« January 2011 | Main | March 2011 »

February 28, 2011

ホエールのライバルは? トライアルスタート

桜花賞トライアルが、チューリップ賞からスタートする。
予定通り2歳チャンピオン、レーヴディソールがここから始動。
他にも阪神JF3着のライステラス、クイーンC4,5着だったフレンチカクタス、メーヴェなども登録しているが大半は1勝馬で3着までの権利取り狙いの馬が多そうだ。
ホエールのライバルたちの健闘を期待したい。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 27, 2011

本番は別 阪急杯

阪神11R 第55回 阪急杯(GⅢ)

宮記念のステップレースという位置づけであるが、ここで凡走した馬が本番で巻き返すという印象があり、むしろここでは本番とは別に、1400mならという馬を選んでみたい。
昨年の2着馬7◎ワンカラットに期待したい。スプリンターズS(5着)以来となるが、鉄砲はダメというわけではないし、枠順もマズマズだろう。
相手は4歳馬2〇ガルボ。阪神Cでも掲示板を確保しているし、調教も順調なようだ。
あとは、ロスはあるものの、むしろ外枠の方がよさそうな15▲サンカルロ、稔さんパワーで実績馬8 △マイネルレーニアの一発はないか。

7の単複。8の複勝。枠連1、4、8BOX。ワイド2-7、2-15、7-15、7-8。三連複2-7-15。


キルトクールは6ビービーガルダン。ここで負けて人気落として本番での快走を期待したい。

(他の馬寸評)
1 ショウナンカザン:阪神はひと息のようだし、重賞にはカベがありそう。
3 トシギャングスター:千代田牧場生産かぁ。矢作厩舎・ダートからの転戦だけど2匹目のドジョウはそうそうおらんだろうし。
4 フラガラッハ:前走で連勝もストップ。使って上昇は見込めるだろうが、勢いが止まった感じもあり。
5 サワヤカラスカル:千四6連対、阪神も5連対というのは魅力だが、重賞ではどうか。
9 コスモセンサー:マイラーなんだろうが、前走からの巻き返しは厳しいのでは。
10 サワノパンサー:連勝の勢いもあり、3着王騎乗とあって小人気しているので、妙味に薄い。
11 ゼットフラッシュ:8歳馬ということもあり、上がり目は少ないだろう。
12 スプリングソング:阪神よりも京都向きの印象で。
13 テイエムカゲムシャ:このところ、2ケタ着順が多く変わり身も少ないのでは。
14 コパノオーシャンズ:外枠でこの鞍上ならブン回して終了ってイメージで。
16 ケイアイデイジー:鞍上に落馬の影響がありそうで。


にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (1) | TrackBack (2)

February 26, 2011

軸不動 中山記念

中山11R 第85回 中山記念(GⅡ)

春の中山開幕週を飾る古馬の芝中距離重賞。過去10年で4歳馬が6連対、6歳馬8連対。14頭が重賞勝ち。また中山コースに適性のある馬が強いようだ。
ドバイへ向かう9 ◎ヴィクトワールピサが壮行戦としてここを選んできた。中山は3戦3勝。グランプリも制しており、負けられないところ。配当はさておき軸としては不動だろう。負けたらドバイは辞退ってことにも。
相手は、中山巧者の11〇キョウエイストーム。府中だと斬れ負けの公算が高いが、中山のコーナー4つのコースなら大丈夫だろう。内枠の方が良かったが。
あとは、池江郎の花道を飾りたい5▲リルダヴァル、注目度低く気楽に乗れる時は怖い善臣騎乗の 2△アロマカフェにも注目したい。

枠連2-7、5-7、7-8。三連複2-5-9、2-9-11、5-9-11。三連単9→11→5、9→11→2。


キルトクールは4リーチザクラウン。掛かりそう。

にほんブログ村 競馬ブログへ

ドバイかぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (8)

牝馬の質 アーリントンC

阪神11R 第20回 アーリントンカップ(GⅢ)

かつてはタニノギムレットを輩出したが、最近は位置づけがようわからんマイル重賞。これまで関西馬が全勝。逃げ馬が過去10年で6連対、一番人気は好成績ということのようだ。
唯一の牝馬6 ◎ノーブルジュエリーに注目したい。前走の走破タイムはまずまずだし、勝ち馬は桜花賞でも活躍が期待されている馬。牡馬相手でも通用するだろう。
三歳馬の中で素質・実力ともにトップと言われているのがレーヴディソール。それに新馬戦で二着だったのが12〇ノーザンリバー。ダートで連勝しているが、冬場の芝なら。
あとは、初芝、距離と難しい条件があるものの三着王騎乗の3▲キョウエイバサラがなんとなく気になる。

