« December 2011 | Main | February 2012 »

January 29, 2012

金杯&ローズ組 京都牝馬S

京都11R 第47回 京都牝馬ステークス(GⅢ)

ヴィクトリアマイルに向けた牝馬重賞初動戦。なんとダンスファンタジアには昨年ホエールの主戦を務めた池添騎手が騎乗。結果が出ればそのままGⅠまでということになりそうで、どういう騎乗をするか注目してみたい。
しかし、ここは京都金杯3着の11アスカトップレディと同じく4着の4ショウリュウムーンの2頭に注目。同じコースを牡馬に交じって掲示板入りしたのは力がある証拠。53キロ→54キロとなる〇アスカより、54キロのままで出走する◎ショウリュウの方がここでは上位か。まぁ昨年の覇者でもあるし・・・
あとはホエールが強さをみせたローズSで上位にきた3▲ドナウブルー(0.4秒差5着)と10△ビッグスマイル(0.1秒差4着)。ともに52キロ、鞍上も魅力。千六2勝、京都3勝ということで前者を上位にとった。

投票内容 件数 場名 レース 式別 馬組 金額
(1) 京都(日) 11R 単 勝  04 200円
(2) 京都(日) 11R 単 勝  11 100円
(3) 京都(日) 11R 枠 連  2- 2 100円
(4) 京都(日) 11R 枠 連  2- 6 200円
(5) 京都(日) 11R ワイド  03-04 100円
(6) 京都(日) 11R ワイド  03-11 100円
(7) 京都(日) 11R ワイド  04-10 100円
(8) 京都(日) 11R ワイド  04-11 100円
(9) 京都(日) 11R 複 勝  10 100円
(10) 京都(日) 11R 3連複  03-04-10 100円
(11) 京都(日) 11R 3連複  03-04-11 100円
(12) 京都(日) 11R 3連複  03-10-11 100円
(13) 京都(日) 11R 3連複  04-10-11 100円

合計 1,500円

にほんブログ村 競馬ブログへ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 28, 2012

千四巧者を探せ 根岸S

東京11R 第26回 根岸ステークス(GⅢ)

フェブラリーSのステップレースだが、本番との関係は薄く、むしろ千四巧者を狙いたいレース。前走1着馬が勢いを持って勝ち進むケースも多いようだし、カペラSなどの中山ダート1200の重賞組や東京ダート連対馬も良いようだ。今年は、昨年の1~3着馬が揃って参戦。
昨年の覇者12◎セイクリムズンの連覇に期待したい。相変わらず状態は良さそうだし、ダート千四は7勝9連対と得意にしている。ここ勝負とみて。
相手は、連勝で勢いに乗る4〇トウショウカズン。銀嶺S7着は気になるが、ダート千四は6勝7連対。
さらに、昨年の2着馬でJCダート5着の5▲ダノンカモン。この馬もダート千四は4勝8連対と堅実だが、「ソラを使うクセがあるにしても、物足りない」という調教がやや不安で評価を下げた。
あとは、ダート千四で3連勝中の2△サクラシャイニー、カペラS2着、ジャニュアリーS1着の14△ティアップワイルド。府中千四のペルセウスSを勝っている10△セレスハントあたりも注意が必要か。

12の単複、10、14の複勝。枠連2、3、6BOX。ワイド4-5、4-12、5-12、2-12。三連複12-2、4、5。

にほんブログ村 競馬ブログへ


| | Comments (1) | TrackBack (2)

ホエール次走は横典

ホエールキャプチャは中山牝馬Sから始動予定だが、鞍上は横山典騎手に戻るようだ。
確か昨年「年内は池添騎手にお願いした」ということだったように思うので、年明けてそういうことになったのだろう。
セイクレットレーヴがクロッカスSに勝ち、GⅠを視野に入れることができた勢いもあるだろうし、新馬戦を戦ったコンビに戻りGⅠ勝利目指して頑張ってほしい。

(関連記事)
ホエールキャプチャは中山牝馬Sへ (スポニチ)

ホエールキャプチャに横山典…今年初戦・中山牝馬S (スポーツ報知)


