« May 2010 | Main | July 2010 »

June 28, 2010

トーナメント1回戦 パラグアイ有利か

英国のブックメーカー、ウイリアムヒル社のオッズによると、29日に行われるトーナメント1回戦パラグアイ対日本戦は、90分モードではパラグアイ勝ち11/10(2.1倍) 、引き分け2/1(3倍)、日本勝ち3/1(4倍)とパラグアイ有利の判定、準々決勝進出チーム予想についてもパラグアイ4/7(1.5倍)、日本5/4(2.2倍)とパラグアイ優勢の様だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 27, 2010

キルトクール決定 宝塚記念

阪神10R 第51回 宝塚記念(GⅠ)
2 アーネストリー、4 スマートギア、8 ブエナビスタ、9 ロジユニヴァース、10 ジャガーメイル、18 ドリームジャーニーの6頭に絞ったところで、更に検討を進めていくこととしよう。JRAメルマガのインタビューは、ジャガーメイル号・ウィリアムズ騎手、ドリームジャーニー号・池江泰寿師、ブエナビスタ号・松田博資師、ロジユニヴァース号・萩原清師の4名。過去のデータをみると、過去10年の勝ち馬のうち、9頭が天皇賞(春)、安田記念、金鯱賞の3レースのどれかをステップにしているうえに、連対20頭すべて前走がGIかGⅡ。1番人気は6連対、特に4、5歳馬の信頼度は高い。
ということから考えて、勝つのは10◎ジャガーメイル。鞍上とも手が合う印象で、今後は世界を舞台に飛躍してほしいもの。
相手は、8〇ブエナビスタ。本調子ではない懸念が残るものの、前走のように力でねじ伏せる公算大。
3番手は、9▲ロジユニヴァース。馬場がこの馬向きになりそう。
2△アーネストリーも前に行くだけに、残り目は否定できない。
4 スマートギアは複勝100円要員に。
10の単勝。枠連4-5、5-5、1-5、1-4。ワイド・三連複2、8、9、10BOX。
4、11の複勝。


キルトクールはドリームジャーニー。チンコイ馬だけに、馬場悪化で58キロは辛いのでは。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (3)

June 26, 2010

まずは全頭チェック 宝塚記念 #keiba

阪神10R 第51回 宝塚記念(GⅠ)
春の最強馬決定戦。基本的にはキングジョージを模して作られたレースということになるんだろうが、3歳馬が出てこないことには面白くない。そういう意味ではわが国のキングジョージは秋の天皇賞ということになるのかもしれない。しかしながら、古馬陣はなかなか良い面子が揃ったともいえるので、まずは全頭チェックで絞込みをすることとしたい。
1 イコピコ:阪神大賞典9着以来となる、が前走は長すぎた。この位の距離が向いているとは思われるが鳴尾記念をみると信頼性に欠けるか。(切)
2 アーネストリー:陣営が言うように、「もうタップの域に並んでいる」かどうかはわからんが、金鯱賞1着。前に行けるというのは何かと有利で無視はできない。(残)
3 ネヴァブション:前走香港でも格好はつけたが、中山巧者の印象があり。(切)
4 スマートギア:距離が長いということで人気ないんだろうが、金鯱賞3着だし、状態もよさそうなので、マークは必要か。(残)
5 ナムラクレセント:強調材料に乏しい印象。(切)
6 セイウンワンダー:前走で久しぶりに勝ったし、相手なりに走れる印象はあるが、それだけに、馬券の対象となると(?)か。(切)
7 マイネルアンサー:関西馬なのに関西で(0,0,0,10)ってのはなぁ。(切)
8 ブエナビスタ:前走調子ひと息にもかかわらず勝つあたりは力が違うんだろうなぁ。いきなり切ることはできない。(残)
9 ロジユニヴァース:状態は「ダービーに近いものがある」ということだし、土曜は相当降った感じなのでダービーの再現の可能性はあるかも。(残)
10 ジャガーメイル:春の天皇賞馬だし、ウィリアムズJKが「今週末に興奮して臨めると思う」と言ってるから期待はできるんだろう。(残)
11 トップカミング:「最後までまじめに一生懸命走るかどうか」ってのがギャンブルの視点からは面白い。複勝100円要員か。(?)
12 メイショウベルーガ:「不良馬場で勝ったことがある」ということで馬場状態は向いているんだろうが、ツキが下降気味という感じだろうか。(切)
13 フォゲッタブル:蛯名騎乗じゃ名前の通りになりそうだなぁ。(切)
14 マキハタサイボーグ:GⅠじゃ荷が重いだろう。(切)
15 コパノジングー:目黒記念制したが無念の屈腱炎。(取消)
16 アクシオン:屈腱炎を克服したというのは凄い。でもちょっと底が見えたか。(切)
17 ナカヤマフェスタ:「輸送を考慮して入厩した」ということだが、どうも関西では分が悪そう。(切)
18 ドリームジャーニー:昨年の勝ち馬だけにいきなり切る訳にはいかないか。(残)

