« 4歳馬の取捨 小倉大賞典 | Main | 捻た圧勝祈願 きさらぎ賞 »

February 05, 2011

元関取の話

昔、元関取からこんな話を聞いた。
平幕力士が横綱を破ったりすると、インタビューが行われる。

その時の状況は、
息をゼイゼイ弾ませながら、
アナウンサーから「どうでしたか?」と聞かれると
「無我夢中で覚えていません」
と答えるのが普通だ。

しかし、その人によると
相撲取りは鍛えているので支度部屋に戻れば息はすっかり戻ってしまうし、
一番一番どう相撲を取ったか克明に覚えているんだそうだ。
でも、それじゃ「絵にならない」ので皆TVでは↑のような仕草、答え方をするとのこと。

その話を聞いた一同「役者やなぁ」と感服した。

「流れで少し踏ん張る相撲」なんてお茶の子さいさいかもしれないと夢想してしまうなぁ。

要はスポーツというより流れ全体を楽しむ興行ってことだな。


小倉優子のTokyoLocal

ブログネタ: ゴールデンウイーク、どこに行きたい?参加数拍手

今年も沖縄かなぁ。

|

« 4歳馬の取捨 小倉大賞典 | Main | 捻た圧勝祈願 きさらぎ賞 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/50779552

Listed below are links to weblogs that reference 元関取の話:

« 4歳馬の取捨 小倉大賞典 | Main | 捻た圧勝祈願 きさらぎ賞 »