)
9 サンディエゴシチー:乗り難しい馬という印象。巻き返しは厳しいか。(切)
10 シャイン:坂で止まりそう。(切)
11 エイシンフラッシュ:京成杯の後使えなかったのが誤算か。(切)
12 エイシンアポロン:弥生賞も朝日杯も2着というのは堅実。その後も順調のようだし、馬券の軸としては妥当か。(◎)
13 ヴィクトワールピサ:弥生賞も勝ち、順調すぎるのが却って難点か。馬券の対象としては消せないが、少し評価を下げてみたい。(▲)
14 レーヴドリアン:青葉賞で活躍を期待したいところ。(切)
15 ダイワファルコン:皐月賞馬ダイワメジャーの甥かぁ。血統的には問題ないし、弥生賞で出走権取って出てくるとこなんか本番向きという印象はあるが・・・。(切)
16 ヒルノダムール:若葉Sはなかなか良いレースではなかったろうか。この鞍上だから大外ブン回すと来ないが、一応押さえておきたい。(△)
17 ガルボ:シンザン記念1着だしNHKマイルCに行くべきだろう。(切)
18 アリゼオ:スプリングSはヌボっと逃げられたが、ここじゃどうなんだろうか。(切)

12の単複、7の複勝。枠連4-6,4-7、6-7,6-8、7-8。ワイド7-12、7-13、12-13、12-16、13-16。三連複7、12、13、16BOX。

キルトクールはローズキングダム。

| | Comments (4) | TrackBack (11)

安田への道 マイラーズC


ブログネタ: お茶漬けは、何茶漬けが好き?参加数拍手

やっぱり鮭茶漬けなんだろうが、最近お茶漬け自体ほとんど食べないなぁ。
ご飯に汁かけて食べるのあんまり好きじゃないからなぁ。

阪神10R 第41回 マイラーズカップ(GⅡ)
安田記念に向けた西のステップレースということなんだろうが、豪華メンバーが揃った。過去10年で1番人気は7連対の一方で、紐荒れは結構あるようで、1、2番人気の決着は06年のダイワメジャー-ダンスインザムードしかない。
12◎キャプテントゥーレの巻き返しに期待したい。「前走は距離が長かったし、冬毛も出ていた」ということで。GIホースの貫禄を見せてくれるだろう。
相手には9〇スマイルジャック。前走六甲Sで復調を示したし、体調面は良好なようで。
あとは、出遅れた前走は目を瞑って、適距離を使ってまずまずの2▲トライアンフマーチと忘れた頃の一発がある17×マルカシェンク。

キルトクールはスーパーホーネットとリーチザクラウンの豪華2頭出し。砂のGⅠを馬鹿にしすぎる。

| | Comments (1) | TrackBack (2)

April 16, 2010

もう買った 中山グランドJ


ブログネタ: 女性専用車両は必要?参加数拍手

競馬に牝馬のレースがあるんだから、通勤競争に女性専用車両があってもいいんじゃないの。痴漢冤罪を無くす意味でも重要な気がする。

中山11R 第12回 中山グランドJ(J・GⅠ)
金曜発売をしていたので、思わず買ってしまったよ。前走平場使ったのが豪州的ともいえるが、昨年の大障害2着だった7◎メルシーエイタイムで磐石か。相手は昨年の大障害も落馬前までは順調だった5テイエムトッパズレ、親子2代制覇の期待がかかる9オープンガーデン、ステップのペガサスJSを制した14バシケーン。7の1頭軸の三連複と7以外の3頭のワイドBOX。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 14, 2010

3強ムード? 皐月賞レーティング


ブログネタ: 何曜日が好き?参加数拍手

勿論競馬をやってる土曜と日曜。

JRAから皐月賞のプレレーティングが発表された。
それによると、トップは朝日杯フューチュリティS1着のローズキングダムで114M。次いで、弥生賞1着ヴィクトワールピサの112I、弥生賞2着エイシンアポロンの111I(朝日杯でも111M)。
110を超えるのはこの3頭のみで、あとはスプリングS1着アリゼオ109M、共同通信杯1着ハンソデバンド108Mと続いている。
数字的には3強ムードと言ってもいいのかもしれない。しかし、第1回特別登録頭数1,654頭、第2回特別登録頭数783頭ときて、第3回特別登録は23頭。まさに「淘汰」という印象だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2010