にほんブログ村 競馬ブログへ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 21, 2012

逃げろ!池添 平安S

京都11R 第19回 平安ステークス(GⅢ)

フェブラリーSの前哨戦。GⅠ級5勝、前走JCダート3着の15◎エスポワールシチーが58キロでも(と言っても、以前だったら59キロだろう)貫録を見せるだろう。
最後は捕まってしまうだろうが、8〇トウショウフリークの逃げ粘りにも期待したい。前走の大敗で人気を落としているだけにここは狙い目。逃げろ!池添。
師走Sで58.5キロ背負った上に出遅れても掲示板を確保した1▲インバルコも差してくるか。

枠連1-8、4-8。ワイド1、8、15BOX。三連複1-8-15。三連単15→8→1、15→1→8。

にほんブログ村 競馬ブログへ


| | Comments (0) | TrackBack (4)

微妙 アメリカJCC

中山11R 第53回 アメリカジョッキークラブカップ(GⅡ)

GⅡということで11頭出走するが、4~5頭は圏外の感じで実質5~6頭立て。なんか微妙なレースだなぁ。ジョッキークラブのHPにもこのレースについて書かれてなさそうだし・・・
過去10年の傾向は、1番人気はやや不振も、2番人気が連対率50%。重賞実績、中山芝実績が重要で、前走は中山金杯、有馬記念組が良いようだ。
有馬記念4着の3◎ルーラーシップが人気。昨年は日経新春杯を勝ったし、今年もGⅡなら勝ち目十分だろう。単勝1倍台ということもあり、相手探しが重要か。
相手筆頭は秋4戦すべて掲示板の9〇ゲシュタルト。小回りが向く印象。
3番手はディセンバーS1着の4▲ナカヤマナイト。馬場がどうかはあるが、ダービーも4着だったから雨降り自体は大丈夫なんだろう。
トーセンレーヴは心房細動明けが気になるし、昨年3着のネヴァブションはいかんせん9歳馬、連勝中のリッツィースターだが初重賞は荷が重そう。

枠連3-4、3-7。ワイド3、4、9BOX。三連複3-4-9。三連単3→9→4、3→4→9。

にほんブログ村 競馬ブログへ


| | Comments (0) | TrackBack (3)

January 15, 2012

元PO馬に期待 日経新春杯

京都11R 第59回 日経新春杯(GⅡ)

「テンポイントの悲劇」と書くと「またか」と言われそうだが、他に強調すべき材料もなさそうなGⅡハンデ重賞。
今年は、有馬3着馬3トゥザグローリーが参戦。まぁGⅠの3着馬っていうのは強い割に優先出走などの恩典も少ないので、ここはGⅡを勝って今後の出走を有利に進めたいところだろう。520キロ超えるデカ馬なので58.5キロのハンデは大丈夫だろうが、ムラっぽい馬なんで前日1.6倍という人気は美味しくない。よって〇まで。
本命は、かつてのPO馬11◎ダノンバラード。3戦連続3着で決め手不足の印象だが、逆に言えば安定感があるということ。
あとは、昇級も通用しそうな1スマートロビン、ステイヤーズS5着からさらに充実気配の6ナムラクレセント、連闘も長い距離向く9マカニビスティーあたりか。

11の単複。枠連1-3、3-5、3-7、3-8。ワイド1-11、3-11、6-11、9-11。

にほんブログ村 競馬ブログへ


| | Comments (0) | TrackBack (1)

皐月賞への道 京成杯

中山11R 第52回 京成杯(GⅢ)

皐月賞と同じ条件で行われる3歳重賞。過去10年の連対馬の前走はホープフルS、朝日杯FS、ラジオNIKKEI杯2歳S組が多く、他の組も合わせて芝1800m以上での勝利実績がある馬が強いようだ。
ホープフルSを制した7アドマイヤブルー、朝日杯FS2着の15マイネルロブスト、ラジオNIKKEI杯2歳S5着の13ブライトラインあたりが注目馬ということになるんだろう。
この3頭の中で、やはり◎マイネルロブストを本命にしたい。前走も行きたがるところがあり、血統的にも2千はどうかという問題はあるが、幸い大外なので序盤は馬混みに入れて落ち着かせることができるのではないだろうか。前日単勝8倍は美味しいところ。
相手筆頭は〇アドマイヤブルー。スローの新馬戦を勝った後、オープンのペースにも順応できた能力は高いと評価せざるを得ない。
レベル的にどうかと思わせるラジオNIKKEI杯組よりは、ホープフルS3着の11▲コスモアンドロメダはどうだろうか。地味っぽいんで人気はないが、京王杯でも掲示板に入っているし、ここでも通用する力はあるだろう。