ということで、第1段階として、2 アーネストリー、4 スマートギア、8 ブエナビスタ、9 ロジユニヴァース、10 ジャガーメイル、18 ドリームジャーニーの6頭が残った。また、最低人気(?)の11トップカミングの複勝100円。絞込みは後ほど。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

裏宝塚 福島テレビOP

福島11R 福島テレビオープン
宝塚記念も登録したものの、必勝を期してこちらに回った8アドマイヤオーラと6オースミスパーク中心は動かないだろう。逃げるオースミスパークの方がちと有利か。
6の単、枠連3-4、ワイド6-8、馬単6→8。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2010

W杯の陰で 土曜3場メイン

チームニッポンの決勝トーナメント進出で大盛り上がり&寝不足の日本社会であるが、今回予選突破した主力組は確か「谷間の世代」と言われた弱っちい連中じゃなかったか。一人一人では必ずしも飛びぬけていないメンバーがチームワークとデフェンス力で突破したということなんだろう。

函館9R 竜飛崎特別
コーナー4つの小回りコースならティンバー産駒の7ベルモントガリバーで。

阪神10R 安芸S
ここは降級の6ダノンカモンと14ティアップワイルドが抜けている印象。
枠連3-7、ワイド6-14、馬単14→6。

福島11R テレビユー福島賞
福島千二ならバクシンオーということで、12メイビリーヴと3ファルクス。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2010

W杯第3戦 デンマークやや有利の判定

英国のブックメーカー、ウイリアムヒル社のオッズによると、24日(日本時間25日)に行われる日本の第3戦となるデンマーク戦は、デンマーク勝ち23/20(2.1倍) 、引き分け11/5(3.2倍)、日本勝ち5/2(3.5倍)とデンマークやや有利の判定のようだ。
ゴールを決めるのは、Jon Dahl Tomasson、Nicklas Bendtnerがともに15/8(2.8倍)でトップ。日本勢はShinji Okazakiが11/4(3.7倍)でトップとなっている。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 23, 2010

3強中心も激戦ムード 宝塚記念レーティング

JRAから宝塚記念のプレレーティングが発表された。
それによると、トップは昨年の有馬記念を制したドリームジャーニーの122L、次いで有馬記念2着、京都記念1着、ドバイシーマクラシック2着のブエナビスタが117L+4。
3番手はアル・マクトゥームチャレンジラウンド3・1着のレッドディザイアで116I(A)+4。この3頭が実質120超えで3強を形成している。
しかし、差がなくジャガーメイル118L-E(香港ヴァーズ4着、京都記念2着、天皇賞・春1着)、ロジユニヴァース118L(昨年の東京優駿1着)も続いており、上位馬の体調面の問題も合わせると激戦ムードと言えるかもしれない。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (1) | TrackBack (4)

June 20, 2010

難解なハンデ戦 マーメイドS ほか

阪神10R 第15回マーメイドS(GⅢ)