6の単複。枠連5-8。ワイド3、6、12BOX。


キルトクールはスマートロビン。京成杯敗けすぎ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (1) | TrackBack (1)

February 21, 2011

千代田牧場さんでホエール優勝記念パーティ

千代田牧場さんのHPによると、ホエールキャプチャのクイーンC制覇を祝って、牧場内で焼き肉パーティが開催されたとのこと。
この時期は出産等で大変お忙しい時期だと思うが、「有力馬を抱えて春に臨めるのがうれしくてやっちゃいました」とのこと。
写真を拝見するとパーティーのアットホームな雰囲気が見て取れる。

ホエールの母グローバルピースは、今年の産駒はConduitを付けたようだ。アスコットでライブで見たキングジョージの快勝劇を思い出すが、そうした子が出てくることを期待したい。


にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 20, 2011

5歳・外枠・好調馬 フェブラリーS

東京11R 第28回 フェブラリーステークス(GⅠ)

今年最初のGⅠ。東京のダート千六は芝スタートとあって、スピードに乗れる外枠有利と言われているが、逆にガチガチのダート馬にとっては走りにくいようだ。また、「弱小世代」といわれる5歳勢もダートに関しては有力馬が多く、冬場の一戦とあって、勢いのある馬も見逃せない。
JRAメルマガのインタビューは、セイクリムズン・服部利之師、ダイシンオレンジ・庄野靖志師、トランセンド・安田隆行師、バーディバーディ・池江泰郎師。
今週は何かと忙しなく、検討している時間があまり取れなかったので、とりあえず全頭チェックをしてみよう。
1 オーロマイスター:南部杯を勝ったが、前走のJCダートは11着。巻き返しは厳しいか。(切)
2 コスモファントム:芝ダート兼用だけに、ここでも踏ん張りそうだが、もう少し外枠の方が良かったのでは。(切)
3 ダイショウジェット:前走驚きの快走。8歳馬だけに上積みどうか。(切)
4 ライブコンサート:ダート実績ない馬がいきなりGⅠじゃ厳しいだろう。(切)
5 バーディバーディ:池江郎師引退の花道ということでもあるし、千代田牧場さんの生産馬。応援馬券は。(×)
6 クリールパッション:おっと、これも千代田牧場さんの生産馬かぁ。応援馬券買っておこう。(×)
7 ダノンカモン:根岸S2着。というかここ6戦連対を続けている。好調キープのようでここも見逃せない。(〇)
8 ビクトリーテツニー:後ろから行くタイプのようで、スピード勝負には付いていけないのでは。(切)
9 パワーストラグル:連勝の勢いのあった馬だが、中央オープンのカベに突き当たったという感じか。芝スタートはいいんだろうけど。(切)
10 ダイシンオレンジ:京都向きは確かなんだろうが、府中でどうか。(切)
11 メイショウタメトモ:GⅠ2着とは言っても、普通のレースだと8着くらいの着差だよなぁ。(切)
12 トランセンド:連勝、4連続連対と好調で無視できない存在だが、行けないとモロいのも明らかで中心には推し難い。(▲)
13フリオーソ:この馬も強いことは確かだが、「内弁慶」のきらいがあり、中央くると難しいんだろう。特に最初の芝で遅れそうな気がする。人気してるんでキルトクール指名。(キ)
14 セイクリムズン:3連勝で勢いに乗る。マイルもギリギリもつだろう。堂々の主役指名(◎)
15 シルクメビウス:掲示板は間違いなくありそう。ヒモには。(△)
16 マチカネニホンバレ:力はあるんだろうが、計画的な仕上げのできない厩舎だけに。(切)

14の単勝。枠連3-7、4-7、6-7、7-8、4-6。ワイド7、12、14BOX。三連複14-7、12、15。5、6の応援馬券。


キルトクールはフリオーソ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (2)

February 19, 2011

4歳・外人・軽ハンデ ダイヤモンドS

東京11R 第61回 ダイヤモンドステークス(GⅢ)

