« November 2010 | Main | January 2011 »

December 30, 2010

もくにの2010競馬重大ニュース(十大ニュース追記)

年の瀬とあって一年を回顧する時期だが私的には競馬関係では、

ホエールキャプチャ2歳戦で活躍。

の一点につきる。世間も我儘をお許し下さるだろう。

応援歌も考えてみた

クロフネ譲りの根性とサンデー由来の闘争心
い並ぶライバル蹴散らして
クラシックに突き進む
ホエールキャプチャぼくらの希望


芦毛の馬体に身を包み
つぶらな瞳がうるんでる
いざやターフに飛び出せば
一生懸命走るのさ
ホエールキャプチャがかわいいんだ

(十大ニュース追記)
ベタだが、競馬十大ニュースも考えてみた(順不同)。
・ JRA売上減少、歯止めかからず
・ ナカヤマフェスタ、凱旋門賞2着
・ アパパネ、牝馬3冠に
・ ディープ産駒登場、順調に勝ち上がるも飛び切れず
・ 「強い3歳」グランプリ制覇
・ オールウェザー馬場、曲がり角に
・ 中国、競馬進出か?
・ 馬産地で詐欺師(?)暗躍
・ 外人ジョッキー、大活躍
・ 中央、地方の共同発売拡大へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2010

ありゃま一本被り 有馬記念

中山10R 第55回 有馬記念(GⅠ)

1年の総決算ともいえるドリームレース。JRAも売り上げ不振とか言われているが「世界一馬券が売れるレース」の冠はまだ外れていないようだ。今年も強豪が揃い、面白いレースになることを期待したい。しかし、2番人気になる筈のローズキングダムが疝痛で取消したため、ブエナビスタが一本被りになった印象。
過去10年で1番人気は7連対。一方で馬連万馬券も4回出ている。中山コースはトリッキーだから、内枠が有利。JRAメルマガのインタビューは、☆ドリームジャーニー・池江泰寿師★ブエナビスタ・松田博資師☆ペルーサ・藤沢和雄師★ローズキングダム・武豊騎手。
こうしたことを踏まえ、全頭チェックをしてみることとしよう。
1 ヴィクトワールピサ(119L+4):ジャパンC3着と格好は付けたし、皐月賞馬だから中山向きの器用さはあるだろう。2500mが長いのは事実だが、鞍上込みで軽視はできない。(△)
2 ネヴァブション(115I‐L):言わずと知れた中山巧者。しかし、それだけで勝てるようなメンバーではないと思う。(切)
3 フォゲッタブル(113L):去年の健闘はみんな「忘れて」いるだろう。レーティング的にも厳しいか。(切)
4 トーセンジョーダン(111L):3連勝の勢いは買えるが、グランプリと言うとちときついのでは。(切)
5 ルーラーシップ(113M‐L+4):兄弟対決が話題になっているが、抜群の動きで、迫力十分ということだし、上がり目というとこちらに軍配か。期待しておきたい。(▲)
6 ローズキングダム:無念の取消。(-)
7 ブエナビスタ(121I‐L+4):おそらく国内最強馬というと現時点ではこの馬なんだろう。引き続き好調なようではあるが、ちと人気しすぎだし、中山コースを考えると少し割引か。(〇)
8 メイショウベルーガ(112L+4):上積み少ないようだし、「京都こそ」って馬だろう。(切)
9 ダノンシャンティ(115M+4):ダービー取消したから、実戦はNHKマイルC以来ということになる。この距離も長いだろうし、ちと厳しいだろう。(切)
10 エイシンフラッシュ(118L+4):ダービー馬であるが、少し短い方が合っているように思う。掲示板に来る力はあると思うので、キルトクール指名。(キ)
11 トゥザグローリー(109I+4):なんとか出走にこぎつけたが、力不足は否めないだろう。(切)
12 ドリームジャーニー(120L):オールカマー2着以来だが、脚元の問題で順調に使えなかったのは痛い。昨年の栄光は「夢」と化したか。(切)
13 オウケンブルースリ(115L):香港で馬券売ればまた人気になるんだろうなぁ。(切)
14 ペルーサ(120I+4):入念にゲート練習も行っているようだし、中山嫌いの厩舎が使ってくるんだから、切羽詰ってるんだろう。父はこのレース勝ってるわけだし、むしろ大外枠の方が気楽に行けるだろう。あとは、馬が本気だすかどうかだ。(◎)
15 レッドディザイア(115L+4):BCフィリー&メアターフ遠征後、本調子にはひと息ということのようだ。(切)
16 ジャミール(110E):3着王騎乗は頼もしいが、ちと厳しいか。(切)