ハンデ戦となった2006年以降、実績上位馬の不振が続き、軽ハンデ馬が有利となっている。
馬場改修後はそうでもなくなったようだが、阪神コースは中山と並び消耗戦が中心となる。となれば、中山牝馬Sの上位馬に注目しておくのも一つの方法ではないだろうか。
中山牝馬組は8頭出走しており、その中で掲示板に載ったのは4頭。これらをみていくこととしよう。
勝った14ニシノブルームーンであるが、次のヴィクトリアM3着。軽めの仕上げというものの、調子はよさそうだ。だが、斤量が中山牝馬の53キロに対し今回は2キロ増。無視はできないだろうが、▲までとしたい。
3着の11◎チェレブリタであるが、坂路でマズマズ、気配も上向きのようで、ハンデも当時と同じ。期待したい。
4着の5〇コロンバスサークルであるが、輸送がどうかという問題はあるものの、体調はいいようだ。こちらも53キロで。
5着の2レジネッタであるが、福島牝馬Sを制し人気になっている上1キロ増えた。様子見が必要か。

11の単複。5の複勝。枠連3、6、7BOX。ワイド5、11、14BOX。三連複5-11-14。


キルトクールは10リトルアマポーラ。二千は合うようだが、57キロは辛いのでは。

福島11R バーデンバーデンC
福島は先行有利な競馬場。先行馬9ウエスタンビーナス、13ジェイケイセラヴィに福島大王騎乗の1ソルジャーズソング。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (4)

June 19, 2010

夏競馬開幕 グランドオープン記念ほか

函館9R グランドオープン記念(オープン)

函館競馬場も新装オープンとなったそうで、再来週は現地に乗り込む予定としているが、その開幕を飾るハンデ戦。要するに巴賞だんべ。
函館3勝8連対の巧者14◎フィールドベアーに期待したい。2ケタ着順が続いたが、ここ2走は大阪杯4着、天皇賞8着と復調ムード。
相手はこれも函館3勝の4〇ピエナビーナス。
函館とくれば10歳ながら15☆エリモハリアーも見限れず。
14の単。枠連2-7。ワイド4-14。15の応援馬券。

函館10R 3歳上500万下
函館は初めてとなる10キングスグリーム。頑張ってほしいもの。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 18, 2010

W杯オランダ戦 オランダ圧倒的有利の判定

英国のブックメーカー、ウイリアムヒル社のオッズによると、19日に行われる日本の第2戦となるオランダ戦は、オランダ勝ち4/9(1.4倍) 、引き分け3/1(4倍)、日本勝ち7/1(8倍)とオランダ圧倒的有利との判定のようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2010

W杯日本初戦 カメルーン優勢か

英国のブックメーカー、ウイリアムヒル社のオッズによると、日本対カメルーン戦は、カメルーン勝ち11/10(2.1倍)、日本勝ち11/4(3.7倍)、引き分け21/10(3.1倍)とカメルーン優勢の予想のようだ。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 13, 2010

ここならば エブソムC(結果追記)

東京11R 第27回エブソムカップ

安田記念無念の除外となったセイウンワンダーが人気だが、夏馬5◎タケミカヅチに期待したい。
SS系の縁が薄いレースであるもののゴールドアリュール産駒だけにちと違うのでは。

(結果追記)
今回も非SS系のワンツーか。勝ったセイウンワンダーだが、朝日杯以来の勝利とのこと。
ここで賞金加算できたのは大きいのでは。宝塚記念は出るかどうかわからんが、おそらく
毎日王冠-天皇賞・秋-マイルCSといくんだろう。

シルポートも良く2着に逃げ粘った印象。

3着のキャプテンベガだが、本馬場入場の時の感じがとても良かったので思わず複勝
買っちゃったよ。

タケミカヅチも一瞬伸びるかと思ったが見せ場のないまま終了。もっと荒れた馬場の方が
良かったんだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

June 12, 2010

W杯サッカー 本命はスペイン?

