« October 2010 | Main | December 2010 »

November 29, 2010

ホエールキャプチャ 阪神JFに登録

JRAから、阪神JFの登録馬が発表されましたが、ホエールキャプチャも勿論登録されました。
当日は仁川に遠征する予定です。
応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 28, 2010

ジャパンカップ・日本と香港のオッズ

ジャパンカップのJRAの 5:18現在単勝オッズと、香港ジョッキークラブの 現地時間4:33現在単勝オッズは以下の通り。(左が日本、右が香港)

1 ヴォワライシ    48.4 28
2 ヴィクトワールピサ 18.0 32
3 ダンディーノ     92.9 39
4 シンゲン       37.9 49
5 モアズウェルズ   79.4 47
6 ローズキングダム  9.0 15
7 ペルーサ       8.0 10
8 ジャガーメイル   18.4 19
9 ティモス       80.0 34
10 エイシンフラッシュ 11.8 12
11 ナカヤマフェスタ  7.2 6.4
12 ジョシュアツリー  32.8 18
13 メイショウベルーガ 48.0 30
14 オウケンブルースリ 11.7 7.5
15 フィフティープルー 63.2 35
16 ブエナビスタ    2.4 3。5
17 マリヌス       66.9 37
18 シリュスデゼーグル88.2 22

流石に香港もブエナビスタが1番人気になったが、オウケンも3番人気と健闘している。

にほんブログ村 競馬ブログへ

今から香港行くか・・・JOKE

| | Comments (0) | TrackBack (2)

トニービンの夢 ジャパンC

東京10R 第30回 ジャパンカップ(GⅠ)

今年で30回目を迎える国際競走。30年前といえば、すでに海外旅行も一般化しつつあった頃だったが、競馬の国際化はなかなか進まず、ようやくカテゴリーⅠを得るまでになった。
世界から馬が参集するとあって、香港でも独自に馬券が発売されているが、前日オッズではなんとオウケンブルースリがブエナビスタを抑えて一番人気に推されていた。香港人にとってブルース・リーの持つ意味は大きいってことだろうか。
ここ10年のデータでは、日本馬は、府中でのGI連対実績が重要であり、1番人気は全て日本馬で連対率60%、複勝率はなんと100%。ブエナビスタは外せないといえそうだ。JRAメルマガのインタビューは、☆ジョシュアツリー・コルム オドノヒュー騎手、★ナカヤマフェスタ・二ノ宮敬宇師、☆ブエナビスタ・クリストフ スミヨン騎手、★モアズウェルズ・リチャード ギブソン師。こうしたことも踏まえ、恒例の全頭チェックをしてみることとしよう。
1 ヴォワライシ:内外あまり関係ないとはいうものの、内枠はやはり有利。デムーロちゃんのお手馬だし、大穴狙いにはうってつけ。イタリアというとトニービンを思い出すのだが、JCでは5着だったのね。(★)
2 ヴィクトワールピサ:凱旋門賞7着ってのが中途半端な印象。やはり二千がベストなんだろう。(切)
3ダンディーノ:イギリスの上がり馬か。でもセントレジャー8着じゃなぁ。(切)
4 シンゲン:速い脚に欠ける印象があるんで、展開的に厳しいだろう。(切)
5モアズウェルズ:サドラーズ×ウォーニングだから、府中向きじゃなさそう。(切)
6 ローズキングダム:この中間も順調とのことだが、終いの脚をどれだけ使えるか。掲示板の下の方とみてキルトクール指名。(キ)
7 ペルーサ:力はあることは間違いないんだが、いかんせんムラ馬っぽいよなぁ。(切)
8 ジャガーメイル:前走チグハグでツキに見放された印象。ムーアパワーでどこまで。(切)
9 ティモス:フォア賞3着なんだよなぁ。でもペリエちゃんが弱気のようだからなぁ。(切)
10 エイシンフラッシュ:菊花賞回避の影響はあまりなさそう。なんと言ってもダービー馬だからなぁ。(▲)
11 ナカヤマフェスタ:馬場がどうとか、帰国後どうとか言われているが、凱旋門賞2着、宝塚記念優勝という力は無視できない。おそらく年度代表馬もこの馬だろう。なぜなら、記者さんが投票する訳だから、日常の中で強い馬よりもおフランスに出張ネタを作ってくれてしかもそれなりに結果を出した馬を選ぶに決まっている。ここは素直にレーティングを信じて。(◎)
12 ジョシュアツリー:おなじみオブライエン厩舎かぁ。種牡馬としての価値を高めたいという気持ちはわかる気がするが、ここではどうか。(切)
13 メイショウベルーガ:追い込みだったらもっと強い馬がいそうだしなぁ。(切)
14 オウケンブルースリ:去年の話だが、それなりのレーティング持っているんで。(×)
15 フィフティープルー:前に行きたい馬のようだが、あいにく大外になっちゃったなぁ。(切)
16 ブエナビスタ:スミヨンは、この馬でGⅠ取るために日本に来たそうだしなぁ。人気しすぎだが、馬券は外さないだろう。(〇)
17 マリヌス:ナカヤマフェスタより弱く、ヴィクトワールピサより強いってことか。(切)
18 シリュスデゼーグル:前に行きたい馬のようだが、あいにく大外になっちゃったなぁ。(切)