14の単(10.0)・複(2.6 - 4.7)。三連複1-7-14(13.8)、1-5-7(19.3)、5-7-14(35.9)、1-5-14 (121.9)。三連単14-7-1(90.7)、14-7-5(206.1)。オッズは5:16現在。


キルトクールはエイシンフラッシュ。

にほんブログ村 競馬ブログへ


| | Comments (0) | TrackBack (10)

December 25, 2010

地上波じゃやらない 中山大障害

中山10R 第133回 中山大障害(J・GⅠ)

中山の冬の風物詩ともいえるGⅠなんだが、地上波ではU局しか放送されないようだ。そのU局の放送も今週で終了し、来年からはBS11に移行する。歴史を感じてしまう。
直接関係はないが、オリンピックだって、昔は閉会式の日に障害馬術をやっていたように思うが、あれもどこに行ってしまったんだろう?
ここは、前走平地を叩いて臨む3年前の覇者10メルシーエイタイムで良いだろう。
相手は4年前の覇者5マルカラスカルで。
10の単複。枠連5-7。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

PO馬に注目 ラジオNIKKEI杯2歳S

阪神11R 第27回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(GⅢ)

GⅢだが、クラシックを占う上で重要なレース。実質最強2歳牡馬決定戦と言えるのかもしらない。過去10年で1番人気は6連対。午前4時現在のオッズでは、12ショウナンマイティが3.5倍で1番人気だが、2オールアズワン3.8倍、15ウインバリアシオン4.4倍と差がなく続いて3強ムード。
現在6.3倍で4番人気の、PO馬8◎ダノンバラードから入ってみたい。
相手は、前走ダノンを交わした13〇マーベラスカイザー。さらに、前走4角後方から凄い脚をみせた9△ゴットマスタングと阪神の新馬戦で上がり33秒台を出した5△ノヴァグロリアにも注目したい。
8の単複(1.7 - 2.2)、5(11‐16)、9(8‐11)、13(11‐16)の複勝。枠連5-7(10)、ワイド8-13(35‐36)、5-8(68‐71)、8-9(78‐82)。


キルトクールはオールアズワン。3強の中では札幌経験しかなく、間も空いてコケそうな予感。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (3)

December 23, 2010

ホエール次走は?

netkeiba.comの情報によるとホエールの次走は、クイーンCか、チューリップ賞のようだ。
当初フェアリーSという話もあったようだが、いくらオーナーさんが中山協会のメンバーだといってもそれはないだろうと思っていたが、まぁ順当なステップということになるだろう。
クイーンCの場合、府中を経験できるというメリットは大きいが、本番まで2か月空いてしまい、その間をどうするかという問題が起きる。
チューリップ賞だと、1月後の本番に向けて栗東留学という手段が使えるが、レーヴもここに出てくることが予想され、ガチを2回やらないといけないという問題がある。
陣営にとって悩ましい選択となりそうだ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

波乱含み 有馬記念レーティング

JRAから有馬記念のプレレーティングが発表された。
それによると、ブエナビスタが121I-L+4(天皇賞・秋1着、ジャパンC1位入線)で名実ともにトップ。
次いで、ペルーサ・120I+4(天皇賞・秋2着)とローズキングダム120L+4(ジャパンC1着)が並び、ヴィクトワールピサ119L+4(ジャパンC3着)、エイシンフラッシュ118L+4(東京優駿1着)、ドリームジャーニー120L(京都記念3着)も差なく続いている。
ブエナビスタが貫録を示す公算が高いが、トリッキーな中山コースだけに波乱含みと言ってもよさそうだ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (4)