谷間のハンデ重賞。その割にはいつも15頭前後と頭数が揃うレース。4歳・外人・軽ハンデをキーワードに考えたい。
というわけで、3拍子揃った4◎コスモメドウが本命。前走も長丁場を制しており、53キロなら勝負になるだろう。
相手は、リスポリ騎乗の11〇スリーオリオン。55キロは恵まれた印象で。
この2頭から8ゲシュタルト、12モンテクリスエス、16ビートブラックに流す手か。

4の単複。枠連2-6。三連複4、11-8、12、16。


キルトクールはミヤビランベリ。AJCC2着だが、58キロは辛いのでは。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 13, 2011

日曜競馬 その他の注目馬(結果追記)

京都6R 3歳500万下
新馬戦でホエールを破った9ジョーアカリンが、その時以来の出走。注目したい
(結果追記)
出遅れたが、中段捲って前に進出、一瞬見せ場を作ったものの終い失速。


東京8R4歳上500万下
ホエールのオーナーさんが12パリエノミチを出す。鞍上ベリーだし
(結果追記)
終い内から追い込んで2着。次に期待させる。

小倉12R 周防灘特別
小倉千二なら5アルーリングムーンで
(結果追記)
終い外から差し込んで2着。やはり小倉巧者。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久々の日曜開催 京都記念

京都11R 第104回 京都記念(GⅡ)

ドバイ遠征や春のGⅠを目指す有力馬が始動するレースということで、ステータスも上がってきたことから久々の日曜開催となった。GⅠ勝ち馬に斤量が乗せられる別定戦とあって、58キロ組はちと辛いか。
5◎メイショウベルーガに期待した。牝馬の56キロは牡馬の58キロだろうとツッコミが入りそうだが、京都大賞典に勝っているし、鞍上も昨日ホエールでクイーンCを快勝した池添JKとあらばなんとかしてくれるだろう。
相手は捻って、これも牝馬の11〇プロヴィナージュ。小島茂師のブログによると、「いつになくソフトな仕上げで いつになく柔らか味があって」とのこと。ただ、少しでも馬場が渋ればアウトとのことだが、晴れて良馬場ということなので大丈夫だろう。
あとは、メイチに仕上げてきている模様の2▲トゥザグローリー。池江郎師の花道を飾るか。

枠連2、5、8BOX。ワイド2、5、11BOX。三連複2-5-11。


キルトクールは12ヒルノダムール。この頭数だから何ともいえないが「大外の藤田は切り」という格言を信じ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

POGを楽しむ 共同通信杯

東京11R 第45回 共同通信杯(GⅢ)

クラシックも視野に入った重賞。ただ、過去の勝ち馬はバイプレイヤーが多い印象。
今年は、チームキルトクールで指名している11ダノンバラードと日刊競馬POGで指名している5サトノオーの2頭が出走する。しかも前日段階で1,2番人気。
ホエールのオーナーさんなどは30年以上馬主をやってようやくGⅠ出走、重賞制覇を成し遂げたことを考えるとお気楽なゲームとも言えるのだろうが、「応援」の一形態としてはあっても良いのかもしれない。
ここはPO馬2頭のうち、前日2番人気の5サトノオーを◎。11ダノンバラードは〇。
さらに、ラジオNIKKEI杯は不利で度外視の6▲ユニバーサルバンク。

枠連4、5、7BOX。ワイド5、6、11BOX。三連複5-6-11。


キルトクールは4番人気の2ナカヤマナイト。内目の枠は厳しいかも。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (7)

February 12, 2011

ホエールキャプチャ勝ちました クイーンC回顧

ホエールは、スタートもまずますで、ダンスをマークしながら中団を進み、徐々に進出してからやや外目を回し、最後抜け出した。
鞍上が「ソラ使った」と言っていたが、ともかくも強い勝ち方。桜花賞でレーヴとの再戦が楽しみだし、今回府中でも通用する脚を見せたことでオークスへの期待も広がった。
オーナーさんにとって、悲願の初重賞となったわけで、格好のバレンタインプレゼントだろう。
お祝いのワインは何を贈ろうか・・・
(オーナーさんから連絡があり、桜花賞直行の予定とのこと)

ダンスファンタジアは最内が災いして進路が塞がってしまった。外に出そうとしたが脚がなかった感じ。立て直しは厳しいかも。


にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

February 11, 2011

盛り上がってきました クイーンC

東京11R 第46回 クイーンカップ(GⅢ)