11、1の単複。10の複勝。枠連5-6、5-8、6-7、6-8。ワイド10、11、16BO。三連複10-11-16、11-14-16。馬単11→16。


キルトクールはローズキングダム。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (9)

November 27, 2010

チャンピオンは誰に WSJS

今年は府中開催となったWSJS。優勝を狙うには、B、Cランクの馬を如何に上位に持ってくるかがカギになるだろう。
そういう意味で3レースのB、Cランクの注目馬をみてみたい。

東京9R ファンタスティックJT
基本的にはAランク馬の勝負のように思えるが、前走差してきた2キタノアラワシ(内田博幸)と府中2勝の7オウロブレット(ルメール)が複勝圏くらいなら。

東京11R プロミネントJT
ここは6マッハヴェロシティ(ムルタ)、1タッチミーノット(松岡正海)に期待がもてそう。

東京12R エクセレントJT
勢いありそうな3歳勢4ナシュワンヒーロー(杉村一樹)、7カシマストロング(ウィリアムズ)、8リズミカルステップ(ムーア)あたりか。

優勝争いは9RでAランク馬に騎乗するムーア、ウィリアムズに公営杉村あたりか。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バクシン丼 京阪杯

京都11R 第55回 京阪杯(GⅢ)

06年に距離が1200mに変更された。「おけいはん」にとってもスピード勝負のスプリント戦の方がイメージに合ってるんだろう。
ここは、スプリンターズS実質2着の3歳馬、バクシンオ産駒の13◎ダッシャーゴーゴーが人気でも中心だろう。中間の動きも良いようで。祖父の弔い合戦。
相手は最内から先行してくるこちらもバクシンオ産駒の1〇エーシンダックマン。今年のオーナーさんの勢いもあり。
あとは外人JKの突っ込みで14▲グランプリエンゼルと16△シンボリグラン。
枠連1-7、7-7、7-8。ワイド1-13、1-14、13-14、13-16。三連複13一頭軸-1、14、16。


キルトクールはスプリングソング。こちらもバクシンオ産駒だが、長期休養明け激走の反動が出ないか。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (4)

November 25, 2010

竹島問題の解決のために 독일도 문제의 해결을 위해서

韓国が実効支配してしまっている竹島だが、以下の条件が満たされれば韓国の領有権を認めてあげてもいいように思うが如何なもんだろうか。

1 日韓両国は1910年条約の正当性を確認する。

2 日本海(韓国名東海)の国際的名称は日本海とすることに合意する。

3 日本国民は、独島(日本名竹島)及び同島の領有に伴う韓国の排他的経済水域内における自由な通行と経済活動の実施が永久に保障される。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北朝鮮砲撃事件と正義 サンダル教授の発熱教室(4)