December 20, 2010

外人JK凄えなぁ 朝日杯回顧

しかし、外人-外人-3着王-外人-外人かぁ。外人ジョッキーの腕をまざまざと見せつけられたなぁ。武や岩田なんか乗りにも来ないしなぁ。
これで勝ったグランプリボスは最優秀2歳牡馬に選出されるんだろうけど、おそらくクラシックには縁がない、というか出てこないだろう。
そういう選出を続けていて良いのか疑問がある。朝日杯もトラックバイアスのきついマイルでなく1800mにするとか工夫が必要だよなぁ。


にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2010

一人のジョッキーに注目 愛知杯

小倉11R 第48回 愛知杯(GⅢ)

かつてのマルパパ戦から牝馬限定戦に変わった。今年は小倉開催だが中京と状況は変わらないだろう。
このレースを最後に一人のジョッキーがひっそりとステッキを置く。唯一の重賞勝ちをなしとげたお手馬に乗せてもらって花道を飾ることができるのは幸いと言えるのかもしれない。
そういう人馬に馬券を投じるのは邪道なのかもしれないが、これがロマンとお許しいただけるだろう。
頑張れ生野騎手。花道を自らの手で飾っておくれ。
18ブラボーデイジーの応援馬券。

にほんブログ村 競馬ブログへ

3歳馬1トゥニーポートと15レディアルバローザのワイド・枠連という現実馬券も買うのではあるが・・・(ロマンとビジネスは別なんちゃって)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

クラシックとは無縁? 朝日杯FS

中山11R 第62回 朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)

2歳チャンピオン決定戦。このレースを制した馬がほぼ確実に最優秀2歳牡馬に選出されるが、過去10年の覇者で、翌年クラシックを制した馬はいない。ご存じのとおり中山マイルは内枠有利、トラックバイアスにもほどがある。まぁそれもギャンブルってわけだが・・・。
ステップとしては、京王杯2歳S組と東スポ杯2歳S組が有力なようだ。
JRAメルマガのインタビューは、☆グランプリボス・矢作芳人師、★サダムパテック・西園正都師、☆マイネルラクリマ・上原博之師、★リフトザウイングス・橋口弘次郎師。こうしたことを踏まえ、全頭チェックをしてみることとしよう。
1 オースミイージー:京王杯組だがら馬券になってもおかしくないし、最内で前に行けるというアドバンテージは大きそう。鞍上今イチだが・・・。(△)
2 リベルタス:鞍上が2週連続してGⅠ勝つとは思えないが、有力馬マークして着拾いはできそう。「3着王」の手腕に期待。(▲)
3 マイネルラクリマ:チーフベアハート産駒は、マイネルレコルトが勝っている。相手なりに掲示板は確実に確保しているし、「2歳戦のマイネル」だから、案外この馬が勝つのでは。(◎)
4 ブラウンワイルド:1着、2着、1着、12着。ブラウン運動かww。(切)
5 リアルインパクト:かつてのPO馬アイルラヴァゲインの下なんだよなぁ。応援したくはなるなぁ。(〇)
6 タガノロックオン:ちょっとインパクトに欠ける印象で。(切)
7 トキノゲンジ:福島2歳Sの覇者か。短い方がいいんだろうなぁ。(切)
8 リフトザウイングス:ルメールちゃんだからキッチリ仕事するんだろうが、今回はアサッテの予想してるんで。(切)
9 ロビンフット:腰甘い馬だから坂で止まるだろう。(切)
10 サダムパテック:父子制覇を狙っているし、そうなるかもしれないが、1.8倍の馬券なんか買う気しない。(切)
11 グランプリボス:バクシンオ産駒だから坂で止まるだろう。(切)
12 シゲルソウサイ:ダート馬でしょう。(切)
13 エーシンブラン:エーシンさんだから育成値高いし使い込んで善戦するだろうが、この枠じゃなぁ。(切)
14 マジカルポケット:これ使って年明けのシンザン記念あたりを狙うのでは。(切)
15 アドマイヤサガス:デイリー杯2歳S2着。この馬の戦い方でホエールの位置関係がわかるようにも思うので別の意味で注目したい。そういう視点でキルトクール指名。(キ)
16 タツミリュウ:「穴男」騎乗だが、大外じゃあなぁ。(切)