いよいよ今年のW杯が開幕したが、英国のブックメーカー、ウイリアムヒル社のオッズによると、現時点での一番人気は、スペインで4/1(5倍)。2番人気はブラジルの5/1(6倍)、次いでアルゼンチン13/2(7.5倍)、イングランド8/1 (9倍)、オランダ9/1(10倍)の順になっている。
日本は400/1 (約400倍)で27番人気。

一方、日本が属するEグループの帰趨 については、グループ1位はオランダが8/15(1.5倍)でトップ。次いでデンマーク4/1(5倍)とカメルーン9/2(5.5倍)が小差で続き、日本は14/1(15倍)。
トーナメント進出国予想はデンマークとカメルーンが元返し。オランダが1/8(1.1倍)、日本が3/1(4倍)となっている。
進出2国の1位・2位の組み合わせ(連勝単式か)ではオランダ-デンマークとオランダ-カメルーンがそれぞれ11/4 (3.7倍)、オランダ-日本が6/1(7倍)、デンマーク-オランダとカメルーン-オランダが7/1(8倍)となっている。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 11, 2010

ホエールキャプチャ号 デビュー間近

ホエールキャプチャ号ですが、美浦の坂路で好時計を出すなど順調に仕上がっている模様で、1回函館5日目4レース新馬戦(芝1200m牝馬限定)を目標にしているとのこと。楽しみです。函館って行ったことないから行ってみようかなぁ。♪♪

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

春競馬最終週 ブリリアントSほか

東京11R ブリリアントS(OP)
春競馬最終週とあって、なんとなく盛り上がらない印象。ここは前走東海S3着の8◎アルトップランに期待したい。
相手は東京ダート5連対の2〇シビルウォー。ハンデ戦だけに52キロ14▲スターシップの突っ込みも有り得べし。
8の単、14の複。枠連1、4、7BOX。ワイド2、8、14BOX。

京都10R 御陵S(4歳上1600万下)
前走は、出遅れが響いた5◎ピースキーパー。スタート五分なら。
相手は千八巧者15〇プラチナメーン。
5の単複。枠連3-8。ワイド5-15。

にほんブログ村 競馬ブログへ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2010

iPadって


ブログネタ: もう見た? 触った? “iPad”をどう思う?参加数拍手

ものすごい人気のようだが、使ったことがないからようわからんなぁ。
手入力可能なキーボードのようなものなの?
携帯のカテゴリーに入っているようだが、光ファイバーでの接続はできないの?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2010

キルトクール決定 安田記念

東京11R 第60回 安田記念(GⅠ)

4 フェローシップ(118M)、8 キャプテントゥーレ(114M)、10 ビューティーフラッシュ(116M)、11 マルカシェンク(105M)、13 マイネルファルケ(114M)、14 マルカフェニックス(109M)の6頭に絞ったところで、これからさらに細部の検討に入ることとしよう。( )はレーティング。
まず、11 ×マルカシェンクであるが、これがきちゃうようだと相当な大荒れになるので、予想もへったくれもないし、ほとんど願望に近い残しでもあるので複勝のみ。
次に14 ×マルカフェニックスもレーティングひと息だし、展開向いての3着がいいところだろうから、ワイド要員。
残り4頭で、4△フェローシップはレーティング高いものの、8歳で上がり目は少ないとみて4番手。
8▲キャプテントゥーレだが、「左回りがどうか」という問題があるそうなので、3番手に。
10〇ビューティーフラッシュであるが、クルーズ師が「ブリッシュラックには及ばない」と言っているのが本音だったら、勝ちまで届かないってことだろう。
そこで、本命は13◎マイネルファルケ。昨年のマイルCSでカンパニーの2着だったことは軽視できないし、人気の盲点になっているようで。

13の単複。11の複勝。ワイド10-14、13-14。枠連2-7、4-7、5-7、4-5、2-5。ワイド・三連複4、8、10、13BOX。馬単13→10。三連単13→10→8。

キルトクールはリーチザクラウン。普通に勝っちゃうかもしれないが、前走は大外が良かったのかもしれず、最内で引っ掛かって終了なんて懸念も高いことから。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (7)

港人に聞け 安田記念

東京11R 第60回 安田記念(GⅠ)