前回は、反体制活動家にノーベル平和賞が授与されたことを題材にパワーゲームと正義について学んだ。今回は、先に起きた北朝鮮軍が延坪島を砲撃した事件を題材にパワーゲームと正義について更に考えてみよう。

まずは、今回の事件についてどう思うかね
。 ハイ。そこの赤い服を着たキミ。名前は。
「ソンです。今回の事件は北による一方的な砲撃で、しかも民間人まで巻き添えにした暴挙だと思います。」

宜しい。
多くの人はソン君のように受け止めているだろう。
しかし、ここで問題となるのは、南北の境界線について、両者の主張が相違している点だ。延坪島周辺は北側が北の領海だと主張している海域だ。
今回、その付近で韓国が軍事演習を行った。したがって、北は「自国領海に韓国が侵入したことへの報復だ」と主張した。領海侵犯に対し、一定の排除行動を行うこと自体は理に適っている。問題は、今回のように領海の主張に争いがある場合の対応だ。北は北の論理で行動し、南は南の論理で行動する。

尖閣諸島の問題も根は同じだ。このように、国境付近においては、絶えず紛争が生じる。それをいちいち戦争という形にしていては世界が持たない。したがって、国境紛争は基本的に戦争とは見做さない。これが世界的な正義と言えるのではないだろうか。
しかし、そこから一歩踏み出してしまうと本当の戦争が勃発する危険が生じる。従って、国境紛争には絶えず毅然として応じることが必要で、それがむしろ事態の拡大を防ぐのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 23, 2010

まさに凱旋 ジャパンCレーティング

JRAからジャパンカップのプレレーティングが発表された。
それによると、ナカヤマフェスタの127L(凱旋門賞2着)が名実ともにトップ。次いで最強牝馬ブエナビスタが121I+4(天皇賞・秋1着)。実質3番手にペルーサ120I+4(天皇賞・秋2着)が続き、さらに、エイシンフラッシュ118L+4(東京優駿1着)、昨年のジャパンC2着オウケンブルースリ121L、ローズキングダム117L+4(東京優駿2着)、ヴィクトワールピサ 116I+4(皐月賞1着)の順となっている。
外国馬は、残念ながら回避を表明したスノーフェアリーが出てくれば118L+8で勝負になったかもしれないが、あとはカナディアンインターナショナルS(GⅠ)勝ち馬のジョシュアツリー116L+4が目立つくらいで掲示板がせいぜいという印象。
世界ランキング第6位(芝では4位) のナカヤマフェスタの凱旋レースになりそうだ。

にほんブログ村 競馬ブログへ


おフランス行くのもいいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 20, 2010

マイル王決定戦 マイルCS

京都11R 第27回 マイルチャンピオンシップ(GⅠ)