鳥より花 桜花賞


ブログネタ: ファストフード店のフライドポテト、どこのが好き?参加数拍手

どこのフライドポテトというよりも、ハインツのマスタード付けて食べるのが最高だと思う。

阪神10R 第70回 桜花賞(GⅠ)
牝馬クラシック第一弾。ステップとしては、チューリップ賞組が過去10年で9連対と一番良いようだ。また、外回りコースに移ってから、過去3年の優勝馬はいずれも1度は芝1600mで勝っていた。JRAメルマガのインタビューはアニメイトバイオ号・牧光二師、アパパネ号・国枝栄師、アプリコットフィズ号・小島太師、オウケンサクラ号・音秀孝無秀孝師の4名。こうしたことを踏まえ、恒例の全頭チェックを試みることとしよう。( )は前日最終単勝オッズ
1ショウリュウムーン(10):チューリップ賞を制したのはベネフィット大であるが、馬場や展開が向いていたという印象もある。陣営も「相手は強い」なんて言ってるみたいだし、むしろオークスの方が期待できるか。(切)
2ギンザボナンザ(24):「中山とか東京への輸送でも体重が結構減ります」ということで、アネモネS1着後、早めに栗東に入厩したようだ。祖母がアドラーブルなら、これもオークス向きか。(切)
3アプリコットフィズ(5):「先行力があり、好位に直ぐに取り付け、GOサインを送れば鋭く反応してくれる」という陣営の言葉を鵜呑みにすれば、まさに桜花賞向きって感じがするなぁ。鞍上もノリノリだし無視はできない。(▲)
4コスモネモシン(18):フラワーC2着。母の父シングスピールだからこれもオークス期待か。(切)
5モトヒメ(116):マイルはちと長いんだろうなぁ。(切)
6ワイルドラズベリー(38):「前走は引っ掛かった」ということだし、「前に壁を作れれば弾けそうな感じ」という競馬が出来れば理想的なんだろうけど、弾ける前に弾かれそうで。(切)
7タガノエリザベート(18):すみれSから来たってことでフサイチコンコルドを思い出す向きもいそうだが、別に勝っちゃいないんで。(切)
8オウケンサクラ(11):「使い詰めで上積みはない」ことはわかりきっているが、終い34秒台の脚が使えるし、ここ4年で3勝している鞍上にも期待して。 (◎)
9アパパネ(3):チューリップ賞使って上積みはあるだろうし、「内外の馬の出方を見ながら壁ができる」という好枠にも恵まれたが、鞍上がリスクファクターって気がしてならない。アッサリ勝っちゃうかもしれんけど。(△)
10レディアルバローザ(37):掲示板外していないという堅実さはあるようだが、勝ち味も遅いみたいで。(切)
11 エーシンリターンズ(24):3着王騎乗かぁ。クラシックでチャンスがあるとすればここなんだろうけど。(切)
12 ステラリード(107):早熟の短距離馬ってことになりそうだなぁ。夏場にどれだけ復活できるか。(切)
13 アニメイトバイオ(12):アネモネSで負けてるようじゃなぁ。(切)
14 ジュエルオブナイル(119):マイルは長いし、ここじゃ少し力不足みたいだし。(切)
15 サウンドバリアー(30):フィリーズレビュー勝ってこれだけ人気ないのも却っておいしい感じで。 (〇)
16 ラナンキュラス(13):桜花賞の母子制覇はいないってことは、それだけ難しいんだろう。そこそこ人気してるようなので、キルトクール指名。(キ)
17 シンメイフジ(10):「ゲートがうまくない」というのがどうなんだか。(切)
18 プリンセスメモリー(51):「終い300mまで、いかに鞍上とケンカしないで進められるか」ってどういうことだろう?(切)
8の単複、15の複勝。枠連2-4(20)、4-5(12)、4-7(32)、2-7(19)。ワイド3-8(12-13)、8-9(6-7)。三連複3-8-9(24)、3-8-15(774)、3-9-15(174)、8-9-15(285)。