15の単複、11の複勝。枠連4、6、8BOX。ワイド7、11、15BOX。三連複7-11-15。


キルトクールはブライトライン。

にほんブログ村 競馬ブログへ


| | Comments (0) | TrackBack (3)

January 07, 2012

成駿グラーネ 雲國フテーネ シンザン記念

京都11R 第46回 シンザン記念(GⅢ)

東スポの1面トップはなんと「成駿グラーネ」。ただ、最内から追い込み脚質の馬が上手く捌けるのか疑問がある。過去のデータでは、朝日杯組をはじめとした前走重賞組か前走連対馬が中心のようだ。
中心は、朝日杯4着の11◎トウケイヘイローだろう。前走は不利な外枠から善戦したし、紛れのない京都外回りなら枠順はあまり関係ないだろう。
相手は、クロフネ×サンデーの2〇タイセイシュバリエ。
あとは、ディープ産駒の4ピュアソウル、7ジェンティルドンナ、京王杯3着の9オリービンあたりか。
負けたらフテ寝だ。

枠連2-6、ワイド2-11、4-11、7-11、9-11。三連複2-4-11、2-7-11、2-9-11。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (1) | TrackBack (3)

JRA賞 ホエールに3票

JRAから、2011年のJRA賞の結果が発表された。
年度代表馬は4冠馬オルフェーヴル、最優秀3歳牝馬はアヴェンチュラとまぁ順当な結果だが、ホエールキャプチャにも3票が投ぜられた。
昨年もっとも頑張った3歳牝馬であることは間違いないだろうし、今年こそは悲願のGⅠタイトルを奪取し、名実ともに選定される馬になってほしい。
頑張れ頑張れ!

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 04, 2012

一年の計 東西金杯

中山11R 第61回 中山金杯(GⅢ)
「一年の計は金杯にあり」は言い古された言葉だが、今年はなかなか渋いメンバー。過去のデータでは、中山芝コースや芝中距離での好走実績が重要で、ハンデ戦ではあるが55キロ以上の馬が好走しているようだ。
兄がこのレースを連覇した5◎アドマイヤコスモス。自身も5連勝で勢いがあり、ハンデも57キロ。ここは人気だろうが、この後GⅠ戦線に食い込んでいくためにはここは負けられないところ。
相手は捻って7〇ネヴァプション。既に9歳だが中山5勝、重賞3勝の力は一番だし、久々でも格好は付けてくれるのでは。
さらに昨年の覇者6▲コスモファントム。年末の中日新聞杯を制し、勢いに乗る。57.5キロのハンデが微妙だが、3走前も着順ほどは負けていない。
枠連3-3、3-4。ワイド5、6、7BOX。三連複5-6-7。

京都11R 第50回 京都金杯(GⅢ)
こちらはマイル戦とあって、GⅠ級の馬が出てくることが多いが、今年の注目は皐月賞2着馬の10◎サダムパテック。調教も良さそうで。
相手には、同じ4歳馬で富士S、キャピタルS連続3着の4〇マイネルラクリマ。総帥の覚えめでたい鞍上が乗りに来るだけにここは勝負がかりだろう。
あとは、最内に入ったが、京都外回りならなんとかなりそうな1▲オセアニアボス。3、4走前の力を出せば馬券圏内には。
枠連1、2、5BOX。ワイド1、4、10BOX。三連複1-4-10。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (9)

January 01, 2012

謹賀新年

今年もよろしくお願いします。

ホエールキャプチャも現在英気を養っているそうですが、
前半戦の目標であるヴィクトリアマイルで悲願のGⅠ獲りに向かって
是非頑張ってほしいもの。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main | February 2012 »