秋の最強マイラー決定戦。しかし今は香港マイルの挑戦者決定戦的要素もあるか。京都マイルコースは実力通りの決着ともいわれるが、過去10年で1番人気は6連対。マイル重賞勝ち馬か、マイルGⅠで3着以内の馬が強いようだ。昨年に続き外国馬サプレザが参戦。しかし、同馬のオーナーは吉田照哉氏。いずれ我が国で繁殖入りする可能性が高い。
JRAメルマガのインタビューは、☆キンシャサノキセキ・橋本篤典助手★サプレザ・ロドルフ コレ師☆ショウワモダン・杉浦宏昭師★ダノンヨーヨー・音無秀孝師。こうしたことを踏まえ、恒例の全頭チェックをしてみることとしよう、
1 ファイングレイン:一昨年の3着馬だが、今年は社台から出る有力馬のラビット的役割か。(切)
2 スマイルジャック:安田記念3着ということもあって結構人気しているようだが、なんかワンパンチ足りない感じなんだよねぇ。(切)
3 ライブコンサート:前走の勝ち馬があれだけ人気しているから2着馬だっていけそうに思うがなぁ。(△)
4 オウケンサクラ:前走のパフォーマンスをみると鞍上込みで期待してしまうなぁ。(▲)
5 テイエムオーロラ:府中牝馬S勝った勢いは見逃せない、引き続き出来はよさそうで。(△)
6 ジョーカプチーノ:前走あれだけ激走すると2走ボケがありそうだなぁ。(切)
7 ショウワモダン:春の勢いがすっかり影をひそめた印象で。まさか「ユメシバイ」ってこともあるまい。(切)
8 ダノンヨーヨー:富士Sまで破竹の4連勝。いきなりGⅠで通用するかはちと疑問だが、調子もよさそうだし、軽視はできない。(△)
9 トゥザグローリー:カシオペアS1着だし、ダービーだってそこそこ格好は付けたし、素質は高いんだろう。状態もよさそうで本命に。(◎)
10 マイネルファルケ:去年の2着馬なんだよなぁ。前走だって着順ほどは負けていないんだが・・・(?)
11 ワイルドラズベリー:オウケンサクラより強そうなんだよなぁ。どうしようか。(?)
12 アブソリュート:安田記念12着以来だし、ダビスタみたいな訳にはいかないのでは。(切)
13 エーシンフォワード:マイルはちょっと長い印象で。(切)
14 ガルボ:この馬よりトゥザグローリーの方が強いと思うのが9◎の理由だけに。(切)
15 ゴールスキー:3連勝の勢いは買えるが、いきなりGⅠではどうか。(切)
16 サプレザ:あれだかかましをする外人さんが、「昨年の敗因は大外」なんて言うんだから、勝つのは厳しそう。レーティング高いから無視はできないが。(〇)
17キンシャサノキセキ:スプリンターズS2着以来。マイルは少し長い印象。そこそこ人気しているようなので、キルトクール指名。(キ)
18 キョウエイストーム:ここでは厳しそう。(切)

9の単複。複勝3、5、10、11。枠連2-5、4-5、2-8、5-8。ワイド4、9、16BOX。三連複9、16-3、4、5、8。4、16-8、9。


キルトクールはキンシャサノキセキ。
にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

実績馬VS福島巧者 福島記念

福島11R 第46回 福島記念(GⅢ)

福島開催の最後を飾る2000mのハンデ戦。来年からは日曜に移され、マイルCSと同日開催になるようだ。ハンデ戦らしく過去10年で1番人気は2勝しかしておらず、トップハンデも3連対。ローカル重賞の勝ち馬が人気薄で突っ込んでくるケースがあるようだ。
午前4:02現在のオッズは、11ディアアレトゥーサが4.1倍で一番人気。次いで2トウショウシロッコ 5.0倍、1 ナムラクレセント 6.3倍、13ミステリアスライト 6.9倍、4 メイショウクオリア 7.3倍の順となっている。
8◎アルコセニョーラの大駆けに期待したい。なんといっても福島6連対、このレースも3年前に勝っている。今年不調とはいえ七夕賞では2着と結果を出している。久々も調教はよさそうで。
相手は、2〇トウショウシロッコ。前走は天皇賞に挑戦し7着とまずまず。オールカマー3着、新潟記念2着というのも好感。昨年の2着馬でもある。
さらに、昨年の覇者12▲サニーサンデー。今年ひと息もここ目標に仕上がりはよさそうで。
8の単複。枠連1、4、6BOX。ワイド2、8、12BOX。


キルトクールは11ディアアレトゥーサ。ちょっと人気しすぎ。鞍上も緊張しやしないか。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

長い目で 東スポ杯2歳S

東京11R 第15回 東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)