9 ◎ホエールキャプチャ始動とあって、オーナーさん、生産者さん、厩舎さんといったチームホエールの次に盛り上がっている訳であるが、降り続いている雪がちと心配である。
まぁJRAが前日発売に踏み切ったところをみると実施するんだろうが、19:56現在の単勝オッズはダンスの1.3倍に続き、3.8倍で2番人気と想定通り。
この2頭以外に注目している馬を少し上げてみたい。
まずは、デムーロ弟が騎乗する、7スクランブルエッグ。なんとあのサニーサイドアップの子供なんだなぁ。母にちなんだ命名がなんとも面白い。
あとは、ジュニアCを制した、10デルマドゥルガー。父リンカーンで母アドマイヤなのにオーナーさんは別系統なんだ。(デルマだから皮膚科医らしい)
不良馬場の東京で勝った11フレンチカクタスも軽視禁物か。

9の応援馬券。枠連1-5、5-5。三連複1-7-9、1-9-10、7-9-10、1-9-11。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (1) | TrackBack (4)

February 09, 2011

スポーツ紙のホエール関係記事(クイーンC):記事追加

クイーンC出走予定のホエールキャプチャに関する
スポーツ紙の記事を集めてみた。

ホエールキャプチャ 順調!(デイリー)

ホエールキャプチャ“東京歓迎”(スポニチ)


キャプチャ「今までで最高の状態」(スポニチ)

期待高まるなぁ。


(記事追加しました)

キャプチャまた1番時計!見据えるは打倒レーヴ(スポニチ)
こりゃ凄いなぁ。駆け付けた池添JKもビックリという感じのようだ。
「人気のダンス、実力のホエール」ってとこか。

ホエールで花道を蛯名厩務員(日刊スポーツ)
こういうのも良い記事だなぁ。

にほんブログ村 競馬ブログへ


来年はドバイ??

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 08, 2011

ホエールキャプチャ始動 ブックを買ってみた(クイーンC)

クイーンCでホエール始動とあって、ブックを買ってみた。
案の定ダンスファンタジアに◎が並んでいて、ホエールは〇の評価。
まぁ潜在能力からみればそうなのかもしれないが、阪神JFでの大コケもあるし、信頼感が絶対とは言い切れないように思う。
片やホエールだが、2日の美浦の坂路で49秒1。相変わらず好調なようだ。
しかし、ここは叩き台。本番に向けて問題点の矯正に努めてもらいたいという思いもある一方で、まだ重賞勝ちのないオーナーさんにまずはバレンタインのプレゼントをあげて欲しいとも思う。
応援馬券を握りしめて見守りたい。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (2) | TrackBack (1)

February 06, 2011

昔の名前で 東京新聞杯ほか

東京11R 第61回 東京新聞杯(GⅢ)

マイルCS2着の5歳4ダノンヨーヨー、京都金杯を逃げ切った6歳11シルポートに新鋭1ゴールスキー、8フラガラッハが挑む構図になっているが、それじゃぁ面白くない。
で、終わってみれば後付けで理由が付けられそうな馬がいないかというと、これが結構いるんだなぁ。
そこで、まず期待したいのが、昨年の安田記念3着馬15 ◎スマイルジャック。秋口不振とはいっても、毎日王冠4着、マイルCS6着と大崩れはしていないし、勝ち味に遅い点はあるにしても、軸には良いのでは。
さらに、昨年の京成杯AHを制した12〇ファイアーフロート。それ以来の競馬となるが、調教はよさそう。
60キロと秋の不調から嫌われている16▲ショウワモダンだって、昨年の安田記念の覇者。ユタカオーの仔(この馬は孫だが)ってのは成長力が続かないそうだが。
さらに、昨年のきさらぎ賞を制した14△ネオヴァンドーム。この季節は合うのでは。

15の単複。12、14、16の複勝。枠連6-8、7-8、8-8。ワイド12-14、12-15、12-16、14-15、15-16。三連複12-15-16。


キルトクールは1ゴールスキー。最内からだとかえって競馬しにくいのでは。


小倉11R 皿倉山特別
ホエールの全兄5ドリームセーリング登場。ここ勝ち抜ければ大賞典も視野に。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (3)

February 05, 2011

捻た圧勝祈願 きさらぎ賞

京都11R 第51回 きさらぎ賞(GⅢ)