キルトクールはラナンキュラス。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

小島師に聞け  阪神牝馬S


ブログネタ: 自分のこと、何て呼ぶ?参加数拍手

雲國の主だから朕だったりして( ̄▽ ̄)

阪神10R 第53回 阪神牝馬S(GⅡ)
今年のヴィクトリアMはドバイ帰りの2頭のいわば「帰朝報告会」となることが予想されるだけに、その前哨戦となるこのレースも相手捜しの上で参考になるだろう。
となると気になるのは、このレースに11プロヴィナージュを出走させる小島茂師のブログ
それによると、「あまりの好時計」、「本番への出走権を確実なものにする為にも力の入る一戦となる」と力強い言葉が並ぶ。ここは黙って◎応援馬券。
相手は、これまで8戦8連対、1400mも2戦2連対している〇17ラドラーダ。あのレディブロンドの子というのも血統的興味深く。
さらに、前走阪急杯2着の9▲ワンカラット。
穴馬に善臣先生が仁川まで乗りにいく10×デリキットピース。
11の単複、10の複勝。枠連5、6、8BOX。ワイド9、11、17BOX。

キルトクールはトールポピー。早く繁殖上げてやりなよ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

PO馬に期待 ニュージーランドT


ブログネタ: “二代目・二世”と聞いて思い浮かぶ タレント・政治家・有名人は?参加数拍手

二世っていうとまずドリーファンクジュニアとかサミーデービスジュニアっていう名前が浮かんでしまうのは何故?
血統ってのは大事だなぁ。

中山11R 第28回 ニュージーランドT(GⅡ)
NHKマイルCのトライアルレースであるが、本番との関連は薄い印象。これは中山マイルと府中マイルの特性の違いによるところが大きいだろう。過去10年で1番人気は6連対だが、馬連万馬券が3回とかなり荒れている。重賞好走経験があり、前走掲示板という馬に注意が必要なようだ。しかも、今年は有力2騎が不利な8枠に入った。
PO馬、といってもPOGに参加しているわけではないし、最近はグリーン軍団の馬を中心に「一緒に応援する」という感じではあるものの、2歳戦スタート前に「この馬」と注目しておいた馬が重賞に出てくるのは嬉しいもんだ。今年の指名馬の中で唯一重賞に駒を進めている◎10エーシンホワイティに期待したい。前走は重賞のファルコンS1着。1200mのスペシャリストという印象もあるが、朝日杯でも3着馬とは0.4秒差と大負けはしていないように、小回りなら千六でも通用するんだろう。
相手はその朝日杯3着馬6〇ダイワバーバリアン。弥生賞でも惜しい4着だったし、中山向きの印象。
さらに、人気の盲点になりそうな2▲ツルマルジュピター。
10の単複。枠連1、3、5BOX。ワイド2、6、10BOX。三連複2-6-10。


キルトクールはコスモセンサー。マイルは向いているが、8枠じゃ不利でしょう。


| | Comments (0) | TrackBack (6)

April 07, 2010

レースレベルをみる 桜花賞レーティング


ブログネタ: 2010年春♪ もうお花見した?参加数拍手

もう行ってきたというよりは、歩いている途中で咲いていたので見たというのが正解か。
ということで桜花賞ネタ。

JRAから桜花賞のプレレーティングが発表された。
それによると、トップは昨年の阪神JF1着アパパネの108M。次いで同2着アニメイトバイオが107M。三番手はチューリップ賞1着ショウリュウムーンで106M、さらに、フィリーズレビュー1着サウンドバリアーと阪神ジュベナイルフィリーズ3着ベストクルーズが105Mで並んでいる。
クイーンC1着のアプリコットフィズとフラワーC1着のオウケンサクラはともに104Mでその次。アネモネS1着ギンザボナンザはさらに下がって103M。
ステップ競走のレースレベルをみる良い指標になりそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2010