クラシックに繋がる重要な一戦。過去10年で1番人気の関西馬は勝率100%。前走新馬勝ち馬が6勝、7連対。1800m以上の距離実績も重要なようだ。来年の夢をみながら考えたい。
1:40現在のオッズでは、7トーセンケイトゥーが4.9倍で一番人気。次いで、2サダムパテック5.9倍、10イイデタイガー6.6倍、15リフトザウイングス7.5倍、16ビップセレブアイ7.7倍の順。
人気に敬意を表して7◎トーセンケイトゥーに期待したい。関西馬であるが、デビュー戦は中山芝1800m。先週調教遅れがあったようだが、気配はいいようで。
相手は、千八の持ち時計が一番良い14〇セイカプリコーン。馬場もCコースに代わって外目有利だろうし、ウチパクさんがなんとかしてくれるだろう。
さらに新馬戦で33秒台の上がりを記録した16▲ビップセレブアイ。
7の単複。14の複勝。枠連4、7、8BOX。ワイド7、14、16BOX。三連複7-14-16。

キルトクールは1マイネルラクリマ。出走馬唯一の重賞連対馬だが、レースレベルに疑問があるようで。


にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 18, 2010

ロイウヤルウエディング 日取りはいつ? 会場はどこか?

英王室のウイリアム王子のご結婚が発表されたが、英国のブックメーカー・ウイリアムヒル社のオッズによると、
式の日取りは6/4 January – May、 2/1 July、5/2 August、5/1 June、20/1 September – Decemberと年明けの前半が多く、単独では7月が有力。
式の会場としては、4/7 Westminster Abbey、 5/4 St Pauls Cathedral 、7/1 St Clement Dane、1000/1 O2 Arena 、1000/1 Wembley と慣例に従ったウエストミンスター寺院説が有力なようだ。
しかし、なんでも賭けにしてしまう国だなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 17, 2010

またもカク外 マイルCSレーティング

JRAからマイルチャンピオンシップのプレレーティングが発表された。
それによると、昨年に続いて登場の外国馬サプレザが118M +4で名実ともにトップ。
次いで、安田記念1着のショウワモダン(117M)と天皇賞(秋)4着の3歳牝馬オウケンサクラ (111I+6)が事実上並び、安田記念3着のスマイルジャック(116M)、毎日王冠1着のアリゼオ(114M+2)、高松宮記念1着キンシャサノキセキ(115S)、秋華賞4着ワイルドラズベリー (109I+6)が差なく続いている。
女王杯ではレーティングの威力をみせつけられた感じだが、今週はどうだろうか?
低迷するマイル路線に喝を入れるのは3歳馬かもしれない。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 14, 2010

35回だけに エリザベス女王杯

京都11R 第35回 エリザベス女王杯(GⅠ)

