« 久々の中山(写真追記) | Main | 三連複BOX作戦 フラワーC »

March 12, 2012

ホエールキャプチャの敗因を探る 中山牝馬S回顧

中山牝馬Sでは残念ながらホエールキャプチャは5着に終わった。

敗因を考えてみることとしよう。

*馬体について
 馬体増が敗因とみる向きもあるようだが、陣営の判断は「成長分」で一致していた。
パドックをみてもトモの充実ぶりが見てとれるように思う。
Kaiko1

Kaiko12


*久々について
ジョッキーのコメントは久々を理由にしていたようだ。確かにそれはあるかもしれないが、
パドックでは落ち着いていたように思う。
Kaiko2

Kaiko22

*馬場について
オーナーさんが陣営から聞いたところによると「馬場がズブズブでどうしようもなかった」ということのようだ。
この要素が一番大きかったように思う。というのは、本馬場入場後なかなかキャンターに入らず、
しばらく佇んでいたからだ。
Kaiko3

「この馬場で走るのは嫌よ」と言っているようだった。
Kaiko4


最後にほとばしる闘争心が見られなかったことも気になる。
本番ではぜひ巻き返して欲しい。

頑張れ! 頑張れ!!

にほんブログ村 競馬ブログへ


|

« 久々の中山(写真追記) | Main | 三連複BOX作戦 フラワーC »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/54207503

Listed below are links to weblogs that reference ホエールキャプチャの敗因を探る 中山牝馬S回顧:

« 久々の中山(写真追記) | Main | 三連複BOX作戦 フラワーC »