春のマイル王決定戦とはいえ、今年のメンバーは低調で、香港勢に期待がかかる。アジアマイルチャレンジの最終戦ということもあり、香港でも馬券が発売されていることから、まず現地の前日単勝オッズをみてみることとしたい。
1 帝王加冕 (5.1) ~2番人気 リーチザクラウン(4.5)
2 笑臉傑克 (25)       スマイルジャック(10.1)
3 絶頂良駒 (33)       アブソリュート(25.6)
4 友誼至上 (5.5) ~3番人気 フェローシップ(13.5)
5 勝眼光 (11) ~4番人気  サイトウィナー(55.4)
6 珠寶玉石 (25)       ファリダット(16.5)
7 挪亞榮駒 (14) ~5番人気 グロリアスノア(62.4)
8 北國隊長 (16)        キャプテントゥーレ(8.0)
9 超級黄蜂 (31)        スーパーホーネット(11.7)
10 締造美麗 (3.8) ~一番人気 ビューティーフラッシュ(12.8)
11 丸河勝驥(89)        マルカシェンク(58.1)
12 音樂會 (77)        ライブコンサート(73.6)
13 天鷹戰駒 (21)      マイネルファルケ(26.0)
14 丸河鳳凰 (40)       マルカフェニックス(20.1)
15 凱旋曲 (21)        トライアンフマーチ(8.0)
16 聖卡羅 (60)        サンカルロ(32.6)
17 昭和革新 (30)       ショウワモダン(9.6)
18 捷足先得 (37)       エーシンフォワード(14.7)
こうみると香港馬が上位人気しているものの、リーチザクラウンが2番人気だし、日本では人気薄のグロリアスノアがドバイ経験を買われて上位に食い込んでおり、結構見るところは見ているなぁという印象。JRAメルマガのインタビューは、トライアンフマーチ号・角居勝彦師、ビューティーフラッシュ号・アンソニー・クルーズ師、フェローシップ号・ポール・オサリバン師、リーチザクラウン号・橋口弘次郎師。こうしたことを踏まえ、全頭チェックをしてみることとしよう。
1 リーチザクラウン:「マイルが一番合っていると思う」ということだし、少し長めの実績が要求される東京1600mも良いのかもしれないが、なんかアテにし辛い印象で。(切)
2 スマイルジャック:「中間はすこぶる順調」ということだし、馬場も合いそうだが、この馬もなんとなくアテにし辛いんだよなぁ。(切)
3 アブソリュート:中山記念10着からの巻き返しってのがどうなのか。(切)
4 フェローシップ:「堅実さではピカイチ。国際GIを勝てるタイミングがあれば今」ということだが、年齢は別にして可能性はありそう。(残)
5 サイトウィナー:「左前の蹄に痛みがあったが、影響はない。」とか外人らしいカマシをかけているが、香港人からも見捨てられた印象で。(切)
6 ファリダット:レーティング上位で出走できたが、今年はどうなのかなぁ。(切)
7 グロリアスノア:ドバイのオールウェザーで善戦したと言っても芝の実績ないからなぁ。(切)
8 キャプテントゥーレ:皐月賞馬、母の父トニービンだし、叩いて上昇ムードのようだから無視はできないか。(残)
9 スーパーホーネット:「一度叩いて動きがしっかりした。」ということだが、多くを望むのは酷では。(切)
10 ビューティーフラッシュ:「東京のマイルに対応できる馬。」ということだし、若さで勢いはありそう。(残)
11 マルカシェンク:出遅れ癖がついてしまったが、潜在能力は高い馬。一発の可能性は常に秘める。(残)
12 ライブコンサート:京都金杯のようなことが・・・ないか。(切)
13 マイネルファルケ:ダービー卿CT2着だし、近走堅実ではあるから掲示板載っても不思議ではない。(残)
14 マルカフェニックス:京王杯SC2着だし、3着王騎乗だからなぁ。(残)
15 トライアンフマーチ:母が桜花賞馬ってことで人気先行の印象があり。(切)
16 サンカルロ:「前走は動きに違和感があった」というコメントの方が気になる。(切)
17 ショウワモダン:馬は馬っ気、ヤネはヤマっ気か。(切)
18 エーシンフォワード:栄進続きって訳にはいかんでしょう。(切)
で残ったのは、4 フェローシップ、8 キャプテントゥーレ、10 ビューティーフラッシュ、11 マルカシェンク、13 マイネルファルケ、14 マルカフェニックスの6頭。細部は後ほど。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