今は、3歳と古馬による最強牝馬決定戦となったが、かつては我が国独自の牝馬3冠の最終戦であった。本場では春に1000ギニー、オークスとあって秋はセントレジャーに挑むという図式なんだろうが、今回それに近いパターンで使ってきた英国のトップフィリーも登場。楽しみが増す。
昨年、大波乱を演出したテイエムプリキュアが出てくるので、クィーンスプマンテと同じ小島茂厩舎のプロヴィナージュによる行った行った再来も期待されたが、プロヴィナージュは無念の取消。今年は、波乱なく終わるか? JRAメルマガのインタビューは、☆アパパネ・国枝栄師、★アーヴェイ・アトフィールド師、☆スノーフェアリー・ダンロップ師、★メイショウベルーガ・池添謙一騎手。
 そうしたことを踏まえ、恒例の全頭チェックをしてみよう。
1 コロンバスサークル:鞍上が「外国馬からオファーがあればなぁ」なんて言ってるようじゃなぁ。 (切)
2 セラフィックロンプ:府中牝馬2着だから馬券になってもおかしくないと思うんだが、なんでこんなに人気ないんだろう?(△)
3 レジネッタ:桜花賞馬だけあって力は認めるが、この距離は少し長いのでは。(切)
4 テイエムプリキュア:今回「も」引退レースということのようだ。前に行って面白いところを見せてくれるんだろうが、そうそう泥鰌はいないと思う。(切)
5 アパパネ:同世代では一番強いことはわかっているが、古馬相手の2200mでは多少割引か。 (▲)
6 スノーフェアリー:「日本の芝でも特に問題なくこなしています」とのこと。向こうのコメントはカマシが多いんでアテにはできないが、実績は一番と思えるので。(○)
7 サンテミリオン:秋華賞はいくらなんでも負けすぎ。デムーロマジックでどこまで巻き返せるかだろうなぁ。(切)
8 ブライティアパルス:稼働期終了ってことなんだろうか。(切)
9 メイショウベルーガ:京都外回りは向いているようだし、相手軽いとはいえ牡馬相手に重賞で快勝したのは大きい。悲願のタイトル奪取のチャンスでは。(◎)
10 ヒカルアマランサス:距離はちょっと長いんだろうが、相手がひと息だったとはいえ、ブエナビスタにハナ差だからなぁ。(△)
11 プロヴィナージュ:無念のリタイア。(-)
12 アニメイトバイオ:秋華賞2着。1F延長もむしろ合ってるんだろうが、お調子者騎乗ってのがいつも引っ掛かる。そこそこ人気になっているのでキルトクール指名。(キ)
13 サンレイジャスパー:8歳馬だし、近走の成績じゃぁなぁ~。(切)
14 アースシンボル:GⅠでは荷が重い印象。(切)
15 ムードインディゴ:これもこのところ調子悪い感じだなぁ。(切)
16 アーヴェイ:父はデインヒル直子だから、日本には向いている感じではあるなぁ。しかし英語表記はAveなのか。(切)
17 リトルアマポーラ:一昨年の覇者。勝ちにくるんだったらルメールが乗るべ。福永だから3着はあるかもしれないが・・・(切)
18 シングライクバード:Sing Like [a] Birdって、柳瀬さんに不定冠詞を付けられているなぁ。准オープン暮らしが結構長かった感じ。(切)

9の単複。複勝2、10。枠連3-3、3-5(第35回だからなぁ)。ワイド5-6、5-9、6-9、2-9、9-10。三連複5-6-9。馬単9→6。三連単9→6→5。


キルトクールはアニメイトバイオ。
にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (2)

「弱い世代」も侮れぬ 武蔵野S

東京11R 第15回 武蔵野ステークス(GⅢ)

ジャパンCダートの前哨戦。過去10年で1番人気は4連対も人気馬同士の決着は少ない。また、重賞実績がない馬は通用しにくいようだ。府中マイルは芝スタートなので、コチコチのダート馬は初速がつかないこともある。
久々となるが、昨年の2着馬9◎ダイショウジェットに期待したい。このところ重賞で掲示板と堅調。休み明けも走る。
相手には15〇ダノンカモン。「弱い世代」と言われる4歳勢だが、ダート路線に関しては多士済々。ペルセウスSを勝ち、状態はさらに上昇しているようだ。
さらに、4歳勢から中山オータムPに勝って4連勝中の16▲シルクフォーチュン、こちらも連勝で勢いのある1△ケイアイガーベラにも注目したい。
9の単複。枠連1-5、1-8、5-8、8-8。ワイド1、15、16BOX。三連複1、9、15、16BOX。


キルトクールはバーディバーディ。人気先行のようで。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (4)

November 12, 2010

名馬の弟 京王杯2歳S

東京11R 第46回 京王杯2歳ステークス(GⅡ)

朝日杯のステップレースということだが、本番と切り離して考えた方が良いように思う。過去10年で1番人気は6連対というものの馬券的には荒れている感じで、4年連続三連単10万馬券となっている。また、府中芝コースは内枠有利の状況が続いているようだ。
7◎オルフェーヴルに期待したい。兄はご存じドリームジャーニー。芙蓉Sではホエールにクビ差及ばず2着。快勝してくれればホエールの価値も高まるというもの。
相手はかつてのPO馬アイルラヴァゲインの下3〇リアルインパクト。内枠を利して逃げ粘るのでは。
さらに、いちょうSを制した8▲ロビンフット。もともと腰が甘い馬のようだが、対策は取られているし、中山と違って府中の坂は終い緩いのでなんとか粘れるだろう。
7の単複。枠連2、4、5BOX。ワイド3、7、8BOX。三連複3-7-8。