3の単複。枠連1、2、3BOX。ワイド1、2、3、5BOX。


キルトクールはアドマイヤサガス。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (6)

December 18, 2010

道すがら ギャラクシーS

阪神11R ギャラクシーステークス(オープン)

武蔵野S2着の4ダノンカモンに注目していたが、忘年会の道すがらたまたまオーナーさんの会社 に遭遇。これも何かの縁か。

Obic

4の応援馬券。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2010

ホエールはレーヴを逆転できるか? 阪神JF回顧

レースから1週近く経ってしまったので、クラシックでホエールはレーヴを逆転できるかという視点で阪神JFを回顧してみたい。
ホエールが付けられた1/2馬身の差、これは見た目以上に大きいような印象を受けたし、そう指摘する識者も多いようだ。
しかし、ホエールにしても直線で窮屈になる場面があり、あそこがスムーズだったら際どかっただろう。
そう考えると、同じ舞台で行われる桜花賞であれば、馬場が少し渋り消耗戦になったりする状況下ならば逆転の目もあるように思う。
一方、紛れの少ない府中で行われるオークスとなると地力の差が出てしまうような気がする。
そこで奇策だが、オークスでなくダービー挑戦というプランはどうだろうか? 牡馬でレーヴほど斬れる馬はいなさそうだし、ディープ産駒もさほど「飛んで」はいない。
ホエール自身牡馬を蹴散らしているわけだし、彼女の闘争心と勝負根性は、白いゼッケンの方が似合うというのは早すぎる初夢だろうか・・・

Whale


にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2010

ホエール応援ありがとうございました(記事、写真追記)

ホエールキャプチャ残念ながら2着でした。
でもクラシックに繋がる健闘。
応援ありがとうございました。

(記事追加)
千代田牧場の社長さんから、ホエールの母系に対する思いを伺うことができました。常に世界を視野に入れながら生産をなさっているとのこと。
エリザベス女王杯を制したタレンティドガールを欧州に送って、ナシュワンを付けて生まれた祖母エミネントガール、それにサンデーを付けた母グローバルピース。母にはずっとクロフネを付けている。ナシュワンを付ける時もいろいろ反対論があったそうですが、、今回のホエールの健闘で方向性の正しさが証明されたのではと思います。

レース中の写真を追加しました。
Jf01


Jf02


Jf03


Jf04


にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

厩舎でも落ち着き ホエール(パドック写真追記)

オーナーさんのところに調教師から連絡が入り、厩舎でも落ち着いているとのこと。
期待膨らむなぁ

パドックの写真を追加しました。
Pad01


Pad02


Pad03


Pad04


| | Comments (0) | TrackBack (0)

仁川到着(写真追記)

仁川に着きました。
オーナーさんのご配慮で馬主席観戦。
また適宜アップします。

仁川から帰ってきたので写真を追加します。
入口付近の看板。
Ngw1_2

ターフビジョン
Ngw2

馬主席の風景。
Ngw3


Ngw4

馬主席のモニター。ちと見づらかった。
Ngw5


| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 11, 2010

サンスポ裏1面でホエール◎ 阪神JF

オーナーさんから電話があり「サンスポ見たか」とのこと。あわてて買いに行ってウラ1面をみると、「大道吠える ホエール」という大見出し。

「人気になってオッズ下がっちゃうと痛し痒しですね」と言うと、オーナーさんは「結果よりもいい勝負をしてくれれば良いんですよ。」と鷹揚なお答え。

やはりこうでなくっちゃいけないと反省しきり・・・。

現地でお会いできるのが楽しみだ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ホエールキャプチャ単勝5番人気 阪神JF

阪神ジュベナイルフィリーズ

土曜午前7:59現在の単勝オッズは、レーヴディソールが1.7倍で断然の1番人気、次いでダンスファンタジア3.3倍、アヴェンチュラ9.4倍、マイネイサベル31.4倍と続き、ホエールキャプチャは32.4倍で5番人気となっている。

行け ホエール。ターフの大海で最初の大きな獲物を捕ってくれ!!