被りすぎ ユニコーンSほか

東京12R 第15回ユニコーンステークス(GⅢ)
JDDに向けたステップレース。今年は南関に強いのがいるから、中央勢といっても易々とは勝てないだろう。
兵庫CS1着の13バーディバーディが前日単勝オッズで1.8倍と断然の1番人気になっている。日本ダービーを使わずにダートの王道を進んだのは評価できるが、しかし被りすぎ。面白くないからキルトクール指名。
ここは初ダートとなるが、NHKマイルC以来の5◎コスモセンサーに期待したい。調教は良さそうで。
あとは、条件戦勝ち上がって、今回香港JK騎乗の8〇ドロ。

5の単複、8の複勝。枠連3-4。


キルトクールはバーディバーディ。

京都11R かきつばた賞
ダービー馬も皐月賞馬も秋は天皇賞か凱旋門賞に向った方がよさそうだから、菊花賞に向けて9スマートフォーカスや1タニノエボレットがどういう戦いをするか楽しみ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 05, 2010

名前に惹かれて 天王山Sほか

京都10R 天王山ステークス
JRAのレース名解説によると、「天王山は、京都府と大阪府との境にある山。天正10年、羽柴秀吉が明智光秀を破った山崎の戦いが行われた地であり、以降勝負を決する大一番のことを『天王山』と呼ぶようになった。」とある。日頃何気なく使っている言葉にも謂れがあることを感じさせてくれる。
ただ、レース名と異なり、雌雄を決するほどのメンバーではなさそう。となると交流重賞を勝ちあがって臨んできた9トーホウドルチェに期待したい。
相手というにはなんであるが、昨年はクラシックに歩をすすめた7イナズマアマリリスが50キロを生かして突っ込んでくる可能性に賭けたい。

9の単複、7の複勝。枠連4-5、ワイド7-9。

東京11R 湘南S
湘南といえばグリーンとオレンジ色に染められた湘南電車。前走勝って勢いに乗る横典騎乗の11タイガーファングと南関戸崎騎乗の14ソーマジック。おあつらえ向きに6-7だ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2010

POG2010~11指名馬

今シーズンのPOG指名馬10頭を決めました。
1 ホエールキャプチャ(牝・クロフネ、グローバルピース)
2 ミステリアスガール(牝・アグネスタキオン、エアイゾルテ)
3 アドマイヤセプター(牝・キングカメハメハ、アドマイヤグルーヴ)
4 サンデーピクニックの08:サニーデイサンデー(牝・ジャングルポケット、 サンデーピクニック)
5 タバサトウショウの08:スウェアトウショウ(牝・ディープインパクト、タバサトウショウ)
6 カーマイン(牡・ キングカメハメハ、スカーレットレディ)
7 ヴェイロン(牡・ キングカメハメハ、ヘヴンリーロマンス)
8 ロゼダンジュの08(牡・クロフネ、ロゼダンジュ)
9 エアトゥーレの08(牡・ディープインパクト、エアトゥーレ)
10 ヴィジャイ(牡・ディープインパクト、オイスターチケット)

netkeiba.comの集計ツール14931 mokuni10に登録しましたので、参加ご希望の方はご連絡いただければ追加します。
グループの専用URLです。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 01, 2010

むしろ沙田記念 安田記念レーティング

JRAから安田記念のプレレーティングが発表された。
それによると、香港馬のフェローシップが118Mでトップ。次いで、これも香港馬サイトウィナーが117M、3番手も香港馬ビューティーフラッシュ(116M)であり、その次に、昨年の安田記念3着ファリダット115M、マイラーズCを制したリーチザクラウンと昨年のマイルCS上位のキャプテントゥーレ、マイネルファルケが114 Mで続いている。
レーティングに大きな差はないものの、香港馬優位で「沙田記念」の様相を呈している。
日本競馬の国際化を願っていたという安田翁はどう思っているだろうか。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (3)

« May 2010 | Main | July 2010 »