キルトクールはブラウンワイルド。大外は不利だろう。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (4)

November 09, 2010

本場からの刺客 エ女王杯レーティング

JRAからエリザベス女王杯のプレレーティングが発表された。
それによると、断然のトップは英国から遠征するスノーフェアリーの118L+4。
次いで4冠馬アパパネが112I(秋華賞1着)+4、サンテミリオン111L(優駿牝馬1着)+4、アニメイトバイオ110I(秋華賞2着)+4と2キロ貰いを考慮すると3歳馬が上位にきている。
古馬勢では、カナダのアーヴェイ(112I)、ヒカルアマランサス(112M・ヴィクトリアマイル2着)、メイショウベルーガ(112L・京都大賞典1着)が並んでいる。
今年は女王陛下の007に注目といったところだろう。

にほんブログ村 競馬ブログへ

またイギリス行きたいナァ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 07, 2010

いきなりGとは みやこS(結果追記)

京都11R 第1回みやこステークスGⅢ


初回なのにGがつくというのは前身のトパーズSにいい馬が出ていたという事か。
ここは4◎キングスエンブレムが主役だろう。5歳で本格化した印象。
相手は10アドマイヤシャトル、7ダイシンオレンジ、15クリールパッション、9バワーストラグル、6ドリームライナーへ手広く行ってみたい。

(結果追記)
キングズから手広くという方向はよかったんだろうが、買っていない相手がきちゃったうえに自身も2着じゃなぁ。
トランセンドはJCダートでもいい感じってとこだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Ⅱにしては ア共和国杯(結果追記)

東京11Rアルゼンチン共和国杯(GⅡ)

GⅡにしては今ひとつのメンバー。
府中10連対の10◎トウショウウェイヴに期待したい。
前走は馬場が向かず度外視できる。

相手は出走馬唯一、今年の重賞を勝っている12○マイネルスターリー。

10の単複。枠連5―6。ワイド10‐12。


キルトクールは2トーセンジョーダン。鞍上が重賞不調のようで。

(結果追記)
またキルトクールが勝つという明後日の方向。
らしいといえばらしいが、三浦JKもこれを機会に浮上してくれればよいが。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 06, 2010

ホエールキャプチャ応援ありがとうございました

しまいすごい脚で突っ込んできましたが残念。
しかし本番に向けて期待が持てる結果とも言えます。
応援ありがとうございました。
今後もよろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2010

頑張れホエールキャプチャ ファンタジーS

京都11R 第15回 ファンタジーステークス(GⅢ)

5◎ホエールキャプチャ登場。坂路で楽々と一番時計を弾き出し、調子はよさそう。鞍上も武豊騎手。ここは期待したいところであるが、本番は次。先を見据えた騎乗を望みたい。それでも、逃げてよし、差してよしと自在な脚質と持続力あるスピードを利して勝ってくれると信じている。
相手は、小倉の千二で1分8秒台を出している13〇ハピシン。さらに、りんどう賞1着、千四の持ち時計メンバー中トップの▲2ツルマルワンピース。

5の大応援馬券。枠連1、3、7BOX。ワイド2、5、13BOX。三連複2-5-13。

キルトクールはマイネイサベル。新潟2歳Sを制したが、いつもレースレベルに?のつく重賞だけに。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (3) | TrackBack (1)

November 04, 2010

ホエールキャプチャ ファンタジーSへ

ホエールキャプチャですが、今週の京都GⅢファンタジーSに向かうようです。
鞍上は武豊騎手の予定。天才を迎えてどのような競馬をするか楽しみ。
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« October 2010 | Main | December 2010 »