« ブックの表紙がホエール・桜花賞 | Main | クロフネ丼 阪神牝馬S »

April 06, 2011

2008年の血統に注目&レーティング 桜花賞

スンイチロー教授のブログには、桜花賞登録馬と過去の上位馬の血統構成が色分けされておりわかりやすい。
そこでちょっと気づいたのが大荒れとなった2008年の血統である。
優勝:レジネッタ(父フレンチデピュティ、母父サンデーサイレンス)
2着:エフティマイア(父フジキセキ、母父ニホンピロウイナー)
3着:ソーマジック(父シンボリクリスエス、母父 Fairy King)
という結果であったが、ホエールキャプチャの父はフレンチデピュティの仔であるクロフネ、母父はサンデーサイレンスである。紐にはこの時の血統背景に似た馬を考えてみるのも面白いのではないだろうか。

また、JRAから桜花賞のプレレーティングが発表された。
それによると残念ながら回避のレーヴディソールが111M(チューリップ賞1着)でトップ。
次いでホエールキャプチャの107(阪神JF2着)、ライステラス105(阪神JF3着)と続き、104にマルモセーラ(ファンタジーS1着)、ダンスファンタジア(フェアリーS1着)、トレンドハンター(フラワーC1着)、フレンチカクタス(フィリーズR1着)が並んでいる。
出走予定馬の中ではホエールがトップだなぁ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

|

« ブックの表紙がホエール・桜花賞 | Main | クロフネ丼 阪神牝馬S »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/51314270

Listed below are links to weblogs that reference 2008年の血統に注目&レーティング 桜花賞:

« ブックの表紙がホエール・桜花賞 | Main | クロフネ丼 阪神牝馬S »