牡馬のクラシックに向けた重賞。京都の芝はBコースに替わり、外差し有利の馬場になった模様。
10◎オルフェーヴルにとってみれば、絶好の枠を貰った印象。しかもこの馬は右回りなら弾ける印象もあり、猶更チャンス。ここで圧勝してもらえば、芙蓉Sで易々と下したホエールの名声もさらに高まるというもの。ちょっと捻た理由で圧勝祈願。
牡馬のマイホースに指名した11▲カーマインも登場。是非頑張ってほしいところではあるが、条件戦で苦戦しているようじゃ対抗までは付け難く、基本は応援馬券ということになるだろう。

さすれば、対抗格をどうするか、判断推理学を応用して決めてみることとしたい。

出走馬の力の目安になるのは、まずは、ラジオNIKKEI杯2歳S。
 ここで、コティリオン(3着) > ウインバリアシオン(4着)
そのコティリオンは、1月16日の京都の条件戦で、ギリギリヒーローに敗れている。
ギリギリヒーローはシンザン記念でオルフェーヴルに完敗。
これらの情報から単純に力関係を順位づけると、
オルフェーヴル > ギリギリヒーロー > コティリオン > ウインバリアシオン
ということになる。
そこで、4〇ギリギリヒーロー。

10の単勝。11の応援馬券。枠連4-7、7-8。ワイド4、10、11BOX。三連複4-10-11。


キルトクールはコティリオン。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (6)

元関取の話

昔、元関取からこんな話を聞いた。
平幕力士が横綱を破ったりすると、インタビューが行われる。

その時の状況は、
息をゼイゼイ弾ませながら、
アナウンサーから「どうでしたか?」と聞かれると
「無我夢中で覚えていません」
と答えるのが普通だ。

しかし、その人によると
相撲取りは鍛えているので支度部屋に戻れば息はすっかり戻ってしまうし、
一番一番どう相撲を取ったか克明に覚えているんだそうだ。
でも、それじゃ「絵にならない」ので皆TVでは↑のような仕草、答え方をするとのこと。

その話を聞いた一同「役者やなぁ」と感服した。

「流れで少し踏ん張る相撲」なんてお茶の子さいさいかもしれないと夢想してしまうなぁ。

要はスポーツというより流れ全体を楽しむ興行ってことだな。


小倉優子のTokyoLocal

ブログネタ: ゴールデンウイーク、どこに行きたい?参加数拍手

今年も沖縄かなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4歳馬の取捨 小倉大賞典

小倉11R 第45回 小倉大賞典(GⅢ)

昨年は中京開催、2年ぶり小倉に戻った。過去の傾向では、5~6歳馬中心。アサカディフィートの連覇の影響もあるが、ここ5年、勝ち馬は単勝10倍以上の穴馬。逃げ・先行馬有利。ということのようだ。
5歳馬、中山金杯3着の2◎ナリタクリスタルに期待したい。調子は引き続き良いようで。コースが違うとはいえ、このレースの昨年2着馬でもある。
相手には、前走ファイナルS8着がちと微妙な4歳馬3〇リルダヴァル。調教はまずまずのようで。
さらに、前走久々も4着と堅調だった一昨年の覇者9▲サンライズマックス。小倉巧者15△ダイシングロウの一発に注意したい。

2の単勝、15の複勝。枠連1、2、5BOX。ワイド2、3、9BOX。三連複2-3-9、2-3-15。


キルトクールは4歳馬コスモセンサー。「オープン大将」になりそうな予感・・・
 

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (2)

土曜応援馬券

東京11R 金蹄ステークス(4歳以上1600万下)
前走芝の重賞でも大崩れはしなかった12エジソン。ティンバー産駒だけにコーナー四つのダートは向きそうで。

京都11R すばるステークス(4歳以上オープン)
連勝で勢いに乗る8サリエル。ナシュワンの血は侮れず。

東京6R 3歳500万下:良血11ギュスターヴクライの連勝期待。

東京8R 春麗ジャンプS:好調持続4ランヘランバとGⅠ制した2バシケーン。決めかねるので枠連、ワイドで。

東京9R 春菜賞:1F短縮なら5クリアンサス。

東京10R テレビ山梨杯:連続3着の12マイネルエルフがそろそろ。

東京12R 4歳上1000万下:戸崎騎乗の9ハンマープライス。

京都9R エルフィンS:重賞3着馬5とGⅠ5着馬4。決めかねるので枠連、ワイドで。

京都10R 斑鳩S:連続2着の7ケンブリッジエル。

京都12R 4歳上1000万下:叩き3走目で一変期待の5カミヒコーキ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2011 | Main | March 2011 »