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (4) | TrackBack (2)

3歳中心か 中日新聞杯

小倉11R 第46回 中日新聞杯(GⅢ)

中京の代替開催とあって、重賞のこのレースと愛知杯は従来通りの名称。重賞以外でも名古屋日刊スポーツ杯と豊明特別というレースもあるようだ。出走馬の中で3歳勢が人気になっている。
その中で、ダービー4着の3歳馬7◎ゲシュタルトに期待したい。秋は冴えない結果になっているが、距離の問題もあったであろう。平坦二千なら。鞍上もここで勝って勢いをつけてGⅠに臨んでほしいもの。
相手は、これも3歳馬1〇トゥザグローリー。前走のマイルCSも7着と格好はつけた。
さらに、小倉3戦3勝の9▲ナムラクレセント。

枠連1,4,5BOX.ワイド7.9.10BOX。三連複7-9-10。


キルトクールはコスモファントム。鞍上どうか。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (2)

December 10, 2010

仁川の片隅で ホエール!ホエール!ホエール! 阪神JF

日曜阪神11R 第62回 阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)

このレースに関しては、何を言っても許していただけるだろう。本命は1頭しかいないのだから。
名前を付けさせてくださったオーナーさんに感謝。
ここまで調教してくれた田中清厩舎の方々に感謝。
いずれは基礎牝馬と考えているであろう千代田牧場の方々に感謝。
「クロフネの子なんて」と言いつつ応援してくださるチームキルトクールのメンバー、ブログの読者の皆様に感謝。
馬券を買ってくれる全国のファンに感謝。
皆様たちと一緒に夢を追いましょう・・・

仁川の片隅で応援馬券を握りしめながら、ホエール!ホエール!ホエール!

4 ホエールキャプチャの応援馬券。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (1) | TrackBack (1)

December 08, 2010

久々にブック買ってみました 阪神JF

ホエールキャプチャ登場とあって、久々にブック買ってみました。西の6人はいずれも△、東も6人中5人が△とまずまずの期待度。配当も見込まれ美味しい口取りになりそうです(超強気)。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (2)

December 04, 2010

国際というより瀬戸際 ジャパンCダート

阪神11R 第11回 ジャパンカップダート(GⅠ)

日本に年間2レースしかないダートGⅠ戦(あとはすべてGⅠ相当)。08年から、阪神ダート1800mに変わっている。JRAや競馬サークルの顔色を伺う必要のない日経新聞サラブネットの想定予想では、「阪神移設後、減り続けた外国馬が今年はゼロ。レース自体の存在意義が問われる。」と手厳しい指摘がなされていた。(確定版では削除されているが・・・)過去10年で1番人気は7連対。人気薄で穴をあけるのはダートGⅠで実績のある馬のようだ。JRAメルマガのインタビューは、☆オーロマイスター・大久保洋吉師★キングスエンブレム・石坂正師☆シルクメビウス・領家政蔵師★トランセンド・安田隆行師の4人。レーティングは、川崎記念1着のヴァーミリアンが115I、南部杯1着のオーロマイスターが114M、ブリーダーズゴールドC1着のシルクメビウス113I、東海S2着トランセンドが111I、スパーキングレディーC1着のラヴェリータが106+4M-I、芝戦だが、毎日王冠1着のアリゼオ114+2Mあたりが上位。こうしたことを踏まえ、恒例の全頭チェックをしてみることとしよう。
1 シルクメビウス:JBCクラシック4着。昨年2着だし、千八は丁度良い印象で。一応チェック。しかし、ジャンクメルマガに記事のあった、歌舞伎町の高級浴場に消えたJCD有力馬騎乗予定の騎手Tって誰だ?(〇)
2 キングスエンブレム:みやこS2着。調子はよさそうだし、「兄弟対決」ということで少し話題になっているがこういう場面では兄の方が上かも。(△)
3 トランセンド:みやこS1着。マイペースで逃げればしぶといだろう。完勝か大敗かどっちかということになるんだろうなぁ。(▲)
4 マルカシェンク:前走そこそこ格好つけたと言ってもGⅠでは厳しいだろうし、出遅れ癖が致命的だろう。(切)
5 ラヴェリータ:唯一の牝馬。このレースって牝馬絡んでないんだよなぁ。(切)
6 ダイショウジェット:叩いて上昇ってことはあるかもしれないが、GⅠじゃ厳しいだろう。(切)
7 アリゼオ:いくらダート向きと言ってもいきなりGⅠじゃなぁ。(切)
8 バーディバーディ:最近の結果は、バーディっていうよりもダボ・ダボって感じだからなぁ。(切)
9 トーセンブライト:中央よりも公営の砂が合ってそうな印象で。(切)
10 ヴァーミリアン:帝王賞9着からってのは一息だが、今年川崎記念勝ってるし、鞍上も先週タナボタGⅠ制覇してるしなぁ。(◎)
11 クリールパッション:阪神成績ひと息だからなぁ。(切)
12 アドマイヤスバル:このところ掲示板は外していないという堅実さは評価できる。(△)
13 ダイシンオレンジ:前走負けすぎか。(切)
14 グロリアスノア:前走は戸崎だからってところがありそう。穴人気してるようなんでキルトクール指名。フェブラリーSは戸崎騎乗ならチャンスってことも。(キ)
15 マカニビスティー:夏負け放牧後ってのがなぁ。(切)
16 オーロマイスター:南部杯でGI制覇。でもJBCクラシック負けすぎ。トラウマ残ってるんでは。(切)