相手同士 大阪杯


ブログネタ: 電車で隣の席の人が爆睡して寄りかかってきた。どうする?参加数拍手

折角の機会なのでこちらも寄りかかってあげて寄りかかり合戦をすれば相手は間違いなく起きる。

阪神10R 第54回 大阪杯(GⅡ)
天皇賞を睨んだGⅡであるが、1頭除くと次は新潟大賞典かという馬が揃った印象。8◎ドリームジャーニーの優位は動かないだろうから、馬券の対象になりそうな残り2頭を選んで、このワイドで勝負するのが合理的という印象。
過去10年の連対馬20頭中16頭が重賞勝ち馬ということだが、今年の出走馬のうち、重賞勝ちのあるのは、3ヤマニンキングリー、4ホッコーパドゥシャ、5タスカータソルテ、7シェーンヴァルト、9サクラオリオンの5頭。これに中山記念2着の11テイエムアンコールを加えた6頭を検討の対象としよう。( )は前日最終複勝オッズ。
3ヤマニンキングリー(3-19):札幌記念に勝ってから後、戦績がひと息のうえ、鼻出血もあったりしてどうなんだろうか。(切)
4ホッコーパドゥシャ(5-37):前走3着だが、重賞実績は平坦小回り中心。ただ阪神も2勝しており、不得手とはいえない。「しっかりと乗り込んで仕上がりもいい」ということでちょっと期待。(▲)
5タスカータソルテ(3-21):中京記念2着が微妙なところ。阪神実績ないので。(切)
7シェーンヴァルト(3-17):オープン大将になりそうな予感。今回はキルトクール指名・(キ)
9サクラオリオン(11-78):阪神実績はないが、3着王騎乗ということで、もしかしたら 。(△)
11テイエムアンコール(3-20):中山記念2着ということと、この時期の馬場が合いそうなオペラハウス産駒に期待。(〇)
ワイド4-9(83-89)、4-11(19-22)、9-11(53-60)。三連単8→11→4(67)、8→11→9(253)。枠連6-8。9の複勝。

キルトクールはシェーンヴァルト。

| | Comments (0) | TrackBack (5)

April 03, 2010

トラックバイアスに注意 ダービー卿CT


ブログネタ: 家庭菜園、やってますか?参加数拍手

カミサンがやっている。時々高価な野菜ってのが食卓に出てくる。


中山11R 第42回ダービー卿CT(GⅢ)
マイルのハンデ重賞。中山1600mは内枠有利というのは定説。トラックバイアスに注意したい。過去10年で1番人気は1連対のみと荒れる傾向にあり、東風S組と東京新聞杯組を中心とした前走もマイル戦を走っていた馬が強いようだ。
7◎ショウワモダンに期待したい。東風S3着。速い脚がないので時計のかかる今の中山の馬場は合うだろう。動きも良いようで。
相手は昨年の覇者。4○タケミカヅチ。久々だが、「追ってからの反応が良く、8分以上のデキ」ということで。
さらに、東京新聞杯4着、東風S2着の8▲マイネルファルケ。「相変わらず具合がいい」というのも魅力。
7の単(16)複(3-5)。4の複勝。枠連2-4(10)、4-4(24)。ワイド4-7(21-22)、4-8(15-16)、7-8(7-8)。三連複4-7-8(151)。( )は前日最終オッズ。


キルトクールはフィフスペトル。大外は厳しいだろうし、「今は現状の力がどんなものか見極めている段階」ということなので。

| | Comments (0) | TrackBack (8)

April 02, 2010

鉄砲期待 コーラルSほか


ブログネタ: エイプリルフール、だました? だまされた?参加数拍手

ネタ考えているうちに4月2日になっちゃたなぁ。

阪神10R コーラルステークス(OP)
無敗の5連勝を目指すナムラタイタンに注目が集まるが、毎日杯以来1年ぶりとなる、しかも初ダートの2ダブルウェッジに期待したい。阪神2勝セイクリムズンも侮れず。
2の応援馬券。枠連1-3。

中山11R 船橋S
中山千二では崩れない8ベイリングボーイ。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« March 2010 | Main | May 2010 »