10の単複。12の複勝。枠連1-1、1-2、1-5、2-5。ワイド1、2、10BOX。三連複1-2-10、1-3-10、1-10-12、1-2-3、1-2-12。

キルトクールはグロリアスノア。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (10)

目黒、根岸、関屋・・・  鳴尾記念

阪神11R 第63回 鳴尾記念(GⅢ)

JRAのHPによると、レース名の『鳴尾』は、阪神競馬場の前身ともいえる鳴尾競馬場に由来する。 同様の名前がついたレースはいくつかあり、時の流れやノスタルジアを感じさせてくれる。レース自体の位置づけは有馬記念のステップの一つということかもしれないが、どうもよくわからない。
6:23現在単勝オッズは11 ルーラーシップが2.0倍で一番人気。次いで、10ヒルノダムール4.3倍、3アドマイヤメジャー8.0 倍、6リルダヴァル8.8倍の順となっている。
6◎リルダヴァルに期待したい。秋になって自己条件を快勝したのち、富士S4着、アンドロメダS2着とまずまず。距離もこのくらいが適当なんだろうし、状態も良いようで。
相手は、アンドロメダSでリルダヴァルに先着した3〇アドマイヤメジャー。
あと注目したいのは、桜花賞4着馬2ショウリュウムーンと2年ぶりに出てくる菊花賞2着馬5フローテーション。
6の単複。2、5の複勝。枠連4-5。ワイド2、3、6BOX。三連複2-3-6、3-5-6。

キルトクールは10ヒルノダムール。この鞍上が外枠で乗る時は買わないことにしているので。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 03, 2010

外人&公営JKで ステイヤーズS

中山11R 第44回 ステイヤーズステークス(GⅡ)

中山の内回りコースを2周する長距離重賞ということで、道中スローで折り合って終い勝負という展開になることは目にみえている。スローでの折り合いに強いのは欧州系の外人騎手だろうということで、デムーロ騎乗の4◎フォゲッタブルに期待。昨年もこのレースをスミヨン騎乗で制している。
あとは、終い勝負に強い公営上がりのJKということで、前走大庭でも格好つけたアンカツ騎乗の9〇ジャミール、ウチパク騎乗の13▲モンテクリスエスあたりか。
枠連3、5、7BOX。ワイド4、9、13BOX。三連複4-9-13。

キルトクールはトウカイメロディ。菊花賞でケチがついたようで。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (3)

« November 2010 | Main | January 2011 »